メインコンテンツまでスキップ
pdf?stylesheet=default
Blackboard Help

コースのメッセージ

コースメッセージは、コース内やコースメンバ間で行われる非公開のテキストベースのコミュニケーションです。これらはセキュリティ保護されています。電子メールと似ていますが、コースにログインしないとメッセージを読むことも送信することもできません。電子メールツールよりも、メッセージツールを使用する方が信頼性が高くなることがあります。受講者の電子メールアドレスが間違っている場合や無効な場合にも、コースのコミュニケーションに影響しません。

コースメッセージは、My Blackboardを使用して送信するメッセージとは異なります。詳細については、「メッセージについて」を参照してください。

受講者に新しいコースメッセージがある場合でも、通知はされません。受講者には、新しいメッセージを定期的にチェックするようアドバイスしてください。受信および送信したメッセージは、コースメッセージツールに保存されます。

コースメッセージは、フォルダ分けして整理したり、開封済みまたは未開封としてマークしたりできます。また、削除することもできます。メッセージ領域には2つのフォルダ([受信トレイ]と[送信済み])がありますが、これらの名前は変更も削除もできません。

ユーザーにパーソナルフォルダの作成を許可するかどうかは、学校側が選択できます。デフォルトでは、ユーザーはパーソナルフォルダを作成できません。

コースメッセージの送信方法

  1. コースメニューで[ツール]リンクをクリックします。[ツール]ページで[コースのメッセージ]を選択します。

    -または-

    コントロールパネル]で[コースツール]セクションを展開し、[コースメッセージ]を選択します。

  2. コースのメッセージ]ページで、操作バーの[メッセージの作成]をクリックします。
  3. メッセージの作成]ページで、[宛先]を選択するとコースメンバのリストが表示されます。
  4. 受信者の選択:送信先行]ボックスから受信者を選択し、右矢印をクリックして[受信者]ボックスに移動させます。CcおよびBcc機能を使用して、メッセージに関心があると考えられるが主要な受信者ではないユーザーに対して、メッセージを送信することができます。Bccを使用すると、他の受信者は、Bccフィールドに表示されたユーザーがメッセージを受信したことがわかりません。

    Windowsでは、行内の複数のユーザーを選択するには[SHIFT]キーを押し、最初のユーザーと最後の名前をクリックします。連続していないユーザーを選択するには、[Ctrl]キーを押ながら必要な名前をそれぞれクリックします。Macシステムの場合は[Ctrl]キーの代わりに[command]キーを押します。また、[すべて選択]機能を使用して、すべてのコースメンバを選択することもできます。

  5. 件名]を入力します。
  6. 本文]を入力します。コンテンツエディタの機能を使用して、テキストの書式設定、およびファイル、画像、Webリンク、マルチメディア、マッシュアップの追加ができます。コースファイルまたはContent Collectionからのみファイルを添付できます。
  7. 送信]をクリックします。

コースメッセージの表示方法と転送方法

  1. コースのメッセージ]ページでフォルダを選択します。
  2. フォルダ]ページで、メッセージの[件名]列に表示されるリンクをクリックします。
  3. 別の送信先にメッセージのコピーを送る場合には、[メッセージの表示]ページの[転送]をクリックします。
  4. メッセージの転送]ページで、受信者を[受信者の選択:送信先行]ボックスから選択し、右矢印をクリックして[受信者]ボックスに移動させます。

    Windowsでは、行内の複数のユーザーを選択するには[SHIFT]キーを押し、最初のユーザーと最後の名前をクリックします。連続していないユーザーを選択するには、[Ctrl]キーを押ながら必要な名前をそれぞれクリックします。Macの場合は[CTRL]キーの代わりに[COMMAND]キーを押します。また、[すべて選択]機能を使用して、すべてのコースメンバを選択することもできます。

  5. 送信]をクリックします。

コースメッセージフォルダの作成方法

学校側がパーソナルフォルダの作成を許可している場合、これらのフォルダを作成してメッセージを整理できます。パーソナルフォルダは、メッセージの保存にのみ使用されます。受信したメッセージは、最初は必ず[受信トレイ]フォルダに表示されます。また、送信したメッセージは必ず[送信済み]フォルダに表示されます。メッセージの表示後に、メッセージをパーソナルフォルダに移動できます。

  1. コースメッセージ]ページで、操作バーの[フォルダの作成]をクリックします。
  2. フォルダの追加]ページで、新しいパーソナルフォルダの名前を[名前]ボックスに入力します。
  3. 送信]をクリックします。

コースメッセージの移動方法

メッセージを任意のフォルダからパーソナルフォルダに移動することができます。メッセージを整理して、後で見つけやすくするには、パーソナルフォルダを使用するのが良い方法です。メッセージはSentフォルダ、または、Inboxフォルダには移動できません。

  1. コースメッセージ]ページで、メッセージが含まれるフォルダを選択します。
  2. フォルダ]ページで、各メッセージのチェックボックスをオンにし、[移動]をクリックします。
  3. メッセージの移動]ページで、[パーソナルフォルダを選択します]ドロップダウンリストからフォルダを選択します。このフォルダが、メッセージを格納するフォルダになります。メッセージは、新しいフォルダに移動後、古いフォルダから削除されます。
  4. 送信]をクリックします。

コースメッセージの削除方法

  1. コースメッセージ]ページで、メッセージが含まれるフォルダを選択します。
  2. フォルダ]ページで、各メッセージのチェックボックスをオンにし、[削除]をクリックします。メッセージの削除操作は元に戻せません。

コースメッセージの印刷方法

  1. コースメッセージ]ページで、メッセージが含まれるフォルダを選択します。
  2. フォルダ]ページで、メッセージの[件名]列に表示されるリンクをクリックします。
  3. メッセージの表示]ページで[印刷]をクリックします。Webブラウザの印刷設定を使用して、メッセージが印刷されます。

コースメッセージのリンクをコースメニューに追加する方法

コースメッセージツールへの受講者のアクセスを促進するには、ワンクリックでツールにアクセスできるように、コースメニューにリンクを追加します。リンクの名前は必要に応じてカスタマイズすることができます。

  1. 編集モード]を[オン]に変更して、コースメニューの上にあるプラス記号を選択します。[メニュー項目の追加]ドロップダウンリストが表示されます。
  2. ツールリンク]を選択します。
  3. リンクの名前を入力します。
  4. タイプ]ドロップダウンリストから[メッセージ]を選択します。
  5. ユーザーが利用できるようにする]チェックボックスをオンにします。
  6. 送信]をクリックします。

新しいツールリンクがコースメニューのリストの最後に表示されます。矢印アイコンを押しながらドラッグして、リンクを新しい位置に移動します。リンクの名前変更や削除を行ったり、受講生に対してリンクを非表示にしたりするには、メッセージのコンテキストメニューにアクセスします。