メインコンテンツまでスキップ
pdf?stylesheet=default
Blackboard Help

コース構造:週単位

時間順にコンテンツを整理すると、受講者が進捗を管理しやすくなります。[前の週]で、コースの週ごとにフォルダを作成します。各週のフォルダ内にあるコース教材は、操作が容易になるように一定のレイアウトで、類似のコンテンツ項目、アクティビティ、およびツールを含める必要があります。受講者が必要になるまで、将来の週のフォルダを利用不可にしておくことができます。

週ごとに、コースメニューの[現在の週]リンクを変更して、現在の週のフォルダをポイントするようにします。この結果、受講者は選択する週を決定しなくても、週のアクティビティに1回のクリックでアクセスできるようになります。

コースの対話]を使用して、質問に答えます。[アイデアの共有]ブログでは、受講者がクラスメイトとつながり、コース教材に対する理解を示すことができます。[週単位の日誌]では、受講者が学習内容を考察したり、インストラクタと個人的にやり取りしたりできます。

この構造は、受講者が同じペースでコンテンツを移動する必要があるコースに適しています。

開始しますか?

このトピックを印刷しておくと、コースを構築する際に参照できます。また、「コース構造の使い方」を印刷して、参照用に使用してもかまいません。

コースメニューとはどのようなものですか?

コースメニューの使用

次の表では、週単位コース構造に含まれているコンテンツエリアとコースツールについて説明します。

週単位コース構造内のコンテンツエリアとコースツール
コンテンツタイプ 説明
現在の週 現在の週]は、その週のコースアクティビティに、受講者が1回のクリックでアクセスできるコースリンクです。

週ごとに、このコースリンクを変更して、その週のフォルダの場所をポイントするようにします。[前の週]コンテンツエリアには、各週のコンテンツのフォルダが含まれています。

詳細については、「コース領域でのコンテンツの作成」を参照してください。

計画表 カスタマイズ可能なモジュールページを使用すると、受講者は、[連絡事項]、[マイ予定表]、[To Do]、[新機能]、[マイタスク]など、現在のコース情報の概要を1か所から参照できます。

詳細については、「通知ダッシュボードの表示」を参照してください。

コースの対話 コースの対話]ディスカッションフォーラムを使用すると、その週のトピックの質問を提示できます。投稿に返信したり、フォーラムを採点して受講者に参加を求めることで、対話を促します。非公式の対話にディスカッションを使用し、受講者が質問して、コースに関する互いの質問に答えることもできます。

詳細については、「掲示板について」を参照してください。

アイデアの共有 受講者は、[アイデアの共有]を使用して、各週のコース教材についての理解を示します。ブログのトピックを受講生に与えたり、独自の質問やアイデアを調べさせることができます。受講者に互いのエントリにコメントし、会話を広げるように促します。

詳細については、「ブログ」を参照してください。

週単位の日誌 週単位の日誌]エントリでは、受講者と個別にやり取りしたり、受講者について知ることができます。エントリとコメントは、インストラクタと受講者だけが参照でき、自分の経験を個人的に考察たり、採点済みの作業を提出する前にフィードバックを受け取ったり、質問したりすることができます。

詳細については、「 日誌」を参照してください。

シラバス シラバス]コンテンツエリアに、受講者が学期中にアクセスできる教材を表示します。評価基準、その週のスケジュール、教科書情報、重要な日付など、シラバスや他の基本情報を含めます。

詳細については、「コース領域でのコンテンツの作成」を参照してください。

前の週 前の週]コンテンツエリアで、コースの週ごとにフォルダを作成します。この領域からは、以前のコンテンツすべてにアクセスできますが、受講者が1回のクリックで現在の週のフォルダにアクセスできるようにするには、[現在の週]コースメニューリンクを使用します。

各フォルダ内にあるコース教材は、操作が容易になるように一定のレイアウトで、類似のコンテンツ項目、アクティビティ、およびツールを含める必要があります。その週のスケジュール、関連する記事またはWebサイトへのリンク、アクティビティの指示、課題、およびテストを含めます。将来の週のフォルダは、必要になるまで利用不可にします。

詳細については、「コース領域でのコンテンツの作成」を参照してください。

さらに踏み込んだ学習 さらに踏み込んだ学習]コンテンツエリアでは、受講者が詳しく学習できるように追加の教材を共有できます。特定のWeb記事や推薦図書を示すことで、受講者が各週に受けた情報についての知識を深めることができるようにします。また、受講者はこれらのリソースを使用して、プロジェクトや論文に関するトピックを見つけることもできます。

詳細については、「コース領域でのコンテンツの作成」を参照してください。

担当インストラクタ 担当インストラクタ]で、自分、コースに参加する他のインストラクタ、ティーチングアシスタント、およびゲスト講師のプロファイルを作成します。電子メールアドレス、電話番号、営業時間、住所などの連絡先情報を含めます。

詳細については、「連絡先」を参照してください。

マイ成績表 受講者は、[マイ成績表]ページで、課題、テスト、ブログエントリ、ディスカッションへの投稿など、採点可能な項目のステータスを見ることができます。

詳細については、「マイ成績表」を参照してください。

ツール 受講者が1つのページで利用可能なすべてのコースツールにアクセスできるようにします。簡単にアクセスできるように、よく使用されるコースツールをコースメニューに追加します。

詳細については、「ツールのアクセス設定の管理」を参照してください。

ヘルプ Blackboardヘルプには、操作情報が検索可能な形式で含まれています。追加のサポートが必要な受講者は、学校のコンピュータヘルプデスクにお問い合わせください。

コンテンツエリアとツールへのリンクを名前変更、削除、非表示、または追加することで、コース構造をカスタマイズします。