メインコンテンツまでスキップ
pdf?stylesheet=default
Blackboard Help

プロフィールについて

プロフィールは、ユーザーアカウントとは異なります。ユーザーアカウントは、学校における受講者の登録情報を反映するものです。個人情報を編集することで、自分のユーザーアカウント情報を編集できます。詳細については、「個人情報と設定の編集」を参照してください。

プロフィールとは、受講者同士、クラスメート、およびインストラクタに対して自分を表現するものです。Blackboardでの自分のプロフィールで、自分をどのように呼んで欲しいか、自分の学問的興味、および他のユーザーと共有したいその他の事項を決定します。

プロフィールは、学校ではなく、Blackboardクラウドに保存されます。これは、学生生活から社会人生活を通じてプロフィールを維持できることを意味します。特定の学校と結び付けられているわけではありません。進学して就職した場合でも、同じプロフィールを使用して学生のときの関係およびネットワークを維持できます。

プロフィールの設定

自分のプロフィールには、My Blackboardメニューからアクセスします。[マイプロフィールの編集]をクリックして、自分のプロフィールの作成を開始します。学校がソーシャルメディアとの統合を有効にしている場合は、FacebookおよびTwitterの画像、説明、および電子メールをコピーできます。

プロフィールが表示されない場合、学校がこの機能を無効にしています。

プロフィールのアバターについて

名前に顔の画像を関連付けます。システム全体およびよりスケールの大きいBlackboardのアカデミックネットワーク内でのユーザーの表現に使用するイメージをアップロードできます。

ユーザーの個人イメージが、ページヘッダー、[人]ツール、ブログ、日誌、掲示板、Wiki、ユーザーリスト、および通知モジュール(最新情報、要注意、しなければならないリストなど)に表示されます。詳細については、「[人]ツールについて」を参照してください。

自分のユーザープロフィールにアップロードしたイメージにより、自分のユーザーアカウントに存在していた他のアバター画像が上書きされます。詳細については、「設定のパーソナライズ方法」を参照してください。

電子メールアドレスの選択

初期プロフィールを最初に設定するときに、自動的にプロンプトが表示され、プライマリ電子メールを指定するように指示されます。

プライマリ電子メールアドレスは、複数のBlackboard Learnインスタンス間でユーザーを識別するために使用されます。これには、個人用の電子メールを使用することが推奨されます。所属する学校または職業が変わった場合に、学校から提供された電子メールにアクセスできなくなる可能性があるためです。

システムからユーザーに通知が行われ、ユーザーのプロフィールに再度転送されるリンクを含む検証用電子メールが送信されます。これにより、電子メールアドレスの所有者であることが確認されます。検証が行われると、ユーザーのプロフィールはその電子メールアドレスにリンクされます。

プロフィールのプライバシー設定について

自分の個人プロフィールのプライバシー設定で、My Blackboardメニューに自分のプロフィールをどのように表示するかを設定します。[マイプロフィールの編集]ページにある各オプションを注意深く確認し、自分のプロフィールを表示できるユーザーを決定します。

  • パブリック(推奨):このオプションが表示されない場合、学校がこの機能を無効にしています。このオプションを選択すると、Blackboardプロフィールを使用しているすべてのユーザーが、あなたの情報を[]ページで検索して表示できるようになります。あなたと同じ学校、コース、または組織・グループに登録していないユーザーにも検索と表示が許可されます。登録されているコース全体であなたの名前とアバターが表示され、そこから他のユーザーがあなたのプロフィールのプレビューを表示できます。
  • 所属教育機関(推奨):このオプションを選択すると、学校内のすべてのユーザーが、あなたの情報を[]ページで検索して表示できるようになります。あなたと同じコースまたは組織・グループに登録していないユーザーにも検索と表示が許可されます。登録されているコース全体であなたの名前とアバターが表示され、そこから他のユーザーがあなたのプロフィールのプレビューを表示できます。
  • プライベート:このオプションをオンにすると、あなたと同じコースまたは組織・グループに登録しているユーザーは、[]ページであなたの情報を検索して表示できるようになります。登録されているコース全体であなたの名前とアバターが表示され、そこから他のユーザーがあなたのプロフィールのプレビューを表示できます。
  • 非表示:このオプションをオンにすると、どのユーザーも[]ページであなたの情報の検索と表示ができなくなります。登録されているコース全体であなたの名前とアバターが表示されますが、そこから他のユーザーがあなたのプロフィールのプレビューを表示することはできません。

設定]セクションの[プライバシーオプションの設定]を使用して、登録されているコース全体にわたってどの情報を表示するかを設定します。[設定]のプライバシー設定の詳細については、「プライバシー設定の指定」を参照してください。

FacebookおよびTwitterとの統合

プロフィールを作成または編集するときに、FacebookまたはTwitterのプロフィールから、プロフィールの画像、Facebook固有の電子メールアドレス、および簡単な"自己紹介"の説明を取得することができます。

FacebookおよびTwitterとの統合が表示されない場合、学校がこの機能を無効にしています。

プロフィールの削除

自分のプロフィールを削除することができます。プロフィールのプライバシー設定を使用して、プロフィールをプライベートにしたり、他のユーザーに表示されないようにしたりすることができます。

プロフィールの最大限の活用

雇用前にソーシャルスクリーニングを実施して、候補者の特徴、性格、およびその会社に適合するかどうかを評価する会社が増えてきています。このため、学校から会社までの生涯のネットワーク作成を対象としているBlackboardプロフィールで自身を適切に表現することが求められます。

多くの会社では、次の目的でソーシャルスクリーニングを実施しています。

  • ユーザーが自分をどのように表現しているかの確認
  • ユーザーのコミュニケーション能力の確認
  • ユーザーが社風に合うかどうかの確認
  • ユーザーの能力に関する詳細の確認
  • ユーザーが成熟した人間であるかどうかの確認
  • 雇用すべきでない理由の確認

人々からどのように見られるかが決まります。使用する画像と言葉から正しい印象を伝えてください。ユーザーの職業上のイメージを伝える写真とトピックを選択してください。挑発的なものや不適切なものを使用したり発言したりしないようにしてください。

オンラインで明確に発言したことが、将来の雇用者から自分がどのように見られたいかということを表しているようにしてください。投稿前に記述内容を厳重に確認します。誤字は印象が悪くなります。ただし、簡単に見つけて修正できます。前向きで建設的なコメントを投稿します。差別的なコメントの投稿や、飲酒やドラッグの使用に関する話題は避けてください。

ユーザー自身をオンラインで表現する場合は、安全性を確保する必要があります。詳細については、「オンラインでの評価と個人情報の保護」を参照してください。

プロフィールウォールへの投稿およびコメント

プロフィールウォールを使用すると、プロフィールを更新したり、あなたをフォローしている他のユーザーと会話したりすることができます。

  • 共有します]ボックスに情報を入力して、[投稿]をクリックします。
  • ユーザーの投稿に対してコメントします。投稿またはコメントにマウスを移動して、[コメント]をクリックします。
  • 投稿またはコメントを編集します。自分の投稿またはコメントの1つにマウスを移動して、[編集]をクリックします。「EDITED」というラベルが投稿/コメントに表示され、(a)投稿が元の状態から編集されたこと、および(b)最後に編集が行われた時間が明確になります。

ユーザープロフィールの検索と表示

ユーザープロフィールを持つ他のユーザーについて、検索と対話ができます。

  • 自分のコースから:自分のコースに登録されているユーザーを検索するには、自分のコースのユーザーリスト、およびブログ、日誌、掲示板、およびWikiに対するクラスの投稿を調べます。
  • ]ページから:詳細については、「[人]ツールについて」を参照してください。
  • スペースから:詳細については、「スペースについて」を参照してください。

プロフィールのプレビューは、ユーザーのアバターにマウスポインタを合わせると確認できます。プロフィールの表示機能をクリックするとプロフィールがすべて表示され、他のユーザーと対話できます。

同じコースまたは組織・グループに登録していないユーザーのプロフィールは、[非表示]または[プライベート]に設定されている場合、表示できません。

複数の教育機関での1つのプロフィールの使用

複数のBlackboard Learnアカウントをクラウド上の1つのBlackboardプロフィールにマップすることができます。これにより、1つのプロフィールを維持して、複数の教育機関および研究者生活で構築した学校での関係を維持できます。

プロフィールを結合する必要はありません。プロフィールごとに異なるプライマリ電子メールアドレスを使用して、独立した複数のプロフィールを維持することもできます。

結合したプロフィールを元に戻すことはできません。

新しい教育機関での新しいプロフィールの作成

一意のBlackboard Learnインスタンスからプロフィールを作成するごとに、プライマリ電子メールアドレスを指定するように要求されます。最初の設定と同じ電子メールアドレスを使用すると、以前に作成したプロフィールを使用するかどうかを確認するようにソーシャルクラウドサービスから指示されます。

以前のプロフィールを使用する場合は、システムから検証用の電子メールが再度送信されます。電子メールのリンクをクリックすると、所有者であることが確認されます。

リンクをクリックすると、結合の確認画面に転送されます。ここでは、最初のBlackboard Learnアカウントから作成したプロフィールに対して、それ以降に作成したこのBlackboard Learnアカウントをリンクしたときに行われる内容について説明されています。

プロフィールを結合すると、両方のBlackboard Learnアカウントに関連付けられた1つのBlackboardプロフィールのみがクラウド上に存在するようになります。

既存のプロフィールの結合

2つ以上のプロフィールを持っている場合、それらを1つのプロフィールに結合できます。

ターゲットプロフィールにするプロフィールを選択します。Blackboardでは、個人の電子メールアドレスを第1電子メールアドレスに登録しているプロフィールを選択することを推奨しています。

それ以外の既存のプロフィールの[第1電子メール]フィールドを編集して、ターゲットプロフィールと同じ電子メールアドレスを使用するようにします。これにより、結合処理が開始されます。

すべての既存のアクティビティおよび関係(投稿、コメント、スペースのメンバーシップ、フォロワー/フォロー関係)は、"ターゲット"プロフィールに結合されます。アバター、自己紹介、学習分野については、"ターゲット"プロフィールからのものだけが保持されます。

例を以下に示します。


  • me@myschool.comという電子メールアドレスを含むプロフィールがある場合、新しいプロフィールの設定時にme@myschool.comを入力したら、新しいプロフィール(空のもの)が既存のプロフィールに結合されます。
  • プライマリ電子メールがそれぞれme1@myschool.comとme2@myschool.comである2つのプロフィールがある場合、最初のプロフィールの電子メールをme2@myschool.comに変更すると、プライマリ電子メールが変更されていないため、"me2"のプロフィールがターゲットプロフィールになります。両方の投稿、コメント、スペースのメンバーシップ、フォロワー/フォロー関係はすべて結合後のプロフィールで確認できますが、結合後のプロフィールのアバター、自己紹介、および学習分野は、ターゲットプロフィールのものとなります。