メインコンテンツまでスキップ
pdf?stylesheet=default
Blackboard Help

日誌の採点

日誌への参加について、個人とグループを採点できます。

採点を有効にすると、成績センタに列が自動的に作成されます。日誌トピックページから、受講者の日誌エントリを採点します。日誌トピックページでは、採点するときに、すべてのエントリとコメントを表示できます。割り当てた採点は、すぐに成績センタに表示されます。日誌トピックページには、次の方法でアクセスします。

  • 日誌ツールで日誌にアクセスし、ユーザーの名前をクリックします。
  • 要採点]ページで、日誌のコンテキストメニューにアクセスし、[すべてのユーザーの採点]を選択します。
  • 成績センタで、採点する日誌用の列を特定します。要採点アイコン(感嘆符)が付いたセルにマウスポインタを重ね、日誌のコンテキストメニューにアクセスします。[ユーザーアクティビティの採点]を選択します。

成績センタの列情報を編集して、受講者が自分の成績とフィードバックを[マイ成績表]に表示できるかどうかを指定できます。詳細については、「列の編集、非表示、およびオプション選択の方法」を参照してください。

割り当てられた採点を日誌トピックページから編集すると、成績センタが更新されます。

トピックの評価済みから未評価への変更

評価済み日誌トピックを未評価の状態へと変更することはできません。評価済みのものを未評価に変更する唯一の方法は、[日誌]リストページおよび成績センタから評価済み日誌トピックを削除し、新しい未評価のトピックを作成する方法です。

別の手段になりますが、日誌の[成績センタ]列を計算対象外に設定して、エントリを維持する方法があります。基本的に、成績センタでは日誌が評価済みと見なされ続けますが、割り当てられた結果や成績はすべて無視されます。

日誌トピックページ

日誌トピックページは、2つのメインセクションに分かれています。[手順]とエントリは、コンテンツフレームで表示できます。サイドパネルでは、日誌トピックまたはエントリについての情報の表示、[インデックス]の展開、および凡例の表示が可能です。また、個々のユーザー名を選択して、そのユーザーのエントリのみをコンテンツフレームに表示することもできます。

タイトルの横にある矢印を使用して、日誌トピックページのセクションの展開と折りたたみを行います。

  1. 含めた[手順]は、コンテンツフレームに表示されます。[X]をクリックすると、フィールドが折りたたまれ、より広い領域でエントリとコメントを表示できます。
  2. サイドパネルの[この日誌について]セクションには、現在選択している日誌についての情報が表示されます。
  3. 日誌の採点を有効にすると、ユーザー名を選択したときに、サイドパネルに[日誌の成績]セクションが表示されます。
  4. その他の日誌]には、1つ以上のエントリを送信済みのユーザーが表示されます。コンテンツフレームに特定のユーザーの日誌エントリを表示するには、そのユーザーの名前を選択します。最新のエントリが最初に表示されます。[次のユーザー]または[前のユーザー]矢印をクリックして、他のユーザーによるエントリを表示することもできます。エントリを送信していないすべてのユーザーを表示するには、[空の日誌を表示する]をクリックします。

    アイコンは、ユーザーのアクティビティのステータスを示します。[要採点]アイコン(感嘆符)は、日誌に設定した、採点に必要な最小限のアクティビティをユーザーが実施済みであることを示します。実行中アイコン(File:ja-jp/Learn/9.1_SP_12/Instructor/060_Course_Tools/Journals/Grading_Journals/icon_in_progress.png)は、ユーザーがアクティビティをいくつか実施してはいるものの、要採点ステータスになるために必要な最小数を満たしていない場合に表示されます。

  5. インデックス]セクションには、選択した期間内に日誌トピックに作成されたエントリのタイトルが表示されます。マイナス記号をクリックすると、タイトルリストが折りたたまれます。
  6. 凡例は、サイドパネルで使用されるアイコンの意味を示しています。これらのアイコンは、[その他の日誌]または[インデックス]セクションの新しいエントリ、コメント、採点する項目、および実行中の項目の横に表示されます。

個人の日誌エントリの採点方法

日誌の採点プロセスは、成績センタ、[要採点]ページ、および[コントロールパネル]の[コースツール]セクションから開始できます。

日誌の設定を指定するときに、[要採点]ステータスの参加者を表示するチェックボックスをオンにせずに最小エントリ数を選択すると、成績センタやトピックページでは[要採点]アイコンが表示されず、[要採点]ページには項目が表示されません。

実行中アイコン(File:ja-jp/Learn/9.1_SP_12/Instructor/060_Course_Tools/Journals/Grading_Journals/icon_in_progress.png)は、成績センタのセルと日誌に表示されます。

  • 設定した最小数に満たない受講者のアクティビティの場合。
  • [要採点]ステータスの参加者を表示するためのチェックボックスがオンになっていない場合。

次の手順を使用して、日誌エントリを採点します。

  1. 日誌のトピックページにアクセスし、サイドパネルの[その他の日誌]セクションからユーザー名を選択して、採点する日誌エントリを選択します。ユーザーの日誌エントリが、コンテンツフレームで開かれます。
  2. サイドパネルの[日誌の成績]で、[成績の編集]をクリックします。採点フィールドがサイドパネルに表示されます。
  3. 合計点を[現在の成績の値]テキストボックスに入力します。または、この採点済み日誌にルーブリックが関連付けられている場合は、[ルーブリックの表示]をクリックします。詳細については、「ルーブリック」を参照してください。
  4. オプションで、その受講者に対する[フィードバック]と[採点通知]を入力します。これは、インストラクタと採点担当にのみに表示されます。各テキストボックスの下部にあるスペルチェック機能を使用することもできます。[テキストエディタ]をクリックしてすべてのテキストエディタ機能にアクセスし、テキストを書式設定したり、URL、添付ファイル、画像、マッシュアップ、およびマルチメディアを追加したりします。
  5. 成績を保存]をクリックして、成績、フィードバック、採点通知を日誌の成績セクションと成績センタに追加します。
  6. その他の日誌]セクションの[前のユーザー]および[次のユーザー]矢印を使用して、採点するその他の日誌エントリにアクセスできます。

    -または-

    採点する日誌に[要採点]ページからアクセスした場合は、操作バーの[前を表示]および[次を表示]矢印を使用して、別のユーザーの日誌に移動することができます。

採点は、日誌の成績セクションと成績センタに反映されます。また、エントリを採点した日付、[フィードバック]、および[採点通知]も表示できます。[成績の編集]をクリックして変更できます。変更は、成績センタに反映されます。

グループ日誌の採点

グループ日誌の採点には、個人を採点するのと同じ手順を使用します。エントリが送信されると、すべてのグループメンバの名前が、採点が必要であることを示すアイコン(感嘆符)付きで表示されます。

グループ日誌に成績を付けると、グループのすべてのメンバに対してその成績が自動的に与えられ、各グループメンバの成績センタの対応する列に入力されます。貢献しているかいないかにかかわらず、すべてのメンバに対して同じ成績が割り当てられます。ただし、この採点は変更できます。

グループ日誌のすべてのエントリを閲覧し、日誌トピックページに対して1つの成績を追加できます。採点が必要なエントリがあるユーザーには、成績センタ、および[次のユーザーのエントリを表示]セクションの日誌トピックページで、[要採点]アイコン(感嘆符)が付けられます。また、グループ日誌が[要採点]ページに表示されます。

日誌の設定を指定するときに、[要採点]ステータスの参加者を表示するチェックボックスをオンにせずに最小エントリ数を選択すると、成績センタやトピックページでは[要採点]アイコンが表示されず、[要採点]ページには項目が表示されないことに注意してください。

実行中アイコン(File:ja-jp/Learn/9.1_SP_12/Instructor/060_Course_Tools/Journals/Grading_Journals/icon_in_progress.png)は、成績センタのセルと日誌に表示されます。

  • 設定した最小数に満たない受講者のアクティビティの場合。
  • [要採点]ステータスの参加者を表示するためのチェックボックスがオンになっていない場合。

受講者は自分のグループ日誌の成績を、[マイ成績表]、およびグループ日誌トピックページで名前を選択して表示できます。

個々のメンバのグループ成績の変更

個々のグループメンバの名前を選択すれば、グループとは異なる成績を個々のグループメンバに割り当てることができます。コンテンツフレームに、個々のメンバのエントリとコメントが表示されます。個々のメンバに新しい成績およびフィードバックを割り当てた後、新しい情報がサイドパネルに表示されます。個々のメンバの成績と、グループの成績の両方が表示されます。

グループメンバの成績を変更し、かつ新しいグループ成績を付与した場合は、個人の新しい成績は新しいグループ成績の影響を受けません。個人の新しい成績は、グループの他のメンバには表示されません。

成績センタの列には、グループの成績と個々のグループメンバの編集済みの成績が表示されます。この列は、採点したグループ日誌を有効にしたときに自動的に作成されたものです。

グループに属していないコースメンバの[グループ日誌]列では、セルが灰色で表示されます。

メンバの編集済み成績を元に戻す方法

メンバの編集済み成績を、すべてのグループメンバが受け取っている元のグループ成績に戻すことができます。ユーザーを選択すれば、[グループ日誌]ページで変更した成績を編集できます。

  1. 成績センタで、メンバの[成績の詳細]ページにアクセスします。
  2. メンバのグループ成績を編集すると、[グループの成績に戻す]機能が表示されます。[グループの成績に戻す]をクリックします。
  3. OK]をクリックします。メンバの成績が元のグループの成績に変更されます。
  4. 成績センタに戻る]をクリックして[成績センタ]のメインページに戻り、編集された成績列を表示します。成績の変更は、グループ日誌ページで受講者の名前を選択して表示することもできます。

グループの削除

グループが不要になった場合には、グループを削除できます。グループに採点可能な項目がある場合は、[削除の確認]ページが表示されます。必要なグループ成績を維持できます。[削除の確認]ページでは、維持する必要がある列のチェックボックスをオンにしないでください。