メインコンテンツまでスキップ
pdf?stylesheet=default
Blackboard Help

Wiki

Wikiを使用すれば、受講者は、コース関連の教材のページを1つ以上作成して変更できます。また、これは共有とコラボレーションの手段となります。ユーザーは、ページをすばやく作成して編集できます。また、変更および追加した内容を追跡できるので、複数の作成者間で効率的にコラボレーションを実施できます。インストラクタは、すべてのコースメンバが貢献できる1つ以上のWikiや、特定のグループがコラボレーションに使用するWikiを作成できます。

すべてのコースメンバは、Wikiツールを使用して情報を記録し、コースの情報と知識のリポジトリとして使用できます。コースWikiは、コースメンバがまとめた情報の大きなソースとなります。Wikiを使用すると、情報交換の際の社会的交流が増え、コラボレーションと学習のコミュニティの構築に役立ちます。

受講者は、Wikiを使用して、異なる時と場所から共有コンテンツに対してコラボレーションします。以前に行われた変更の確認、コンテンツや変更に対するコメント、新しいコンテンツの追加、および既存のコンテンツの改訂が可能です。掲示板と同様に、すべてのコースコンテンツの提供者ではなく担当者として行動できます。かなり個人的なものであるブログとは異なり、Wikiでは情報のリンクや構築が行われるので、緊密なコラボレーションが必要です。

Wikiを使用した受講者の参加度の評価

Wikiへの受講者の貢献を採点することも、Wikiを単なるコースコンテンツの復習に使用することもできます。どちらの場合も、受講者は単一のWikiで複数のページに貢献でき、他のコースメンバが送信したページを何回でも改訂できます。また、グループの共有と対話のために、グループWikiツールを有効にすることもできます。

Wikiのすべてのページに対する、すべての変更を表示できます。変更を高レベルの概要で表示した後、ドリルダウンして個人の貢献についての情報を確認することができます。

使用中のWiki

Wikiを使用する主要な目標は、知識の共有リポジトリを構築することです。時間とともにナレッジベースが大きくなると、ある程度の重大性や恒久性がWikiに備わることを期待できます。

専用にすれば、Wikiで次を実現できます。

  • コミュニケーション用の使いやすい環境を提供する。
  • 競争ではなくコラボレーションを促進する。
  • 学習に対する社会的でインタラクティブなアプローチを発展させる。
  • 他者の長所からメリットを得ることができるパートナーシップを構築する。
  • ネットワーク構築、信頼、および交渉のスキルを向上させる。
  • 支援を提供し、フィードバックを伝える。
  • 情報の検索や更新、情報へのアクセスなどを1か所から簡単かつ迅速に実行できるようにする。
  • 反省的思考を通じて、創造性、自発性、および革新性を向上させて強化する。

Wikiは、次のように、コースコンテンツとして使用することも、採点対象課題として使用することもできます。

  • 用語集
  • ホワイトペーパー
  • クラスの概要と骨子
  • 受講者の記事を組み合わせることによる本の構成
  • リソースリポジトリ
  • 実習実験
  • シナリオおよびケーススタディに対する受講者のソリューション
  • 研究ノート
  • グループプロジェクトのプレゼンテーション