メインコンテンツまでスキップ
pdf?stylesheet=default
Blackboard Help

再利用可能オブジェクトのコンテンツの検出

オンラインでの指導は、対面式の指導と同様に、常に進化し続けるプロセスです。Content Collectionに教材のリポジトリを作成して管理することにより、所属部門や学校全体にわたって最新の教材と研究を提供できます。

通常、自分が指導する1つのコースに含まれる複数のセクションや連続するセクションでコンテンツを再利用したり、自分のコースに含まれる以下の項目を他のユーザーと共有すると便利なことがあります。

  • 期末試験の課題に関する手順を、所属部門の他のメンバと共有する。
  • 関連業務に携わり、視点および編集の追加が可能な同僚とプレゼンテーションを共有する。
  • すべてのコースに適用されるポリシーを所属部門で共有する。

Content Collectionでは、6種類の再利用可能オブジェクトを作成できます。

  • 課題
  • コースコンテンツ
  • ディスカッショントピック
  • 外部リンク
  • 成績センタ
  • HTMLオブジェクト

007 Reusable Objects

コース内での再利用可能なコンテンツの検出方法

自分や他のユーザーがContent Collectionに作成した再利用可能オブジェクトを検出できるように、自分のコースを設定しなければならないことがあります。他のユーザーが検出できるように、作成した再利用可能オブジェクトについて適切なアクセス権を設定する必要があります。

  1. コントロールパネル]で、[カスタマイズ]セクションを展開します。
  2. プロパティ]を選択します。
  3. プロパティ]ページの[コースファイル]セクションで、[すべてのContent Collectionオプションを表示する]オプションを選択します。
  4. 送信]をクリックします。コンテンツエリアおよび成績センタの操作バーに[コンテンツ検出]機能が表示されます。

この例では、[コンテンツ検出]機能を使用して再利用可能オブジェクトをコンテンツエリアに追加します。

  1. コンテンツエリアにアクセスし、[編集モード]を[オン]に変更します。
  2. 操作バーの[コンテンツ検出]をクリックして、[再利用可能オブジェクト検出]のドロップダウンリストにアクセスします。
  3. 再利用可能オブジェクトのタイプを選択します。

    Content Collectionに作成した外部リンクの再利用可能オブジェクトを追加するには、コンテンツ項目を作成する必要があります。次に、Content Collectionから外部リンクの再利用可能オブジェクトを参照し、コンテンツ項目にリンクする必要があります。また、コンテンツエリアにコンテンツを構築する場合は、Webリンクのコンテンツタイプを使用して外部リンクの再利用可能オブジェクトにアクセスすることはできません

    • 課題
    • コースコンテンツ
    • ディスカッショントピック
    • 成績センタ
    • HTMLオブジェクト
  4. 検索]をクリックします。
  5. ラーニングオブジェクト]ウィンドウに、選択したタイプの再利用可能オブジェクトが表示されます。追加する項目を選択します。
  6. 送信]をクリックします。[項目の作成]ページが表示されます。
  7. 再利用可能オブジェクトの名前を入力します。
  8. 残りのフィールドに適切な情報を入力します。
  9. 送信]をクリックします。

自分のコースに再利用可能オブジェクトを追加した後で、変更する必要がある場合は、コース内の各インスタンスで再利用可能オブジェクトを編集する必要があります。Content Collection内の再利用可能オブジェクトは、そのコンテキストメニューの[Blackboardで編集]オプションを使用して編集できます。ただし、これらの変更内容は、コース内のすべてのリンク先には反映されません。編集内容は、次回再利用可能オブジェクトをコースに追加したときに反映されます。唯一の例外は、ファイル添付を持つ再利用可能オブジェクトです。再利用可能オブジェクトに含まれるファイルがContent Collectionにリンクされている場合、Content Collectionの[上書き]機能を使用してそのファイルを更新する必要があります。

再利用可能オブジェクトがリンクされているコースから削除されても、Content Collectionからは削除されません。コース内の再利用可能オブジェクトへのリンクは削除されます。再利用可能オブジェクトをコースから完全に削除するには、Content Collectionから削除する必要があります。ファイルがコース内でリンクされている場合、削除によってリンクが破損するという警告メッセージが表示されます。削除をキャンセルし、[360度表示レポート]を表示することで、ファイルのリンク箇所を確認してから削除を続行できます。