メインコンテンツまでスキップ
pdf?stylesheet=default
Blackboard Help

フォルダおよび項目について

フォルダ

フォルダは項目と他のフォルダの両方を保存します。フォルダはすべて最上位(/)フォルダまでの他のフォルダに含まれています。コンテンツエリア全体も最上位フォルダの下に保存されているフォルダです。最上位フォルダのアクセス権は、一般的に管理者が保持します。

ユーザーは、Content Collectionの単一領域(たとえば、"マイコンテンツ")に同じ名前の項目およびフォルダを作成できません。

各フォルダのサイズは、管理不能になるほど大きくならないように制限することができます。各フォルダのサイズは確定されますが、サブフォルダでは他のサブフォルダとのサイズの大きさに柔軟性を持たせることができます。

項目

項目は、Content Collectionに保存されているファイルです。ファイルを追加したユーザーは自動的に項目を利用できますが、他のユーザーがその項目を表示する場合は、共有する必要があります。アクセス権、コメント、およびメタデータ機能は項目でもフォルダと同じように動作します。項目にはフォルダでは使用しないいくつかの他の管理機能が含まれています。

項目とフォルダの管理

項目またはフォルダの横のコンテキストメニューから、次のオプションを使用できます。

  • コメント:コメントは、ユーザーからのテキストを保存します。コメントは、項目またはフォルダのコンテンツに対する意見または指示です。
  • パス:パスを項目に作成すると、ユーザーアカウントを持たないユーザーも項目に制御されたアクセスを行うことができます。パスを使用してコンテンツを表示する場合、ビューアはContent Collectionの他の領域にアクセスできません。パスでは読み取り権のみ、または共同作業用に読み取り権/書き込み権を割り当てることができます。パスによって外部URLからファイルに直接アクセスできるため、Content Collectionではない他のユーザーとファイルを共有する場合に最適です。
  • アクセス権

    ユーザーがフォルダのコンテンツを表示する前に、所有者がフォルダを利用できるようにする必要があります。たとえば、インストラクタはコースのフォルダを受講者が使用できるようにすることができます。フォルダに追加されたユーザーには、フォルダ内でアクションを制御するためのアクセス権が割り当てられます。アクセス権には、読み取り、書き込み、削除、管理が含まれます。

    アクセス権は、無許可の変更からコンテンツを保護する一方で、簡単にコンテンツを共有することができます。アクセス権を使用すると、ユーザーはContent Collectionに追加された項目およびフォルダでアクションを読み取って実行することができます。ユーザーがContent Collectionから直接コンテンツにアクセスしたり、コースおよびポートフォリオのリンクからアクセスするには、アクセス権が付与される必要があります。

    次のアクセス権をContent Collection内で使用することができます。

    • 読み取り:ユーザーは、項目またはフォルダを表示することができます。
    • 書き込み:ユーザーは、項目またはフォルダに変更を行うことができます。
    • 削除:ユーザーは、フォルダの項目またはフォルダ自体を削除することができます。
    • 管理:ユーザーは、項目またはフォルダのプロパティおよび設定を制御することができます。
  • 配置このコースの目標範囲情報を報告するために、項目またはフォルダを目標に配置します。コースのコンテンツ項目を、システムで使用可能な現在のソース目標に配置できます。コンテンツを基準に配置すると、[コントロールパネル]の[コースレポート]からコース範囲の詳細レポートを実行できます。このレポートには、コースの目標範囲情報が表示されます。
  • トラッキング:トラッキングを使用して、他のユーザーが項目を操作する様子を表示できます。トラッキングは、ファイルの変更や読み込み、アクションを実行したユーザーを表示するなどすべてのインスタンスを表示します。トラッキングは、変更を管理したり、受講者が項目を読み込んだかどうかをインストラクタが検証する場合に役立ちます。
  • バージョン:バージョンを作成することによって以前のドラフトを上書きすることなく共同で作業することができます。各ドラフトは異なるバージョンに保存されるため、チェックアウトおよびチェックインによって変更を管理することができます。チェックアウトしたバージョンを持っているユーザーのみがファイルを変更することができます。
  • メタデータ:メタデータをフォルダに追加すると、フォルダを検索する場合に簡単に見つけることができたり、説明を追加することによってフォルダのコンテンツを簡単に識別することができます。