メインコンテンツまでスキップ
pdf?stylesheet=default
Blackboard Help

Retention Centerの使用

Retention Centerを利用すると、コース内で落第の恐れがある受講者を簡単に検出できます。事前設定済みのルールやインストラクタ作成のルールに基づいて、受講者の取り組みと参加を視覚的に表示することで、潜在的なリスクを迅速に警告します。落第の恐れがある受講者に対して、Retention Centerからコミュニケーションをとり、改善のための措置を直ちに講じることができます。

Retention Centerの機能は、セットアップ不要ですぐに使用できます。

Retention Centerは、早期警告システム機能を簡単なワークフローで置き換えたものですが、早期警告システムの既存のデータとルールはすべて維持されます。

Retention Centerの起動

新しい学期の開始とともに、受講者の成績をすばやく把握する必要があります。メインの表で、クラス全体の成績状況を確認し、成績が低迷している受講者を表示します。インストラクタの支援が必要な受講者が一目でわかり、問題を抱えている具体的な分野を特定できます。落第する恐れが最も高い受講者に直ちに連絡し、注意深く監視する必要のある受講者にフラグを立てます。これらの受講者の進捗を観察し、電子メールを送信すると同時に、Retention Centerで、この連絡を追跡し、各受講者に関するメモを作成することができます。

教授法に合わせてデフォルトルールを調整します。たとえば、インストラクタは以下のことを実行できます。

  • 期日のしきい値を、より寛大なものに変更する。
  • 2つまたは3つの新しいルールを作成し、リスクの効果的な指標となる特定項目を追跡する。
  • クラスの上位5パーセントに入る受講者をインストラクタに知らせ、その成果を評価するためのルールを作成する。この情報を使用して、受講者の指導者を見つけたり、グループメンバシップを割り当てたり、ティーチングアシスタントを見つけたりできます。

コースのアクティビティに関する情報を使用し、最初に参加すべきコースのエリアの優先度を指定します。

問題の発見と対処が早ければ早いほど、受講者が成果を上げる可能性が高くなります。受講者はコースを修了し、学校の究極の保持目標である卒業までプログラムを継続する見込みが高まります。

Retention Centerへのアクセス

Retention Centerは自動的にオンになり、My Blackboardのメニューに直ちに表示され、コースの[コントロールパネル]の[評価]セクションでもアクセスできます。Retention Centerの情報はインストラクタ専用のデータで、受講者には表示されません。

コントロールパネル]>[カスタマイズ]>[ツールのアクセス設定]から、コースのRetention Centerのオンとオフを切り替えることができます。

-または-

My Blackboardから個々のコースの追跡を開始したり、停止したりできます。[Retention Center]ページの左側のパネルでコースリンクをクリックし、コース名の次の右側のパネルにある追跡リンクを使用します。警告は、いったん無効にすると、更新されなくなり、コースの[コントロールパネル]の[評価]セクションにあるRetention Centerは非表示になります。

Retention Centerページ

表の上の色付きのバーをクリックすると、コース内で落第の恐れがある受講者の概要が表示されます。詳細情報にアクセスするには、色の付いたセクションをクリックします。ポップアップボックスのリンクをクリックすれば、詳細をさらに表示できます。たとえば、成績の警告ボックスに表示されている数字をクリックし、警告をトリガする受講者のリストにアクセスできます。

通知]ドロップダウンリストを使用して、ツール内の複数の箇所から受講者とオブザーバーにアクセスできます。オブザーバーは通常、システムを操作することなくBlackboard Learnの特定のユーザーの指示に従うように割り当てられます(親やカウンセラーなど)。オブザーバーは、コースを表示して受講者の進行状況を追跡できます。

送信した電子メール通知には、デフォルトの件名とメッセージがあり、インストラクタはこれを編集することができます。複数の受信者に対し、電子メールを送信する場合、リストはグループに表示されません。

落第管理表

メインの表には、以下の4つのカテゴリのうちの1つ以上で落第の恐れがある受講者が表示されます。

  • 締め切り超過
  • 成績
  • コースアクティビティ
  • コースアクセス

ルールは、各カテゴリで必要な数だけ作成できます。

Retention Centerにアクセスすると、データが更新されます。ただし、コースアクティビティルールのデータが記録されるのは1日に1回です。学校は、このルールに関して、データを収集するタイミングと頻度を変更できます。

列をソートするには、見出しのタイトルをクリックします。表は、落第の恐れが高い受講者の順にソートされます。もう一度クリックすると、アルファベット順にソートされます。

受講者のセル内にある赤色のドットインジケータをクリックすると、詳細が表示されます。右側のパネルの監視セクションに受講者を含めたり、電子メールを送信したりできます。

受講者の[保持ステータス]ページにアクセスするには、受講者の名前をクリックします。落第の要因と送信した電子メール通知が、各受講者に関する次のような個人的メモとともに表示されます。

  • 提供した補習アクティビティまたは上級教材。
  • 障害や言語障壁に関する特別な便宜。
  • 1対1の面接。
  • 課題やテストに関して許可された追加の試行。
  • 受講者を支援するために割り当てた人物。
  • ティーチングアシスタントまたは受講者による指導機会の可能性。

新しいルールの作成、既存のルールの編集、およびルールの削除を行うには、操作バーの[カスタマイズ]をクリックします。ルールは、必要な数だけ作成できます。

右側のパネル

右側のパネルでは、以下の2種類の情報を表示できます。

  • 監視中の受講者:受講者の具体的な警告情報を表示するには、落第管理表の赤色のドットインジケータをクリックします。次に、星アイコンをクリックし、このパネルに受講者の情報を配置します。このリストにより、コース内で落第の可能性が最も高い受講者を簡単に確認することができます。
  • 監視中のその他の情報:落第管理表から除外したルールはすべて、ここに表示されます。たとえば、落第の可能性とは関連しないアクティビティや、たまに監視するだけで十分な参加状況に関して、コース内の優秀なユーザーを表示するルールを作成できます。

Retention Centerを含むようにシステムを更新しても、既存の早期警告システムルールはすべて維持されます。これらのルールは[監視中のその他の情報]セクションに表示されます。これらのルールを編集し、落第管理表に含めるかどうかを決定することもできます。

コースアクティビティ

落第管理表に続くセクションでは、コース内でのアクティビティ、取り組み、および参加に関する情報を集中的に管理できます。このデータを利用すれば、自分の行動が、受講者の成果に対して、どの程度寄与しているのか(または、していないのか)をより認識できるようになります。次の情報が表示されます。

  • インストラクタの最終ログイン
  • 受講者の提出物の採点に関するタイムラグ
  • 対話式のコースコンポーネントへのインストラクタの参加たとえば、ブログに表示される数字は、受講者ではなく、インストラクタの投稿回数を示しています。
  • 最近の連絡事項
  • 新しいコースコンテンツ

これは自分専用の情報であり、他のユーザーはアクセスできません。コースにログインするたびにこの情報を利用することにより、コースのどの部分に注意が必要かを確認できます。

このセクションのリンクを使用すると、受講者の取り組みを促進するための適切な措置をすばやく講じることができます。たとえば、課題リンクをクリックすると、採点が開始され、フィードバックが提供されます。コミュニケーションツールを利用して受講者と対話したり、連絡事項を投稿したりすることも簡単に行えます。

Retention Centerのカスタマイズ

4つのデフォルトのルールを使用すると、コース内での受講者の状況に関する警告を受け取れるようになります。必要に応じてルールを編集し、コンテンツや期待に合わせてカスタマイズしてください。ルールを作成または編集するときに、[Retention Center]ページの落第管理表にどのルールを表示するかを決定します。

  • 落第管理表の内容:落第管理表にルールが表示されます。この表では、ルールの基準を満たしている受講者ごとに警告が表示されます。
  • 落第管理表から除外:これらのルールは[監視中のその他の情報]セクションの右側のパネルに表示されます。落第管理表にルールを追加する場合は、[カスタマイズ]ページに戻ります。

ルールの作成

ルールは、必要な数だけ作成できます。たとえば、各テストで受講者の得点が一定の点数よりも低い場合に警告する成績ルールを個別に作成できます。さらに、受講者のコース総合成績が一定の下位の範囲に落ちた場合に警告する成績ルールを作成できます。

Retention Center]ページで操作バーの[カスタマイズ]をクリックします。[Retention Centerのカスタマイズ]ページの操作バーで[ルールの作成]をポイントし、次の表で説明する4つのルールタイプから1つを選択します。

4つのルールタイプの説明
ルールタイプ 説明
コースアクティビティ

警告は、コース内における受講者のアクティビティ全体に基づいています。受講者のアクティビティレベルが定義済みのレベルを下回った場合に警告がトリガされます。

Blackboardでは、受講者の「クリック」から生成されたデータを使用して、受講者のコース内での作業時間が計測されます。受講者は、コース内の何かをクリックした時点から、コースの外部で何かをクリックするかログアウトするまでの間、コースで作業していると見なされます。ログインセッションがタイムアウトした場合、Blackboardは、コース内の最後のクリックまでしか時間を計測しません。コース内の最後のクリックからタイムアウトまでの時間は計測されません。

クリックの加重は、どの領域にも割り当てられません。

適応ルールは考慮されません。

成績 警告は、成績に対して定義された得点、または成績センタ内の計算対象列に基づきます。特定の成績項目に対して定義されたしきい値を受講者の得点が上回っているか下回っているときに警告がトリガされます。成績によって警告をトリガするタイミングを決定します。
  • 成績の値を設定:ドロップダウンリストで、[上]または[下]および[点数]または[パーセンテージ]を選択します。フィールドに値を入力します。
  • 平均点数を使用:フィールドにパーセンテージを入力し、平均点数よりも上か下かをドロップダウンリストから選択します。
コースアクセス 警告は、ユーザーが最後にコースにアクセスした日付に基づいています。受講者が最後にログインしてから、定義された日数が経過すると警告がトリガされます。
締め切り超過 警告は、課題、テスト、またはアンケートの定義済み期日に基づいています。受講者が課題、テスト、またはアンケートを期日までに完了していない場合に、インストラクタが選択したオプションに基づいて警告がトリガされます。
  • すべてのコースの締め切りを監視:締め切り超過の回数と、警告をトリガするまでの日数を決定します。ドロップダウンリストから、入力した日数に対して[より多い]または[未満]を選択します。
  • 特定の締め切りを監視:[コース項目の選択]ドロップダウンリストで選択を行います。各項目の期日は丸括弧内に表示されます。次に、ドロップダウンリストから[より多い]または[未満]を選択し、警告をトリガする日数を入力します。

    日数にゼロ(0)を入力すると、締め切り日までに項目が提出されなかった場合に警告が出されるようになります。遅れは一切許容されません。

締め切り超過ルールは手動で作成した成績センタ列に対して作成できますが、期日までに適切に提出された項目を採点しないと"誤った"警告がトリガされます。手動で作成した列については、受講者は期日までに項目を提出できますが、それらの採点も期日までに行う必要があります。

ルールの削除およびデフォルトルールのリストア

ルールを削除しても、すべてのコースコンテンツとデータがそのまま残ります。カテゴリにルールが存在しない場合は、メインの[Retention Center]ページに戻り、該当する列見出しで[デフォルトを使用しますか?]をクリックします。デフォルトのルールと基準が追加されます。ルールは、そのまま使用することも、編集することもできます。

早期警告システムからの移行

Retention Centerを含むようにシステムを更新しても、既存の早期警告システムルールはすべて維持されます。これらのルールは[監視中のその他の情報]セクションに表示されます。インストラクタは、これらのルールを編集し、落第管理表に含めるかどうかを決定することもできます。

早期警告システムからRetention Centerへの移行には、コースの記録の一部として保持することが必要な場合のある過去の通知履歴が含まれます。早期警告システムの通知履歴には、Retention Centerよりも少ない情報しか含まれていませんでしたが、移行対象の記録には、通知日、送信者、受信者の受講者が含まれます。