メインコンテンツまでスキップ
pdf?stylesheet=default
Blackboard Help

コース構造:指導付き意見交換

指導付き意見交換は、思考の代替方法の調査、トピックへの接続、分析スキルの向上を受講者に促す、自己参加型の学習方法です。

受講者は、参加時、コーストピックに関する知識と理解を示し、教材に対する深い理解を進めます。誘導する質問をすると、受講者は一緒にコンテンツを作成できるので、インストラクタは講師ではなく情報の進行役となることができます。

クラスの会話の大部分は[意見交換]フォーラムで行われますが、受講者の小チームが[グループでの考察]で作業すると、受講者が知識を構築する(得るのではなく)とき互いの意見交換を増やすことなります。受講者はコースのコンテンツを考察したり、[My日誌]でインストラクタと個人的にやり取りしたりできます。

このコース構造は、受講者が会話をとおして基礎知識を広げることができる中級および上級の人文科学や社会科学に適しています。

開始しますか?

このトピックを印刷しておくと、コースを構築する際に参照できます。また、「コース構造の使い方」を印刷して、参照用に使用してもかまいません。

コースメニューとはどのようなものですか?

コースメニューの使用

次の表では、指導付き意見交換コース構造に含まれているコンテンツエリアとコースツールについて説明します。

指導付き意見交換コース構造内のコンテンツエリアとコースツール
コンテンツタイプ 説明
意見交換 受講者との会話の大部分は、[意見交換]フォーラムで行われます。採点可能なディスカッションフォーラムとスレッドを作成すると、受講者の正式評価の基盤として使用できます。受講者がコース教材を深く理解して、基本的な思考スキルを鍛えることができるような質問を作成します。

詳細については、「掲示板について」を参照してください。

対話 追加のクラスミーティング、非同期コースでのリアルタイムのやり取り、および仮想営業時間には、[対話]のテキストベースのライブチャット機能を使用します。[対話]で思索を展開させるディスカッションが出たら、チャットセッションをスケジュールして、受講者が意見交換ライブを続行できるようにします。提示された解決法や意見を受講者が広げることができるディスカッション用の質問によって、セッションをフォローアップします。

詳細については、「チャット」を参照してください。

My日誌 My日誌]エントリで、受講者にディスカッションと自分の経験を考察してもらいます。これは、インストラクタとのプライベートコミュニケーションであるため、受講者はディスカッションに投稿する前に内容に関するフィードバックを受け取ったり、ディスカッションの進展についてどう感じているかをインストラクタに伝えることができます。インストラクタが受講者と個人的にやり取りして受講者ついて知ると、受講者がコースのディスカッションフォーラムに安心して参加できるようになる可能性があります。

詳細については、「 日誌」を参照してください。

グループでの考察 受講者がともに知識を構築する小さいセクションには、[グループでの考察]でプライベートな共同作業スペースを作成します。たとえば、グループごとに理論を調査し、状況に適用する方法を残りのコースメンバに示すことができます。学期中、新しいプロジェクトではグループの構成とサイズを変更できます。小グループごとに各グループの掲示板でアイデアを作成した後で、クラスは[意見交換]に再び集まり、さまざまな観点を共有できます。

詳細については、「コースグループとツール」および「グループの作成」を参照してください。

参照 参照]コンテンツエリアでは、[意見交換]に参加するためのガイドラインを共有し、詳細を学習したいと思っている受講者に追加のリソースを提供できます。ディスカッションフォーラムで提起した質問に関する意見をまとめるのに役立つ推薦図書やインターネット記事を受講者に紹介します。

詳細については、「コース領域でのコンテンツの作成」を参照してください。

ダッシュボード カスタマイズ可能な[ダッシュボード]モジュールページでは、受講者に対して、[連絡事項]、[マイ予定表]、[しなければならないリスト]、[最新情報]、[マイタスク]など、現在のコース情報の概要が提示されます。

詳細については、「通知ダッシュボードの表示」を参照してください。

コースの概要 コースの概要]コンテンツエリアに、受講者が学期中にアクセスできる教材を表示します。ディスカッションへの投稿の評価方法、教科書情報、重要な日付など、シラバスや他の基本情報を含めます。チャットセッションが必須の場合、必ず日付をリストにして、受講者が自分のスケジュールを調整できるようにします。

詳細については、「コース領域でのコンテンツの作成」を参照してください。

担当者 担当者]で、自分、コースに参加する他のインストラクタ、ティーチングアシスタント、およびゲスト講師のプロファイルを作成します。電子メールアドレス、電話番号、営業時間、住所などの連絡先情報を含めます。

詳細については、「連絡先」を参照してください。

マイ成績表 受講者は、[マイ成績表]ページで、採点可能なディスカッションへの投稿や他の課題のステータスを見ることができます。

詳細については、「マイ成績表」を参照してください。

ツール 受講者が1つのページで利用可能なすべてのコースツールにアクセスできるようにします。簡単にアクセスできるように、よく使用されるコースツールをコースメニューに追加します。

詳細については、「ツールのアクセス設定の管理」を参照してください。

ヘルプ Blackboardヘルプには、操作情報が検索可能な形式で含まれています。追加のサポートが必要な受講者は、学校のコンピュータヘルプデスクにお問い合わせください。

コンテンツエリアとツールへのリンクを名前変更、削除、非表示、または追加することで、コース構造をカスタマイズします。