メインコンテンツまでスキップ
pdf?stylesheet=default
Blackboard Help

フォルダ内のコンテンツの編成

Content Collectionにコンテンツを追加する前に、ユーザーはコンテンツを管理する方法を計画しておく必要があります。これによって、ニーズに最も適した方法でコンテンツを編成することができます。

Content Collection内のファイルは、コンテンツエリアレベルでネストしているフォルダ内にツリー構造で編成されています。各フォルダには、また他のフォルダを含めることができます。このことは、各フォルダは他のサブフォルダやファイルを含むことができるということです。「項目」という用語は、ファイルやフォルダを表します。

フォルダにはファイルと他フォルダの両方が格納されています。フォルダは、フォルダを追加したユーザーに対して自動的に利用可能となりますが、他のユーザーがそのフォルダおよびコンテンツを参照する場合は共有する必要があります。すべてのフォルダが、ルートフォルダ下の他のフォルダ内に含まれていることを覚えておくのは重要なことです。ルートフォルダは、他のすべてのフォルダが置かれているフォルダです。ユーザー、コース、教育機関、およびライブラリなどのコンテンツエリアは、ルートフォルダのすぐ下に格納されるフォルダです。

1つの親フォルダ内に同じ名前のサブフォルダを作成することはできません。たとえば、最上位のユーザー名フォルダ内に、「Group Projects」という名前のフォルダを2つ作成することはできません。また、システムでは1つのフォルダ内に、同じ名前のファイルが複数存在することは許可されていません。

ユーザーフォルダについて

ユーザーフォルダは、最初にユーザーがContent Collectionを使用するときに作成されます。このフォルダの名前はユーザー名と同じです。この領域はユーザーのニーズに応じて編成することができます。

学校は、ユーザー名フォルダに対して、すべてのユーザーがアクセスできるようにするか、特定の担当を持つユーザーのみがアクセスできるようにするかを決定します。

コンテンツの保存

ユーザーは、パーソナルファイルおよび共有ファイルに簡単にアクセスして管理できるように、ユーザーフォルダを編成する必要があります。ユーザーフォルダは、開発中の文書やプライベートファイルを保存するのに最適な領域です。この領域は、グループの共同作業に作業スペースとして使用することもできます。次に、作成する場合に役立つフォルダの例をいくつか示します。

  • プライベートフォルダ:進行中のプロジェクトが保存されている作業領域。このフォルダは他のユーザーと共有されません。
  • グループフォルダ:他のグループメンバと共有するグループコラボレーションフォルダで、一緒にプロジェクトを進行します。
  • プライベートコース教材フォルダ:ユーザーがインストラクタの場合、この領域のフォルダは、受講者の成績表などの個人のコース情報を保存するのに使用できます。

アクセス権の付与

ユーザーは最上位のユーザー名フォルダに対して付与するアクセス権を読み取り権のみにする必要があります。このフォルダに対する追加のアクセス権を付与すると、コンテンツの管理および編成が非常に困難になります。他のユーザーに最上位フォルダに対する読み取り権を付与した場合、プライベートのままにするサブフォルダまたは項目へのアクセス権を忘れずに削除してください。

プライベートコンテンツスペースとパブリックコンテンツスペース

個人用コンテンツとパブリックコンテンツに別のフォルダを作成しておくことは、慣行として優れています。たとえば、あるフォルダにはペーパーと進行中のプロジェクトとが含まれており、また別のフォルダにはジョブの履歴書やカバーレターなど、まだ共有されていないプロフェッショナルなコンテンツが含まれているとします。

文書の共有化の準備が整ったら、文書はパブリックフォルダにコピーあるいは移動できます。たとえば、インストラクタがコースドキュメントで作業する場合、パーソナルフォルダでドラフトを作成し、完成したら共有フォルダに移動させることができます。共有フォルダは、クラスに登録しているすべてのユーザーで共有されます(パブリックスペースはコースメンバに対してのみ利用可能に設定)。

プライベートフォルダの作成

プライベートフォルダは、操作バーの[フォルダの作成]オプションを使用して、Content Collection内の他のフォルダと同様に作成されます。フォルダに許可されているアクセス権によって、プライベートかどうかが決まります。たとえば、ユーザーは、自分のユーザー名のフォルダ内にサブフォルダを作成し、他のユーザーに表示権限は許可しないようにできます。

パブリックフォルダの作成

プライベートフォルダと同様に、パブリックフォルダも他のフォルダを作成する場合と同様に、操作バーの[フォルダの作成]オプションを使用して作成されます。フォルダに付与されるアクセス権によって、複数のユーザーおよびユーザーのグループが利用できるかどうかが決まります。管理権を持つユーザーは、より広範なオーディエンスと項目を共有できます。たとえば、ユーザー名フォルダ内にパブリックフォルダが作成され、プロジェクトで共同作業を行っているユーザーのグループがこれを共有できます。