メインコンテンツまでスキップ
pdf?stylesheet=default
Blackboard Help

コースおよびContent Collection項目のコピー

コース内でのContent Collection項目へのリンクは、コースのコピー操作中にコピーされます。コピーされるContent Collection項目へのリンクは、物理ファイルではないため、これらのファイルを実際に表示するためには、すべてのユーザーがContent Collection内へのアクセス権を持っている必要があります。新規コースのユーザーは、適切なアクセス権限を持っていません。Content Collection項目への適切なアクセス権限を持っていないユーザーがコース内の項目へのリンクを選択すると、「アクセスは拒否されました」というメッセージが表示されます。

インストラクタは、これらのユーザーに対してContent Collection項目へのアクセス権限を付与するか、または学校のBlackboard管理者が、コースがコピーされた時点で自動的にアクセス権限が編集されるように、[コピー設定]オプションを有効にしておく必要があります。

アクセス権の自動更新は、コピーされたコースに対してのみ適用されます。コースがインポートまたはリストアされた場合には、コース内にリンクされているContent Collection項目のユーザーアクセス権限が、上記の設定よって自動的に更新されることはありません。Content Collection項目へのリンクはすべて解除されます。

Content Collectionの項目のアクセス権の自動更新

学校のBlackboard管理者は[コピー設定]オプションを利用することによって、コースのコピー操作の一部としてコピーされたContent Collection項目のアクセス権限を管理することができます。システムには管理者が有効にできるオプションが2つあります。1つ、あるいは両方のオプションを選択できます。これらのオプションが有効に設定されると、ほとんどすべてのコース領域に配置されているContent Collection項目へのアクセス権は自動的に更新されます。

  • 一般的なリンクへのアクセス権の更新:このオプションが選択されると、コピーされたコースに登録しているすべてのユーザーは、自動的にコース内でリンクされているContent Management項目への読み取り権限を受け取ります。
  • eReservesリンクへのアクセス権の更新:このオプションが選択されると、コピーされたコースに登録しているすべてのユーザーは、自動的にコース内でリンクされているe-Reserves項目への読み取り権限を受け取ります。

これの1つの例外はテストです。テスト、アンケート、および質問プールにリンクされているContent Collection項目のアクセス権は自動的には更新されません。これらの項目に対するアクセス権については、インストラクタがContent Managementを使用して手動で更新する必要があります。

Content Collection内の項目のアクセス権

Content Collection項目が[コースのコピー]を通してコピーされ、自動的にアクセス権限が更新された場合、Content Collectionの項目に対する新しいアクセス権限が表示されます。Content Collection項目がContent Collectionで表示される際は、すべてのコースユーザーに対して読み取り権が表示されます。