メインコンテンツまでスキップ
pdf?stylesheet=default
Blackboard Help

クラウドの管理

Blackboard Learnは、クラウドの管理機能に指定されたパラメータを使用してクラウドサービスに接続します。これらのパラメータによりこのBlackboard Learnインスタンスが一意に指定され、Blackboard Learnと利用可能なクラウドサービスとの間にセキュアな通信リンクが設定されます。

クラウドサービスには、以下のものが含まれます。

  • ソフトウェア更新 : [管理パネル]から更新にアクセスしてBlackboard Learnにインストールできます。
  • ユーザプロフィール:ユーザが各自のIDを作成して表示できます。

  • [人]ページ:他のユーザを検索して表示できます。

  • xpLor : クロスプラットフォームのラーニングオブジェクトリポジトリです。これは、共有および再利用が可能なコンテンツを格納し、複数の学習管理システム (LMS) プラットフォーム内のコースにアクセスできるようにします。

クラウドの接続

クラウドは、使用しているBlackboard Learnのインスタンスに接続する必要があります。[管理パネル]で、[クラウド管理]セクションの[クラウドコネクタ]をクリックします。以下の表に、利用可能なユーザインターフェイスの要素を示します。

クラウドの接続
エレメント 説明
Blackboard Learnインスタンス
外部URL 所属する学校が公開するBlackboard LearnのURLを入力します。
表示名 所属する学校を識別するための表示名(学校の正式名称など)を入力します。この名前は、[人]ページおよび[スペース]ページでユーザに表示されます。
説明 オプションで、このBlackboard Learnインスタンスの説明を入力します。
インスタンスのタイプ

使用している環境でこのBlackboard Learnのインスタンスを使用する方法を指定します。[開発]、[ステージング]、または[テスト]を選択します。

本番クラウドに移動する場合は、[本番環境に移動]をクリックします。本番クラウドに移動するための有効なURLを指定します。

サイトID 使用しているBlackboard Learnのインスタンスには、登録後に一意のサイトIDが割り当てられます。
クラウド接続ステータス
設定の保存 変更した設定を送信する準備ができたら、このボタンをクリックします。
本番環境に移動

このインスタンスを本番クラウドに移動する場合は、このボタンをクリックします。本番クラウドに移動するには、有効なURLを指定する必要があります。

このインスタンスを本番クラウドに移動すると、すべてのクラウドデータが削除され、このインスタンスがクラウド本番サーバーから参照されます。ユーザは、自分のプロフィールとスペースを再度作成する必要があります。

このLearnインスタンスの外部URLが、パブリックにアクセスできるURLであることを確認してください。また、次のような正常処理のメッセージがページに表示されることも確認します : “このBlackboard Learnのインスタンスは、クラウドに正常に接続しました。” (警告またはエラーメッセージが代わりに表示された場合は、Blackboard Client Supportに連絡して、この問題を解決してください)。

インスタンスのタイプ

利用できるインスタンスのタイプは、本番、および非本番 (ステージング、テスト、および開発) です。

デフォルトでは、[クラウドコネクタ]ページは非本番サーバーを参照しています。すべてのクラウド機能のインターフェイスに、このインスタンスが非本番環境にあることを示すウォーターマークが表示されます。

お使いのインスタンスを、本番サーバーを参照するように移動できます。[クラウドコネクタ]ページで、[本番環境に移動]をクリックします。インスタンスを非本番環境から本番環境に移動すると、非本番サーバー上のすべてのデータは削除されるので、本番サーバー上で再度作成する必要があります。これは、ユーザは、自分のプロフィールとスペースを再度作成する必要があることを意味しています。

インスタンスが本番サーバーを参照するようになると、非本番サーバーに戻すことはできません。非本番サーバーに戻す唯一の方法は、お使いのマシンをクローン化することです。不明な場合はClient Supportをご利用ください。

アップグレードする前に、[インスタンスの種類]が正しく設定されていることを確認してください。

  • ステージング、テスト、または開発に設定されているLearnインスタンスは、いずれも新しいクラウドサーバに移動されます。また、各インスタンスの現在のソーシャルラーニングクラウドのデータはすべて失われます。本番インスタンスは、引き続き現在のクラウドで動作します。

  • Learnインスタンスが本番システムで、同時にそのLearnの[インスタンスのタイプ]が[製品]に設定されている場合、お使いのクラウド設定は適切に構成されており、それ以上の操作は必要ありません。

  • Learnインスタンスが本番システムであるにもかかわらず、Learnの[インスタンスの種類]が[テスト]、[ステージング]、または[開発]に設定されている場合は、ソフトウェア更新の4月バージョンによるシステムを更新する前に、[インスタンスの種類]を[本番環境]に変更する必要があります。この手順を実行しない場合、ユーザが更新後にソーシャルラーニングのデータにアクセスできなくなります。

  • Learnインスタンスがテスト、ステージング、または開発システムであるにもかかわらず、Learnの[インスタンスの種類]が[本番環境]に設定されている場合は、お使いの本番クラウド環境に4月の更新後のテストデータが混在してしまうことを避けるために、[インスタンスの種類]を[テスト]、[ステージング]、または[開発]に変更する必要があります。

クラウドコネクタのセットアップ時にサポートが必要な場合は、Blackboard Client Supportにご連絡ください。

クローン化したクラウド設定の検出

Blackboard Learnは、クローン化されたクラウド設定を検出して、解決されるまでオフにします。

適切な項目を選択します。

  • キャンセル
  • 再試行 : ネットワークの問題が解決された場合、クラウドへの再接続を試みます。
  • ステージングでは、[新しいサイトの作成]を選択して新しいサイトを作成します。この操作により、現在のクラウドのデータが削除されるので、新しいステージサイト上にデータを作成する必要があります。
  • 本番環境の場合、[非本番環境に移動]を選択してステージングに移動します。この操作により本番サーバー上のデータが削除されるので、ステージングサーバー上にデータを再度作成する必要があります。

クラウド接続のトラブルシューティング

クラウド接続に登録の問題がある場合、[管理パネル]の[ソフトウェア更新]セクションに[詳細情報]ボタンが表示されるとともに、"クラウド接続の設定に競合があります。お使いのLearnインスタンスをクラウドに登録するために、このボタンをクリックし、正しく設定してください"というメッセージも表示されます。[詳細情報]をクリックして[クラウド接続の設定の確認]ページにアクセスし、変更を行って問題を解決してください。

クラウドの有効化

使用しているBlackboard Learnインスタンスにクラウドが接続した後、クラウドのサービスとツールを使用するためにクラウドを有効にします。

クラウドを有効にするには、次の操作を行います。

  1. [管理パネル]で、[クラウド管理]セクションの[クラウドプロフィールおよびクラウドツール]をクリックします。
  2. [オン/オフ]スイッチをクリックして、クラウドをオンにします。
  3. プライバシーに関する声明を通読して、[ 承認]をクリックします。

クラウドの設定]ページが開きます。

[クラウドプロフィールおよびクラウドツール]オプションをオンにすると、ユーザは新しいツールと機能にアクセスできるようになります。

クラウド設定の管理

クラウドは、使用しているBlackboard Learnインスタンスに接続する必要があります。「クラウド設定(ツール)」の管理者権限により、管理者はクラウドの設定を管理できます。

[管理パネル]で、[クラウド管理]セクションの[クラウド設定]をクリックします。以下の表に、利用可能なユーザインターフェイスの要素を示します。

クラウドの設定
エレメント 説明
1. コース名と組織・グループ名の使用
  コース名およびコミュニティ名をクラウドのサービスとツールでどのように表示するかを指定します。
  • コース/組織・グループ名の表示:海洋学概論
  • コース/組織・グループIDの表示:SCI110
  • コース/組織・グループ名の後にコース/組織・グループIDを表示:海洋学の概要SCI110
  • コース/組織・グループIDの後にコース/組織・グループ名を表示:SCI110海洋学の概要
2. 送信
送信 変更した設定を送信する準備ができたら、このボタンをクリックします。

クラウドの無効化

クラウドを有効にしたのと同じように、[クラウドプロフィールおよびクラウドツール]オプションを使用してクラウドを無効にします。無効にするには[オン/オフ]スイッチをクリックします。

クラウドのツールとサービスで作成して集積した情報はすべて、使用しているBlackboard Learnインスタンスでは使用できなくなります。たとえば、ユーザがプロフィールを作成した後にクラウドを無効にした場合は、使用しているBlackboard Learnのインスタンスでそのプロフィールを表示したり編集したりできなくなります。

クラウドのツールとサービスで作成して集積した情報は、クラウドに保存されているため、クラウドを無効にしても削除されません。たとえば、ユーザがプロフィールを作成した後に、クラウドを再び有効にした場合、ユーザが編集したプロフィールはリストアされます。