メインコンテンツまでスキップ
pdf?stylesheet=default
Blackboard Help

Blackboardパートナークラウド

Blackboardパートナークラウドによって、各種のコンテンツBuilding Blockが1つの登録およびアクティベーションプロセスに統合されます。Blackboardパートナークラウドによって、新旧のBuilding Blockバージョンの管理に伴う困難が解消されるとともに、新しいパートナー機能と製品更新の配信も促進されます。同時に、受講者の機密データはプライベートかつ安全に維持されます。

この技術の導入にあたって、Blackboardはベストプラクティスを組み込みながら、すべてのパートナー統合に対して、次のような一貫性のあるネイティブBlackboard Learnワークフローを継続的に導入します。

  • シングルサインオンによって、インストラクタと受講者は1回のログインですべてのコースリソースを利用できます。
  • 成績表の自動更新によって、すべての課題の成績がBlackboard成績センタに表示されるため、インストラクタは時間を節約できます。
  • 深いリンク機能によって、教職員は情報の配信をより効果的に制御できるようになり、受講者はコースでの作業に簡単にアクセスできるようになります。
  • 受講者データについては、Family Educational Rights and Privacy Act(FERPA)などの個人情報保護法に準拠して、受講者の機密情報が安全に保護されます。

Blackboardパートナークラウドでは、現在どのようなパートナー統合を利用できますか?

教育機関ではどのようにすればBlackboardパートナークラウドを利用できますか?

教育機関では、無償のパートナークラウドBuilding Blockを通じてパートナークラウドを利用できます。最初にBuilding Blockをインストールして、利用できるように設定する必要があります。続いて、教職員と受講者が利用できるように、個々のパートナー統合を設定します。

パートナークラウドBuilding Blockにはどのような技術要件がありますか?

  1. パートナークラウドBuilding Blockは、Blackboard Learn 9.1 Service Pack(SP)10以降のライセンスを付与されたクライアントが利用できます。
    1. SP 10-12:Building Blockは、Behind the Blackboardからダウンロードできます。
    2. SP 13以降:パートナークラウドBuilding Blockがバンドルされます。
  2. パートナークラウドBuilding Blockには、クラウドサービス(Blackboard Learn SP10以降で利用可能)が必要です。特にクラウド接続を有効にする必要があります。プロフィールなど、その他のクラウド機能はオプションです。
  3. パートナークラウドBuilding Blockが正しく機能するようにするには、最新のパッチをインストールする必要があります。
  4. Blackboard Learn環境は、ファイアウォールまたはセキュリティソフトウェアを通じて、外部のクラウドサービスからアクセスできなければなりません。これには、クラウドにアクセスする必要があるテスト環境や開発環境も含まれます。

Blackboard Cloudの詳細については、「クラウド関連のよくある質問」を参照してください。

Blackboard Cloudの設定とテストの詳細については、「クラウドの管理」を参照してください。

教育機関で、Cengage Learning、McGraw-Hill、Pearson、WileyPLUSなど、レガシ版の発行者Building Blockを使用している場合はどうなりますか?

McGraw-Hill Higher Education、Pearson、WileyPLUS、およびCengage Learning用のレガシ版コンテンツパートナー統合Building Blockは、一定期間存続します。教育機関で、現在これらのBuilding Blockを使用している場合は、そのままパートナークラウドBuilding Blockをインストールして、パートナークラウド統合にアクセスできます。

パートナークラウド統合はFERPAに準拠していますか?Blackboard Learnとパートナー間では、パートナークラウドを通じてどのような情報がやり取りされますか?

Blackboardとパートナーは、パートナークラウドのパートナーコンテンツとBlackboard Learnを協力して統合するために、受講者情報に関連するFERPA法とプライバシーの問題を非常に意識しました。その結果、共有および保存できるデータは、教育機関に関する情報と暗号化された識別子に限定されています。受講者の機密情報は、BlackboardとMacmillanに共有されたり、クラウドに保存されることはありません。

Blackboard Learnとパートナークラウドのパートナーシステムの統合は、学習ツールのオープンな相互運用性を規定するBasic LTI(Learning Tool Interoperability)基準に従って行われます。パートナークラウドBuilding Blockは、教育機関名Shared Secret利用者キーをパートナーに渡します。Blackboard Learnでは、デフォルトで受講者の機密情報(Blackboard IDなど)をパートナーと共有することはありません。パートナーシステムでシングルサインオンを確立するために、Blackboard Learnは業界標準の暗号化を使用して、一意の識別子のみをパートナーに送信します。この識別子はBlackboard Learnによって暗号化されるため、パートナーからは完全に識別不能であり、Blackboardユーザーが直接トレースされることはありません。

地域のキャンパスのBlackboard管理者は、Blackboard Learnとパートナー間で共有する追加情報の量を完全に制御できます。たとえばBlackboard管理者は、コースやユーザーの名前を共有するかどうかを選択できます。共有すると、この基本情報がユーザーに表示され、全体的な使いやすさが向上します。ただしこれらの情報は、ローカルのBlackboard管理者が明示的に許可しない限り、共有されることはありません。

Blackboard Learnとパートナー間で送信されるすべてのデータは、署名され、SSLを介して安全に送信されます。このようなセキュリティによって、情報が常に100%安全に保護されることになります。Blackboard Learnに導入されたパートナーの課題が完了すると、パートナーは得点を暗号化し、暗号化された識別子を使用して、SSLを介してBlackboard Learnに送信します。Blackboard Learnはパートナーから得点を受け取り、Blackboard Learn成績センタに記録します。

パートナークラウドBuilding Blockを無効にすると、コースでいずれかのパートナークラウド統合を使用していたインストラクタと受講者には、どのような影響がありますか?

パートナークラウドBuilding Blockを無効化またはアンインストールすると、Blackboard Learnコース内のパートナーコンテンツのリンクが利用できなくなります。インストラクタは、これらのリンクを削除するか、受講者に対して非表示にする必要があります。コースツール領域内のパートナーリンクは、自動的に消去されます。

パートナー統合によっては、インストラクタと受講者は、該当するパートナーWebサイトを通じて、パートナーアカウント資格情報を使用してパートナーコンテンツに直接アクセスできる場合があります。その場合でも、受講者の参加情報やパフォーマンスデータが失われることはありません。

インストラクタはどのようにパートナークラウド統合を開始できますか?

個々のパートナー統合を設定してパートナークラウドBuilding Blockを通じて利用可能にすると、インストラクタはBlackboard Learnコースからパートナーコンテンツにアクセスできるようになります。すべてのパートナークラウド統合には、すべてのコースコンテンツ領域の[発行者のコンテンツ]タブで[商用コンテンツ]を選択することでアクセスできます。インストラクタが最初にパートナーコンテンツにアクセスを試みると、パートナーに登録し、パートナーコンテンツとBlackboard Learnコースを関連付けるように要求されます。これは1回限りの登録プロセスです。

詳細については、「パートナークラウドのコミュニケーションおよび導入ツールキット」を参照してください。

受講者はどのようにパートナークラウド統合を開始できますか?

インストラクタがコースにパートナーコンテンツを追加すると、Blackboard Learnコースに直接リンクが埋め込まれます。受講者がこのリンクを最初にクリックすると、パートナーに登録して購入済みのアクセスコードを入力するか、その時点でコードを購入することが要求されます。これは1回限りの登録プロセスです。その後受講者が埋め込みのリンクをクリックすると、パートナーコンテンツに直接アクセスできます。

詳細については、「パートナークラウドのコミュニケーションおよび導入ツールキット」を参照してください。

教育機関でプロフィールを有効にすると、パートナークラウド統合に関するインストラクタと受講者の体験にどのように影響しますか?

教育機関でクラウドのプロフィールをオンにしている場合、パートナークラウドにアクセスするユーザーは、パートナークラウド統合に最初にアクセスするときに、Blackboardプロフィールを確認または作成することが求められます。その場合、インストラクタは[発行者のコンテンツ]タブから、受講者は埋め込みのリンクからアクセスできます。この手順は必須ではありません。ユーザーは、この画面でBlackboardプロフィールに接続しないでバイパスする手順を選択することもできます。この手順は、特定のパートナーに対する登録プロセスの直前に実行されます。

教育機関がクラウドプロフィールを有効にしていない場合は、ワークフローで上記の手順がスキップされます。その場合ユーザーには、パートナークラウドにアクセスするときにBlackboardプロフィールへの参照が表示されません。このシナリオでBlackboardプロフィールに渡されるデータは、ユーザーのLearnアカウントに関連付けられている一意の識別子だけです。このシナリオでは、個人を識別できる情報はBlackboardプロフィールサービスに保存されません。プロフィールには、名前や電子メールアドレスなどの情報は保存されず、そのユーザーについて作成された一意の識別子だけが保存されます。