メインコンテンツまでスキップ
pdf?stylesheet=default
Blackboard Help

SafeAssignmentの作成

SafeAssignmentは、新しいコンテンツタイプとしてコース内に表示されます。インストラクタは、コース内の任意のコンテンツエリアにSafeAssignmentを追加できます。SafeAssignmentは、通常の課題とは異なります。既存の課題をSafeAssignmentに変換することはできません。通常の課題と同様、SafeAssignmentを作成すると、成績センタ内に1列が自動的に作成されます。

受講者がSafeAssignmentにアクセスすると、標準的な課題と同じように手順の表示、テキストボックスへのコメントの入力、ファイルの添付を行うことができます。受講者は、ペーパーをWord(DOC、DOCX、ODT)、プレーンテキスト(TXT)、リッチテキスト形式(RTF)、PDF、およびHTML形式で送信できます。

SafeAssignmentの作成方法

  1. コンテンツエリアで操作バーの[課題]を選択し、[SafeAssignment]を選択します。
  2. SafeAssignmentの追加]ページで、次の表をガイドとして使用してページを完成します。
    SafeAssignmentのオプション
    フィールド 説明
    タイトル SafeAssignmentのタイトルを入力します。
    満点の点数 SafeAssignmentの満点の点数を入力します。この値は、SafeAssignmentに作成された成績センタ列とともに共有されます。
    テキスト SafeAssignmentを完成するための手順を入力します。
    利用可能 SafeAssignmentを受講者に表示するかどうかを選択します。
    利用可能日 これらのコントロールを使用して受講者がSafeAssignmentを操作できる日付範囲を設定します。開始日または終了日のみを設定することも可能です。
    ドラフト 受講者は、教育機関のデータベースに送信することなく、ペーパーを検証することができます。これは指導ツールとして使用し、受講者がペーパーに適切に出典を表示する方法を習得するのに役立ちます。インストラクタは、ドラフトの送信にアクセスし、表示することができます。
    受講者への表示 受講者がペーパーを送信した際に、生成されたレポートを見ることができるかどうかを決定します。
    至急のチェック ペーパーをキューの最優先に設定します。
    オプションの連絡事項
    作成 SafeAssignmentに関する連絡事項を作成するには、[はい]を選択します。
    件名 連絡事項の件名を入力します。
    メッセージ 連絡事項のメッセージを入力します。
  3. 送信します。