メインコンテンツまでスキップ
pdf?stylesheet=default
Blackboard Help

SafeAssignオリジナリティレポートの実行

SafeAssignオリジナリティレポートには、提出したペーパーと既存のソースの間に見つかった一致点に関する詳細が記載されています。SafeAssignレポートは、テキストのすべての一致ブロックを識別します。インストラクタと受講者は、一致しているテキストが正しく参照されているかどうかについて調べる必要があります。すべての一致点の詳細を確認することで、引用基準の差異による検出エラーを防ぎます。

レポートレイアウト

SafeAssignレポートは次の3つの部分に分かれています。

  • レポート情報:このセクションには、作成者、一致テキスト率、送信日時などのペーパーに関するデータが表示されます。またここには、レポートのダウンロード、レポートの電子メール送信、印刷可能なバージョンの表示に関するオプションも含まれます。Blackboard Learnにアクセスするための支援技術に頼るユーザーが最も効果的にレポートを表示するには、印刷可能なバージョンを利用することです。
  • 疑わしいソース:このセクションには、提出したペーパーのテキストに一致するテキストが含まれたソースが表示されます。ソースを選択してレビューからそれらを除外し、再びペーパーを処理することができます。この作業は、そのソースが同じ受講者の同じ割り当てに関する前処理である場合、またはペーパー内に特定のソースの冗長なセクションがある理由がある場合に有用です。再びペーパーを処理すると、除外したソースを使用せずに新しい一致率の数値が生成されます。
  • 原稿のテキスト:このセクションには、提出したペーパーが表示されます。テキストの一致ブロックはすべて識別されます。テキストの一致ブロックをクリックすると、元のソースに関する情報や、ブロックや文がソースからコピーされた可能性に関する情報が表示されます。

SafeAssignのスコアの解釈

文章の一致スコアは、2つの語句が同じ意味である可能性のパーセンテージを表します。この数字は、これらの2つの語句が偶然に同じである確率の逆数を表します。たとえば、スコアが90パーセントの場合、この2つの語句が同じである確率は90パーセントです。この2つの語句が類似しているのは、偶然によるものであり、提出されたペーパーに既存ソースの内容が含まれているためではない確率は10パーセントです(適切に出典が表示されているか否かを問いません)。

全体のスコアは、送信されたペーパーが既存のソースと一致するパーセンテージを示すインジケータです。このスコアは警告インジケータにすぎません。ペーパーをレビューして、一致部分の出典が適切に表示されているかどうかを確認してください。

  • 15パーセント未満のスコア:通常、これらのペーパーには、いくつかの引用や、よく使われる語句、または他の文書と一致するテキストのブロックが含まれます。多くの場合、これらのペーパーは、これ以上分析する必要がありません。これらのペーパーには盗作の証拠がないためです。
  • 15パーセントから40パーセントまでのスコア:これらのペーパーには広範に引用または言い換えを行った資料が含まれているか、または盗作が含まれています。これらのペーパーをレビューして、一致するコンテンツの出典が適切に示されているかどうかを確認する必要があります。
  • 40パーセント以上のスコア:これらのペーパーには、非常に高い確率で、他のソースからコピーされたテキストが含まれています。これらのペーパーには引用または言い換えを行ったテキストが過度に含まれており、盗作かどうかを確認する必要があります。