メインコンテンツまでスキップ
pdf?stylesheet=default
Blackboard Help

Blackboard Collaborate Building Block

Blackboard Collaborate Building Blockについて

Blackboard Collaborate Building Blockでは、インストラクタがWeb会議を行い、1人の受講者またはクラス全体と接続する強力なツール群を利用できます。インストラクタと受講者との、オーディオ、ビデオ、および記録機能を使用したコラボレーションが可能です。他にも、プライベートまたはパブリックチャット、ホワイトボード、アプリケーションの共有、クリップアートライブラリ、いつでもコンテンツを追加および編集できる機能を使用できます。

組み込みのテレコンおよびVoIPオプション

Blackboard Collaborateでは、組み込みテレコンを選択することで、テレコン電話番号、代表者の暗証番号、および参加者の暗証番号が動的に生成されます。この情報は、ルームの入室前にセッションにアクセスしている受講者とゲストに表示されます。

VoIP(Voice over Internet Protocol)オプションでは、ユーザーはコンピュータのスピーカーまたはUSBヘッドセットを使用して、セッションを聴くことができます。ヘッドセットを使用することで、外部の騒音やエコーを減らすことができます。

ユーザーは、セッションでサードパーティ製のオプションを使用することもできます。モデレータは、セッションへのアクセスを可能にする情報を提供する必要があります。

各コースおよびインストラクタのデフォルトのルーム

コースルーム:各コースに用意されたデフォルトのルームで、コースの期間中利用できます。デフォルトで、ルームにはコースの名前が付いており、常に利用可能です。

  • デフォルトで、受講者は[コースルーム]には参加者として入室します。インストラクタおよび管理者は、モデレータとして入室します。インストラクタは、すべての参加者にモデレータとしての参加を許可することができます。その場合、インストラクタが参加しなくてもコラボレーションを開始できます。
  • インストラクタが監督上の懸念を抱いている場合は、コースレベルで[コースルーム]を完全にオフにすることもできます。
  • インストラクタは[コースルーム]を使用して、コース設定を受講者に紹介、新しいコンセプトの導入、Q&Aセッションのホスト、学習セッションの指導、およびグループプレゼンテーションの採点ができます。

マイルーム:各インストラクタに用意されたデフォルトのルームで、ユーザーがこのシステムのアカウントを保持する限り利用できます。デフォルトで、ルームにはインストラクタの名前が付いており、常に利用可能です。

  • マイルーム]は、インストラクタ担当であるすべてのコースからアクセス可能です。
  • インストラクタは、特定のコースの参加者がこの部屋に入室することを不許可とすることもできます。
  • デフォルトで、受講者はマイルームに参加者として入室します。インストラクタは、すべての受講者をモデレータとして参加させることや、担当するコースから選択したユーザーのみの入室を許可することもできます。
  • [マイルーム]を使用して、担当するすべてのコースのユーザーに就業時間やヘルプを提供できます。プライバシーを懸念する場合、インストラクタは新しいセッションを作成して、問題を議論するユーザーのみにアクセスを制限することができます。

Collaborateランチャーのポップアップウィンドウ

一部のオペレーティングシステムでは、ユーザーが[ルームの起動]機能をクリックすると、ポップアップウィンドウに次の2つのオプションが表示されます。

  1. Collaborateランチャーをお持ちでない場合は、今すぐダウンロードしてください。ダウンロードが完了したら、ダウンロードフォルダ内の.collabファイルをダブルクリックして、セッションを起動します。
  2. Collaborateランチャーをすでにダウンロードしている場合は、ダウンロードフォルダの.collabファイルをダブルクリックして、セッションを起動します。

ルームの起動]をクリックすると.jnlpファイルによってセッションが正しく開くため、ランチャーが不必要と感じる場合もあります。

将来のセッションでランチャーを引き続き使用する場合は、いつでも「Collaborateランチャーが必要になる場合がある」という意味のリンクをクリックして、ポップアップウィンドウを再度表示させることができます。

ダウンロードまたはCollaborateランチャーの使用方法の詳細については、ポップアップウィンドウ内のリンクをクリックしてください。

サポートされているプラットフォーム

Blackboard Collaborate Building Block v.4.2は、次のプラットフォームService Pack(SP)とCumulative Patch(CP)でサポートされています。

  • Blackboard Learn 9.1 SP 10(ビルド:9.1.100401.0)およびCP 16以降(Oracleインストールのクライアント用)
  • Blackboard Learn 9.1 SP 11(ビルド:9.1.110082.0)およびCP 16以降(Oracleインストールのクライアント用)
  • Blackboard Learn 9.1 SP 12(ビルド:9.1.120113.0)
  • Blackboard Learn 9.1 SP 13(ビルド:9.1.130093.0)

解決された問題

  • 4.1.3から4.2.1018984へのアップグレードが、一部のインストールで破損した状態で完了した。
  • 32文字を超えるユーザー名を持つユーザーがセッションを作成できない。
  • テレコンの暗証番号フィールドにダッシュまたはピリオドが含まれている場合、セッションの作成が失敗する。
  • 共有セッションから出席者を取得する場合に、コピーされたコースに成績センタ列が作成されない。

既知の問題一覧

  • Collaborate Building Block 4.1.3内に作成された制限のないセッションで、モデレータの招待者が追加された場合、4.2.xではその情報が表示されない。

Blackboard Collaborate Building Blockのインストール方法

  1. Learnの主要Building Blockのページで、Behind the Blackboardのダウンロードの項から、Blackboard Collaborate Building Blockをダウンロードします。ローカルドライブにファイルを保存します。パッケージを解凍して.warファイルにアクセスします。
  2. 管理者パネル]の[Building Blocks]セクションで、[Building Blocks]をクリックします。
  3. Building Blocks]ページで[インストールされているツール]をクリックします。
  4. インストールされているツール]ページで、操作バーの[Building Blocksのアップロード]をクリックします。
  5. Building Blockのインストール]ページで、Blackboard Collaborate Building Blockの.warファイルを参照します。
  6. 送信]をクリックします。
  7. Building Blockのリストで、[Blackboard Collaborate]に移動し、コンテキストメニューにアクセスします。
  8. 利用可能]を選択します。
  9. 承認]をクリックします。

Blackboard Collaborateをユーザーに利用可能にする方法

インストールが完了したら、既存のコースでBlackboard Collaborateを利用できるようにします。

  1. 管理者パネルの[ツールおよびユーティリティ]セクションで、[ツール]をクリックします。
  2. ツールのリストで[Blackboard Collaborate]を見つけて、[コースツール]で[常にオン]を選択すると、このツールがすべてのコースでオンになります。[デフォルトでオン]を選択すると、インストラクタは[コントロールパネル]>[カスタマイズ]>[ツールのアクセス設定]で、Blackboard Collaborateをコースでオンまたはオフにすることができます。