メインコンテンツまでスキップ
pdf?stylesheet=default
Blackboard Help

コース構造に関するよくある質問

よくある質問のコレクションには、コース構造に関してよくある質問に対する答えが掲載されています。Blackboardヘルプに含まれている詳細情報へのリンクもあります。

コース構造を使用する理由

コース構造を使用すれば、選択した指導方法向けに設計されたコースメニューリンクと関連コンテンツを含めることができ、コースの構築プロセスをすばやく開始することができます。コンテンツの例を独自のコンテンツのテンプレートとして使用できます。経験を積んだBlackboard Learnインストラクタであっても、コース構造の中に新しいアイデアを見つけることがあります。

コンテンツの例を含める必要がありますか?

コンテンツの例には、教育上の情報、指示、およびコース項目が含まれています。Blackboard Learnを使用した経験がある場合でも、教育上の情報とコンテンツの例から、ツールや新しいアプローチに関するアイデアが得られることがあります。

受講者はコンテンツの例を使用できませんが、インストラクタは編集、移動、コピー、削除できます。

コースにおいて受講者に表示される情報と表示されない情報は、どのようにして判断できますか?

必ず、受講者としてコンテンツをプレビューしてください。受講者用の表示に切り替えるには、コースの右上にある[編集モード]を[オフ]にします。受講者に表示したくない項目が表示された場合、編集モードオンにし、項目を利用不可にするか削除します。ツールへのリンクをコンテンツエリアに含めた場合、受講者がアクセスできるようにするには、ツールのコンテンツを利用可能にする必要があります。

可能であれば、疑似受講者としてログインして、受講者にはコースが実際にどのように表示されるかを試してください。どこから始めたらよいかわかりますか?指示は完成しましたか?次に何を行うべきかわかりますか?できるだけ少ないクリックで必要な情報にアクセスできますか?

オンラインコンテンツをすでに準備している場合はどうなりますか?

コース構造は、コースに追加されるものであり、既存のコンテンツは置き換えられません。コースに構造を追加し、すでに作成したコンテンツを表示する新しい方法を見つけるには、コンテンツの例を含めます。

どうすれば受講者が利用可能なツールを制限できますか?

ツール]ページにアクセスすると、受講者に表示されるツールを制御できます。たとえば、コースのメッセージツールを使用しない場合は利用不可にします。再度利用可能にするまで、自分も含めてだれも表示したりアクセスすることができなくなります。ツールが利用不可の場合、既存のコンテンツは削除されません。ツールを利用可能な状態に戻すと、それらのコンテンツは利用可能になります。

コースで受講者が利用可能なツールを決定する場合は、次の手順に従います。

  1. コントロールパネルで[カスタマイズ]セクションを展開し、[ツールのアクセス設定]を選択します。
  2. ツールアクセス設定]ページで、必要に応じてアクセス設定を調整します。
    1. ツールを利用可能にするには、ツールのチェックボックスをオンにします。
    2. ツールを利用不可にするには、ツールのチェックボックスをオフにします。
  3. 送信]をクリックします。

ツールの選択チェックボックスが表示されない場合、学校側がオフにしています。列にダッシュ(-)があるツールは、アクセス設定はできません。

詳細については、「ツールのアクセス設定の管理」を参照してください。

コンテンツ項目は、どのようにしてコピーまたは移動しますか?

コンテンツの項目をコピーおよび移動して、コース教材の配置を替えることができます。たとえば、コース領域に多数の項目が含まれている場合、ユーザーがナビゲートしやすくなるよう、それらの項目をフォルダに移動します。

一部のコンテンツ項目では、コピーと移動に制限があります。たとえば、コースリンクはコピーまたは移動できますが、コピーまたは移動の宛先となる場所は同じコースの別の領域に制限されます。課題、テスト、およびアンケートをコピーすることはできませんが、同じコース内には移動できます。

  • コンテンツをコピーしても、コース内の元の場所からは削除されません。
  • コンテンツを移動すると、コース内の元の場所から削除されます。

コピーできない項目のコンテキストメニューには、[コピー]オプションは表示されません。

テストなどの別のコースに移動できない項目がコース領域に含まれている場合、[移動]ページに別のコースに移動するオプションは表示されません。

  1. 編集モード]を[オン]に変更します。
  2. コピーまたは移動する項目を含むコンテンツエリア、ラーニングモジュール、授業計画、またはフォルダにアクセスします。
  3. コピーまたは移動する項目の操作リンクをクリックし、コンテキストメニューにアクセスします。
  4. コピー]または[移動]を選択します。その項目に[コピー]または[移動]が利用できない場合は、コンテキストメニューに表示されません。
  5. コピー]ページまたは[移動]ページで、ドロップダウンリストから[宛先コース]を選択します。デフォルト設定は現在のコースです。インストラクタに設定されている担当にコンテンツのコピーが許可されているコースのみが、リストに表示されます。現在のコースから移動できない項目の場合、リストに[宛先コース]が現在のコースとしてすでに表示されており、ドロップダウンリストは表示されません。
  6. 参照]をクリックして、宛先フォルダを選択します。
  7. 送信]をクリックします。

詳細については、「コース領域およびコンテンツの編集と管理」を参照してください。

「構成中」のコース領域があり、受講者が使用する準備ができていない場合はどうなりますか?

計画は、コースの作成における最も重要な側面です。コースに含める内容の概要を作成し、コンテンツを作成してテストし、指導方法に関するフィードバックを得ます。

場合によっては、クラスの初日までにすべてのコンテンツを準備してテストできないことがあります。戦略として、クラスの最初の数週間分のコンテンツを準備およびテストして、そのコンテンツだけ受講者が利用できるようにすることを検討してください。作業中のすべてのコンテンツエリアを非表示にします。利用可能にした教材で受講者が作業しているとき、コンテンツの次の部分を作成してテストできます。

受講者用の表示でコースを参照し、意図したコース領域のみ表示されることを確認します。受講者用の表示に切り替えるには、コースの右上にある[編集モード]を[オフ]にします。