メインコンテンツまでスキップ
pdf?stylesheet=default
Blackboard Help

ライブラリについて

インストラクタは、ライブラリからコンテンツを追加することによってコースをより充実したものにできます。ライブラリは、eReserves、電子文書、およびその他の教育機関のリソースを掲示するために使用します。Blackboard Learnとのシームレスな統合により、ライブラリデータの共有および配布を効果的に行うことができます。インストラクタは、ライブラリコンテンツを使用してコース教材を補足することができます。

デフォルトで、ライブラリ内には以下の2つのメイン領域があります。

  • ライブラリコンテンツ
  • eReserves

教育機関の特定のニーズに応じて、ライブラリに追加の領域を追加することもできます。

ライブラリコンテンツ

ライブラリはライブラリ内のフォルダで、学校の特定のニーズに従って編成できます。この領域は、コンテンツを学校全体で共有できるようにすることを目的としています。

ライブラリコンテンツへのユーザーアクセス

デフォルトでは、すべてのユーザーがライブラリコンテンツ内のすべてのコンテンツに対する読み取り権限を持っています。

ライブラリコンテンツへのインストラクタアクセス

インストラクタは、ライブラリコンテンツの項目をBlackboard Learn内のコースに追加できます。

ライブラリからコンテンツをコースに追加する方法

インストラクタはライブラリコンテンツをコースのコンテンツエリアに追加できます。ライブラリコンテンツの項目だけでなく、eReserves内のコースフォルダに表示される項目も追加することができます。以下の手順でライブラリの項目をコースに追加します。

  1. 編集モード]を[オン]にします。
  2. コンテンツエリアを開きます。
  3. コンテンツの構築]で[項目]を選択します。
  4. リンクの名前を入力します。
  5. [説明]のテキストボックスに説明を入力します。
  6. Content Management項目へのリンク]の横にある[参照]をクリックします。
  7. コースマップを使用して、ライブラリから項目を選択します。
  8. はい]をクリックして、[コンテンツ項目の閲覧をユーザーに許可する]を有効にします。
  9. はい]をクリックして[表示回数の追跡]を有効にします。
  10. 表示開始]および[表示終了]の日付フィールドと時間フィールドを使用して、日付と時間の制限を選択します。[表示開始]および[表示終了]チェックボックスを両方オンにすると、選択した日付が有効になります。
  11. 送信]をクリックします。

インストラクタは、コンテンツエディタの[項目の追加]機能を使用してコースのContent Collectionに項目を追加するオプションを利用することもできます。

コースに追加できるのは、そのコースに対応するeReserveコースフォルダ内の項目だけです。他のコースで使用しているeReserveコースフォルダのコンテンツは、追加できません。コース内では、ライブラリコンテンツ内のすべての項目を利用できます。

eReserves

eReserves領域はライブラリ内のフォルダで、著作権のある文書など、アクセスの制限が必要なデータが含まれます。この領域は、コースについてのみ使用できます。組織・グループではeReservesは使用できません。

eReservesは、コースごとに自動的に編成されます。Blackboard Learnでの各コースには、eReservesに対応するコースがあります。

このツールを利用可能にするかどうかは、学校が管理しています。このフォルダが使用できない場合、学校のBlackboard管理者に問い合わせ、その状態について話し合ってください。

eReservesへのユーザーアクセス

すべてのユーザーは、登録しているコースのeReservesに対する読み取り権限を自動的に持っています。他のコースのeReservesフォルダは、ファイルツリーには表示されません。

eReservesへのインストラクタアクセス

インストラクタは、eReservesの項目をBlackboard Learn内のコースに追加できます。

eReservesフォルダの管理

eReservesでのコースフォルダの作成

eReserves内でのコースフォルダは、コースが作成された後、最初にインストラクタ、ティーチングアシスタント、またはコース作成者がContent Collectionにアクセスした時点で自動的に作成されます。コースがBlackboard Learnに追加されると、インストラクタが最初にContent Collectionにアクセスした際に、eReserveコースフォルダがコースユーザーに表示されます。

コースのアクセス設定およびeReservesの制御

コースが利用不可である場合、コースのeReservesフォルダが表示されるかどうかは、ユーザーのコース担当によって決まります。インストラクタ、コース作成者、およびティーチングアシスタントには、コースが利用可能または利用不可のどちらでもフォルダが表示されます。生徒には、コースが利用可能である場合にだけeReserveコースフォルダが表示されます。

コースとeReservesの削除

コースがBlackboard Learnから削除された場合でも、eReserveフォルダ、およびフォルダ内のすべてのコンテンツは削除されません。フォルダおよびフォルダ内のコンテンツは、[システム管理者]ページの[コンテンツ管理]パネルにある[管理者の検索]リンクから使用できる[場所で切り離したコンテンツ]レポートを使用して、検出、削除できます。