メインコンテンツまでスキップ
pdf?stylesheet=default
Blackboard Help

Video Everywhere

コンテンツエディタを使用して、あらゆる場所でビデオを撮影することができます。インストールしてアクティブ化されると、Webカメラを制御するコンテンツエディタに新しいアイコンが追加されます。コンテンツエディタからビデオを撮影して、直接YouTube™にアップロードすることができます。YouTubeで登録されているGoogle®アカウントが必要です。ご使用のWebカメラで撮影したビデオの処理と保存にはYouTubeチャンネルが必要です。

電子メールの送信時やグループの作成時など、コンテンツエディタで限られたテキストの書式設定のみが許可されるときに、Video Everywhereを使用することはできません。

コンテンツエディタを使用したビデオの撮影および共有方法

  1. レコーダをクリックして、[Webcamのレコード]を選択します。学校およびインストラクタは、このツールを無効にすることができます。
  2. プロンプトが表示されたら、[YouTubeにサインイン]をクリックします。
  3. Googleアカウントを使用してYouTubeにサインインします。アクセス許可ボタンをクリックし、Blackboardサーバーによってビデオがアップロードされるようにします。

    YouTubeのアクセスがご使用のGoogleアカウントでまだ有効化されていない場合は、新しいブラウザタブが開き、YouTubeへのログインを促すプロンプトが表示されます。YouTubeにログインしたら、ビデオをアップロードして保存するためのYouTubeチャンネルを作成します。Video Everywhereのウィンドウに戻って[YouTubeにサインイン]をクリックします。アクセス許可ボタンをクリックします。

  4. Webcamのレコード]をクリックします。
  5. Adobe Flashからプレーヤーの設定を有効にするためのプロンプトが表示された場合は、同意します。
  6. 同意すると、レコーダからYouTubeにビデオをアップロードできるようになります。
  7. 記録の開始ボタンをクリックします。終了したら、記録の停止ボタンをクリックします。
  8. アップロード]をクリックしてYouTubeにビデオを保存します。
  9. 挿入]をクリックしてコンテンツエディタにビデオを追加します。次のいずれかを選択できます。
    • インプレース再生:現在の位置でビデオを再生します。コンテンツに合うようにビデオのサイズを変更できます。コンテンツエディタ内のビデオが表示される場所にプレースホルダが表示されます。
  10. ビデオがコンテンツ項目内に表示されます。ビデオのエンコードには数分かかるため、すぐに再生されない場合があります。「This video is unavailable」というメッセージが表示されることもあります。数分待ってから、もう一度試してください。

ビデオをアクセス可能にする方法

YouTubeにビデオをアップロードしたら、クローズドキャプションと説明用キャプションを追加することができます。キャプションとトランスクリプトは、聴覚に障害のある人がビデオの音声を理解するうえで役立てることができます。また、キャプションは異なる言語を話す人や学習障害のある人がビデオの内容を理解するうえで役立てることができます。

YouTubeのトランスクリプションツールでビデオの音声からキャプションを自動的に保存する場合、ビデオをアップロードしてから1~24時間かかります。キャプションが使用できる場合、YouTubeツールバーにキャプションリンクが表示されます。トランスクリプションが完成したら、内容が正確になるようにキャプションを編集する必要があります。

  1. YouTubeツールバーでキャプションリンクをクリックします。
  2. 英語版では、右側のパネルの[automatic captions]をクリックします。
  3. インラインテキストエディタが開きます。各フレームのテキストボックスで直接編集できます。テキストファイルをダウンロードして、ご使用のコンピュータでテキストエディタを使用して編集し、YouTubeに再度アップロードすることもできます。
  4. 編集が完了したら、[完了]をクリックします。

    YouTubeに投稿したビデオへのトランスクリプト、翻訳、およびキャプションの追加に関する最新の詳細な説明は、YouTubeのヘルプリンクをクリックして、「キャプション」と検索すると取得できます。

プライバシー

デフォルトでは、すべてのビデオは「記載なし」プライバシー設定の下に記録されます。記載なしのビデオは、YouTubeの検索では表示されません。リンクを知っているユーザーのみがアクセスできます。この機能では、完全なプライバシーは保証されません。記載なしの設定を使用すると、作成者は、ビデオを視聴可能なユーザーを特に指定する必要がなく、簡単にビデオを公開して共有できます。ビデオの公開されている場所にアクセスできれば、視聴が可能です。ユーザーは、ビデオ上のYouTubeのロゴをクリックして、ビデオをYouTube.comサイト上で視聴することもできます。
 
プライバシー設定を「プライベート」に変更できます。ビデオライブラリから、YouTubeクリップの編集設定で、ビデオを編集してプライベートにすることができます。ビデオをプライベートにすると、Googleアカウントを持つ具体的に指定したユーザーのみがビデオを視聴できます。プライベートのビデオは、Video Everywhereのライブラリで、ロック記号とともに表示されます。プライベートのビデオは、作成者と特定の視聴者以外は視聴することができません。