メインコンテンツまでスキップ
pdf?stylesheet=default
Blackboard Help

タスク

どのツールを使用できるようにするかは、インストラクタと学校が管理しています。このツールを使用できない場合には、インストラクタまたは学校がこのツールを無効化している可能性があります。

タスクツールを使用すると、完了させなければならない作業の経過を把握することができます。それぞれのタスクにはステータスと期日があります。インストラクタがコースタスクを確認してリストに追加します。

受講者は、このリストを使用して予定どおりに作業を進めます。各タスクのステータスをレポートするように受講者に要求される場合があります。受講者は、[所属教育機関]タブの[ツール]パネルから独自の個人タスクリストを作成できます。個人タスクを作成した場合、それを閲覧できるのは作成者のみです。

タスクは、コース内のより小さなグループに固有のタスクのためのコースグループツールとしても利用可能です。

コースに表示される[しなければならないリスト]通知モジュールには、コースに関連する情報のみが表示されます。詳細については、「通知ダッシュボードについて」を参照してください。

タスクページ

デフォルトでは、受講者は、コースメニューの[ツール]リンク、またはコースのホームページのタスクモジュールからタスクにアクセスします。インストラクタは、コースメニューのタスクへのカスタムリンクを追加することもできます。

  1. タスクリンクをクリックして説明を表示します。
  2. インストラクタは、タスクに優先度レベルを割り当てることができます。
    • 高優先度のアイコン – 感嘆符
    • 通常の優先度 – アイコンなし
    • 低優先度のアイコン – 下向きの矢印
  3. 列をソートするには、見出しのタイトルをクリックします。
  4. タスクのコンテキストメニューでは、タスクのステータスを選択できます。
    • 未開始
    • 進行中
    • 完了