メインコンテンツまでスキップ
pdf?stylesheet=default
Blackboard Help

Content Collectionへのファイルのコピー

ファイルをコレクションにコピー]ツールでは、インストラクタはBlackboard LearnのコースのコンテンツをContent Collectionのフォルダにコピーできます。これは、コースのコンテンツエリアにある項目の添付ファイルが、Content Collectionの外部にある場合に非常に役立ちます。Content Collectionに追加された項目は、新しいコースで使用したり、他のユーザーと共有したり、ポートフォリオに追加したりできます。

このツールは、新しいコンテンツをContent Collectionに追加することを目的としています。コースに追加されたContent Collectionの項目を検出したり、コースそのものを変更することはできません。

学校は、Content Collectionへのファイルのコピーを無効にすることができます。このツールは、無効に設定されている場合は使用できません。

コピーできるコンテンツのタイプ

ファイルをコレクションにコピー]ツールでは、添付されているファイルをコースのコンテンツエリアにコピーします。これらのファイルは元々、アプリケーションの特定のページ、またはコンテンツエディタ内で使用可能な[添付するファイル]オプションによってコースに追加されます。

[ファイルをコレクションにコピー]ツールは、添付されている項目を以下にコピーします。

  • コンテンツフォルダ
  • コンテンツ項目
  • コースリンク
  • 課題
  • 手順
  • Webリンク
  • ラーニングモジュール

保護されていないコースカートリッジに関連付けられたすべての添付ファイルはコピーされます。コピー保護されているカートリッジコンテンツはコピーされません。

コピーできないコンテンツのタイプ

ファイルをコレクションにコピー]ツールは、コースの以下に挙げる領域に追加された添付ファイルをContent Managementに追加しません。

  • 任意のアセスメント領域に追加された添付ファイル(テスト、アンケート、および質問プールなど)
  • 掲示板のメッセージに追加された添付ファイル(グループ掲示板のメッセージなど)
  • インストラクタによってグループのファイル交換にアップロードされたファイル
  • インストラクタによって[課題の評価]ページに追加された項目はコピーされません。これらの項目には特定のユーザーについてのコメントが含まれており、課題の評価が行われる時点で送信されます。インストラクタによって[課題の評価]ページに追加された項目はコピーされます

コースに追加された受講者ファイルもコピーされません。これには以下のものが含まれます。

  • ユーザーによってグループファイル交換にアップロードされたファイル
  • ユーザーによって課題にアップロードされたファイル

Content Collectionへのファイルのコピーを有効にする方法

インストラクタは、それぞれのコースに応じて[ファイルをコレクションにコピー]ツールを有効または無効に設定することができます。コースが作成されたときには、デフォルトでツールは無効に設定されています。これを有効にするには、以下の手順に従います。

  1. コースのコントロールパネルを開きます。
  2. コースツール]で[ツールの管理]をクリックします。
  3. Blackboardツールの有効化]を選択します。
  4. コレクションにファイルをコピー可能]の下のチェックボックスをオンにします。
  5. 送信]をクリックします。

学校は、システム全体で[ファイルをコレクションにコピー]機能を無効に設定できます。この場合、この機能をコースで使用することはできません。

ファイルをContent Collectionにコピーする方法

以下の手順でファイルをContent Collectionにコピーします。

ユーザーがコンテンツをコピーできるのは書き込み権限を持っているContent Collection内のフォルダに対してだけです。

  1. コースのコントロールパネルを開きます。
  2. パッケージとユーティリティ]で、[ファイルをコレクションにコピー]をクリックします。
  3. ファイルをコレクションにコピー]ページの[領域の選択]で、チェックボックスを使用して、コピーする領域を選択します。選択した各領域で、添付項目がContent Collectionにコピーされます。
  4. コピー先のパスは、デフォルトでは、Content Collectionのコースコンテンツのコースフォルダの場所になっています。別のフォルダへのパスを入力することができます。

コピーが完了すると、受け取りページが表示されます。受け取りには、領域が正しくコピーされたすべての領域と、失敗した領域が示されています。コピーされた項目は、フォルダ内のContent Collectionに[コピーされたコンテンツ]という名前で表示されます。

ツールを複数回実行する方法

ファイルをコレクションにコピー]ツールは、同じコースに対して複数回実行できます。これは次のような場合に便利です。

  • 極端に多い、または極端に少ないコンテンツがコピー用に選択されたため、新しいコピーが必要である。
  • ファイルが期間の始めにコピーされた場合、その後にアップロードされた追加ファイルをコピーするため、期間の終わりに再度コピーを実行する必要がある。

このツールを実行するたびに、Content Collectionには新しいフォルダのセットが表示されます。コンテンツが同じ領域にコピーされた場合、[コピーされたコンテンツ]フォルダにはコピーの番号が追加されます。たとえば、ツールが実行された後で作成されたフォルダは、2番目の名前は「コースIDコピーされたコンテンツ(2)」となります。

Content Collection内のファイル構造

Content Collectionにコピーされたファイルはすべて、[コピーする領域の選択]ページで選択したコピー先のフォルダ内に保存されます。コースからのコンテンツはすべて、以下の命名規則に従ってフォルダ内に保存されます。コースIDコピーされたコンテンツコピーされたコンテンツ内のファイルの構造は、コース内のファイルの構造を模倣しています。

History100からのコピーには、コース文書とコース情報が含まれていました。

コース文書フォルダには以下のファイルが含まれています。

  • Syllabus.docファイルが添付されたコース項目
  • Chapter Oneという名前のコースフォルダ(フォルダには項目は添付されていません)
  • Chapter Oneフォルダには、WeekOne.docファイルが添付されたコース項目があります。

Course Informationフォルダには、ファイルCourseOverview.docが添付されたコース項目が含まれています。Content Collection内のファイルの構造は以下のとおりです。

>History 100フォルダ

                >History100のコピーされたコンテンツフォルダ

                                >Course Documentsフォルダ

                                                >Syllabus.doc

                                                >Chapter One folder

                                                                >WeekOne.doc

                                >Course Informationフォルダ

                                                >CourseOverview.doc

特別な添付ファイルのコピー

Content Collectionにコンテンツをコピーする際には特別な処理が必要な場合があります。

たとえば、unzipme.zipという名前のファイルは、Course Informationフォルダのルートでパッケージ解除されます。Content Collectionには、Course Informationフォルダのルートにunpackage.zipファイル、そして元のファイルのコンテンツを含むdir_unzipme.zipファイルの両方があります。

  • パッケージファイル(zipファイルなど)としてBlackboard Learnにアップロードされたコンテンツは、ユーザーが[ファイルをパッケージ解除する]を選択すると、以下の形式のフォルダ下にある解除された項目とともにzipファイル形式でContent Collectionにコピーされます。dir_fileattachmentname.fileextension
  • コンテンツエディタでアップロードされるすべてのファイルは、[embedded(unique#)]という名前の個々のサブフォルダにコピーされます。コンテンツエディタが使用できない場合に、テキストフィールドからファイルをアップロードした場合も同様です。
  • 画像への参照が含まれているHTMLファイルをアップロードすると、ユーザーには画像をアップロードするよう求めるプロンプトが表示されます。これらのファイルには、画像が欠落しています。欠落画像は、以下の形式でフォルダにコピーできます。dir_fileattachmentname.fileextension

同じ名前を持つ複数ファイルのコピー

Content Collectionでは、フォルダ内に同じ名前のファイルを複数個格納することはできません。このような重複は、Blackboard Learnのコース内では許可されています。また、フォルダの名前を同じにすることも許可されています。

同じ名前のファイルとフォルダが、Content Collection内の同じフォルダにコピーされる場合、名前には数字が追加されます。たとえば、Syllabus.docという名前の2つのファイルが同じフォルダにコピーされる場合、ファイルの名前はSyllabus.docSyllabus1.docになります。