メインコンテンツまでスキップ
pdf?stylesheet=default
Blackboard Help

固有IDツールの使用

以前のバージョンでは、Content Collectionファイルおよびフォルダへのリンクは、絶対パスとしてデータベースに格納されていました(たとえば、コース文書から表示した場合)。そのため、Content Managementファイルまたはフォルダが移動されるたびにリンクが壊れるという問題がありました。これらのリンクは、システム内の任意の場所から表示することができるリンクです。

固有IDツールでは、ファイルおよびフォルダへのパスをそれぞれのContent Collection項目の固有IDと一致させることでこの問題を解決します。この固有IDは、Content Collection内で項目が移動したとしても、不変です。

このツールは、問題が発生したときに複数回実行することができます。

このツールではログファイルを生成することができます。ログファイルには、Content Collectionの項目と一致させることができなかった壊れたリンクが表示されます。

ツールを実行してログファイルを生成する方法

ここで、pathはログファイルが配置されるフォルダで、filenameはログファイルの名前です。

  1. コマンドラインから以下のコマンドを実行してツールを実行し、ログファイルを生成します。
  2. updatecspathtoxythosid > path/filename.txt

    ここで、pathはログファイルが配置されるフォルダで、filenameはログファイルの名前です。

  3. Enter]キーを押します。