メインコンテンツまでスキップ
pdf?stylesheet=default
Blackboard Help

マッチング問題

マッチング問題では、受講者がある列の項目を別の列の項目と対にして、組み合わせることができます。マッチング問題にさまざまな数の問題と解答を含めることができます。たとえば、動物の一覧およびそれらの動物のエサの一覧(草食、肉食、雑食)を問題に含めることができます。受講者は動物とエサを組み合わせます。

受講者は、問題の一部を正解した場合には、マッチング問題に対して部分的に評価されます。たとえば、問題の得点が8点で、受講者が半分だけ正解した場合には、4点を取得します。

マッチング問題の作成方法

  1. テスト、アンケート、またはプールにアクセスします。詳細については、「テスト、アンケート、およびプール」を参照してください。
  2. 操作バーで[質問の作成]を選択し、ドロップダウンリストにアクセスします。
  3. マッチング]を選択します。
  4. 質問文]を入力します。オプションで、コンテンツエディタを使用して、テキストの書式設定、およびファイル、画像、Webリンク、マルチメディア、マッシュアップの追加ができます。
  5. 解答の番号付けの方法や部分的な評価の許可などのオプションを設定します。
  6. ドロップダウンリストから、[質問数]を選択します。質問項目の最低数は4個であり、最大数は20個です。
  7. 質問/解答のペア]テキストボックスに質問と解答のセットを入力します。
  8. オプションで、[一致しない選択肢の追加]を選択し、数字を指定して、問題の難易度を高めることができます。
  9. 解答の順序を並べ替えるには、表示する位置に解答をドラッグします。
  10. オプションで、正解に対して表示される[正解への応答フィードバック]と、不正解に対する[不正解への応答フィードバック]を入力します。
  11. オプションで、問題メタデータを[カテゴリおよびキーワード]セクションに追加します。詳細については、「問題メタデータの追加」を参照してください。
  12. 送信]をクリックします。

部分的な評価または負の評価の指定方法

マッチング問題では、部分的な評価または負の評価を指定できます。部分的な評価は、教材の理解が不十分な解答をした受講者に与えられます。負の評価は、推量を抑止するために使用されます。

個々の問題で部分的な評価または負の評価を使用するには、[質問の設定]ページでそれらの評価を指定するオプションを有効にする必要があります。

マッチング問題で部分的な評価または負の評価を指定するには、以下の手順に従います。

負の得点を許可するオプションは、部分的な評価を許可するオプションを選択していない限り表示されません。

  1. テストキャンバス]で、マッチング問題を作成または編集します。
  2. オプション]セクションで[部分的な評価を許可]チェックボックスをオンにします。
  3. オプションで、[不正解に対する負の得点を許可する]チェックボックスをオンにして、不正解に対してペナルティを割り当てます。
  4. オプションで、[質問に対する全体的な得点について負の得点を許可する]チェックボックスをオンにして、質問に対する全体的な得点に対して負の得点を許可します。このオプションを選択すると、質問に対する受講者の得点がゼロ未満になることがあります。
  5. 部分的な評価は自動的に100%に等しくなるように分配されます。分配を変更するには、各質問/回答のペアの下の[部分的な評価%]テキストボックスに数値を入力します。この数値は、パーセントと解釈されます。たとえば、「25」と入力すると、その一致を選択した場合、質問の満点の25%が受講者に付与されます。ゼロも値として指定できますが、部分的な評価の合計パーセンテージは100になる必要があります。[部分的な評価%の更新]をクリックすると、値が等しく再分配されます。
  6. 解答に負の評価を割り当てるには、[負の評価%]テキストボックスに負の数値を入力します。たとえば、「-25」と入力すると、その一致を選択した場合、質問の満点の25%が受講者の総得点から減算されます。ゼロも値として指定できます。
  7. 送信]をクリックします。