メインコンテンツまでスキップ
pdf?stylesheet=default
Blackboard Help

Wikiの採点

採点を有効にすると、成績センタに列が自動的に作成されます。受講者が作成および編集したすべてのページを表示しながら、[参加者のコントリビューション]ページで採点します。成績はWikiに適用され、個別のWikiページには適用されません。[参加者のコントリビューション]ページには、次の方法でアクセスします。

  • WikiツールでWikiにアクセスし、操作バーの[参加と採点]をクリックします。ユーザーの名前をクリックし、ユーザーが行ったページ変更を表示します。
  • 要採点]ページで、Wikiのコンテキストメニューにアクセスし、[すべてのユーザーの採点]を選択します。詳細については、「[要採点]ページについて」を参照してください。
  • 成績センタで、採点するWiki用の列を探し、要採点アイコン(感嘆符)を含むセルにマウスポインタを重ねて、コンテキストメニューにアクセスします。[ユーザーアクティビティの採点]を選択します。

Wikiの[参加者のコントリビューション]ページまたは成績センタのセルで、前に割り当てた採点を編集できます。

評価済みのWikiを未評価の状態へと変更することはできません。評価済みのWikiを[Wiki]リストページと成績センタから削除して、新しい未評価のWikiを作成する必要があります。

採点ステータスアイコン

採点が必要なWikiがあるユーザーは、成績センタ、および[このユーザーのコントリビューションを表示]にあるWikiの[参加の概要]ページで要採点アイコンで示されます。また、これらは[要採点]ページにも表示されます。

Wikiを作成するときに、[要採点]ステータスの参加者を表示するチェックボックスをオンにせずに最小エントリ数を選択すると、成績センタやWikiの[参加の概要]ページには[要採点]アイコンが表示されず、[要採点]ページにも項目が表示されません。

実行中アイコン(File:ja-jp/Learn/9.1_SP_12/Instructor/060_Course_Tools/Wikis/040_Grading_Wikis/icon_in_progress.png)は、成績センタのセルとWikiに表示されます。

  • 設定した最小数に満たない受講者のアクティビティの場合。
  • [要採点]ステータスの参加者を表示するためのチェックボックスがオンになっていない場合。

参加の概要の表示方法

参加の概要]ページで、現在表示しているWikiに参加しているすべての受講者のリストを表示できます。提供される情報を使用して、インストラクタはWikiコンテンツ全体に対する受講者の貢献度を理解できます。この情報は、採点できるWikiに対する個別の成績を判定する際に特に役立ちます。

  1. Wikiにアクセスします。
  2. Wikiトピックページで、採点したWikiの[参加と採点]をクリックするか、採点していないWikiの[参加の概要]をクリックします。
  3. 参加の概要]ページで、Wikiの作成に貢献した受講者の参加を表示します。
  4. サイドパネルで、Wikiの情報を表示し、[参加者のコントリビューション]ページを表示する対象のユーザーを選択します。
    • ページのバージョン:[ページのバージョン]列に、そのユーザーが作成および編集したすべてのページが表示されます。これにより、ユーザーが寄稿および編集を行ったコンテンツおよびその方法を正確に知ることができます。多数のページが表示される場合、操作バーの[ページの表示]ドロップダウンリストを使用して表示内容を絞り込みます。ページが編集されるたびに、新しいバージョンが作成されます。バージョンを比較するとき、任意のバージョンとそれ以前のバージョンとの違いが、[ページの比較]ページに表示されます。[凡例]タブをクリックして、別のバージョンと比較して変更内容の違いを理解します。[凡例]タブには、バージョンの違いを示すために使用する書式の説明があります。
    • 変更された単語:Wikiのすべてのページおよびページの各バージョンで追加、削除、または編集された単語の記録。
    • ページの保存:Wikiの[Wikiの編集]ページで[送信]がクリックされた記録。コンテンツが変更されたかどうかは関係ありません。

Wikiコントリビューションを採点する方法

この例では、Wikiツールから採点を開始します。

  1. Wikiにアクセスします。
  2. Wikiのトピックページで、操作バーの[参加と採点]をクリックします。
  3. 参加の概要]ページの[このユーザーのコントリビューションを表示]セクションで、受講者の名前を選択します。採点対象の寄稿を行った受講者には、[要採点]アイコン(感嘆符)が表示されます。
  4. 参加者のコントリビューション]ページで、受講者のページおよびページバージョンのリストがコンテンツフレームで開かれます。コントリビューションについての情報を表示することもできます。[ページのバージョン]列で、確認するページのタイトルをクリックします。
  5. 採点の準備ができたら、サイドパネルの[成績]セクションで[成績の編集]をクリックします。採点フィールドがサイドパネルに表示されます。
  6. 現在の成績の値]ボックスに成績を数値で入力するか、関連付けられたルーブリックを使用します。詳細については、「ルーブリック」を参照してください。
  7. オプションで、その受講者に対する[フィードバック]と[採点通知]を入力します。これは、インストラクタと採点者のみに表示されます。オプションで、各テキストボックスの下部にあるスペルチェック機能を使用します。[テキストエディタ]をクリックしてすべてのコンテンツエディタ機能にアクセスし、テキストを書式設定したり、URL、添付ファイル、画像、マッシュアップ、およびマルチメディアを追加したりします。
  8. 成績を保存]をクリックして、成績、フィードバック、および採点通知を[成績]セクションと成績センタに追加します。
  9. このユーザーのコントリビューションを表示]セクションの[前のユーザー]および[次のユーザー]矢印を使用して、採点するその他のコントリビューションにアクセスできます。

成績、フィードバック、または採点通知は、[成績の編集]をクリックすればいつでも編集できます。変更が[成績]セクションと成績センタに反映されます。変更内容は、受講者の[成績の詳細]ページの[成績の履歴]タブにある成績センタに文書化されます。

グループWikiの採点

参加の概要]ページで、グループWikiの採点が必要な場合、グループメンバの[このユーザーのコントリビューションの表示]セクションに要採点アイコンが表示されます。[参加の概要]ページでグループWikiに成績を追加すると、グループのすべてのメンバに自動的にその成績が付与され、各グループメンバの成績センタの対応する列に入力されます。貢献していなくても、すべてのメンバには成績が付与されます。受講者は、[マイ成績表]および[自分のコントリビューション]ページで、グループWikiの成績を確認できます。

個々のメンバの成績の変更

メンバの成績を編集して、グループの成績とは異なる成績を個々のグループメンバに割り当てることができます。グループメンバの成績を変更した後でグループ成績を更新しても、個人の新しい成績は更新されたグループ成績の影響を受けません。個々のメンバに付与された成績と、グループに付与された成績の両方が表示されます。個人の新しい成績は、グループの他のメンバには表示されません。

参加の概要]ページで、[このユーザーのコントリビューションの表示]セクションからグループメンバを選択します。[参加者のコントリビューション]ページには、グループメンバのコントリビューションが表示されます。[成績の編集]をクリックすれば、サイドパネルでメンバの成績を変更できます。

成績センタの列には、グループの成績と個々のグループメンバの編集済みの成績が表示されます。この列は、グループWikiに対する採点を有効にしたときに自動的に作成されたものです。

グループに属していないコースメンバの[グループWiki]列には、灰色表示のセルが表示されます。成績は成績センタからも編集できます。

メンバの編集済み成績を元に戻す方法

メンバの編集済み成績を、すべてのグループメンバが受け取っている元のグループ成績に戻すことができます。または、[グループWiki]ページで変更された成績を、ユーザーを選択して編集します。

  1. 成績センタで、メンバの[成績の詳細]ページにアクセスします。
  2. メンバのグループ成績を編集すると、[グループの成績に戻す]機能が表示されます。[グループの成績に戻す]をクリックします。
  3. OK]をクリックします。メンバの成績が元のグループの成績に変更されます。
  4. 成績センタに戻る]をクリックして[成績センタ]のメインページに戻り、編集された成績列を表示します。成績の変更は、グループWikiページでも、ユーザーの名前を選択して表示させることができます。

グループの削除

グループが不要になった場合には、グループを削除できます。グループに採点可能な項目がある場合は、[削除の確認]ページが表示されます。必要なグループ成績を維持できます。[削除の確認]ページでは、維持する必要がある列のチェックボックスをオンにしないでください。