メインコンテンツまでスキップ
pdf?stylesheet=default
Blackboard Help

コースコンテンツフォルダの管理

コースコンテンツの編成

管理者は、Content Collectionのコースフォルダを教員、コンテンツ設計者、または受講者に利用可能にするかどうかを検討することがよくあります。

/coursesまたは/organizationsフォルダを使用する

/coursesフォルダおよび/organizationsフォルダは、以下のようにいくつかの用途に使用できます。

  • 共有文書を作成して共有する教員、ティーチングアシスタントおよびコース作成者のサンドボックスとして使用する。これは、コースメンバーと共有するコース内からリンクできます。
  • 一部のコースコンテンツについて、受講者が直接アクセスまたは共同で作業するためのスペースとして使用する。
  • ある部門で教育にあたっているすべての教員、または特定の研究トピックに興味があるすべての教員など、幅広いユーザーグループにワークスペースおよび文書へのアクセスを提供する。

/coursesまたは/organizationsフォルダをサンドボックスとして使用する

コースフォルダは、各コースのインストラクタ、ティーチングアシスタント、およびコース作成者が文書を作成して共有するためのサンドボックスとして使用できます。追加のアクセス権を適用する必要はありません。これらの役割は、初期設定で、コースのフルアクセス権があります。

コンテンツがコースフォルダに作成された後、そのコンテンツにコース内からリンクして、コースメンバーと共有できます。

受講者がコースまたは組織・グループフォルダにアクセスできるようにする

教員は、受講者がグループプロジェクトで共同で作業したり共同作業用の文書に書き込めるように、受講者にコースフォルダへのアクセス権を付与したい場合があります。このような場合、アクセス権を、コースIDを使用して名前が付けられているコースの最上位フォルダまで拡張する必要があります。サブフォルダは、プライベートなフォルダから受講者のアクセス権を削除して、選択的に利用不可にすることもできます。

Content Collectionの保管場所、ワークスペース、およびアクセス権を提供する

現実的には、多くの学校には、同じコンテンツへのアクセス権が必要な、同じコースまたは組織・グループのメンバではないユーザーのグループが存在します。

これを可能にするために、管理者は、「BotanyLevel1」のように存在しないコースについてコースIDまたは組織・グループIDを作成して、そのトピックのコンテンツを使用するすべてのユーザーをインストラクタ、コース作成者、または受講者としてコースに登録できます。

このコースをどのように設定できるかの例を以下に示します。

  • コンテンツマネージャおよび教員の役割をコースに提供し、すべてのコンテンツの管理権を付与します。これにより、そのコースから教材にリンクできるようになります。
  • コンテンツ作成者に、コースのコース作成者の役割を与え、すべてのコンテンツへの書き込み権を付与します(コースのデフォルトの管理権を削除するか、コースフォルダの読み取り権および書き込み権を持つ新しいポータル役割を作成します)。
  • コンテンツコンシューマ(教員)が、そのコースから教材に直接リンクする場合、そのコースの教員である必要があります。そうでない場合、教材を表示する読み取り権のみが必要です。リンクするには、独自コースフォルダに教材をコピーします。

コースを利用不可にして、コースがContent Collectionの/courses領域からはアクセスできるが、e-Reserve、またはコースカタログやコースポータルモジュールからアクセスできないようにします。

コースIDが削除されない限り、コースフォルダは、Content Collectionに表示されます。このモデルでは、個々のコースのスケジュールに関係なくコンテンツにアクセスできます。

フォルダをコースコンテンツエリアに作成する

コースおよび組織・グループフォルダは、既存のID(コースIDおよび組織・グループID)を使用して、サブフォルダを作成します。たとえば、コースにBiology100というコースIDがある場合、Content Collectionのコースフォルダは、自動的にBiology100という名前になります。フォルダをコースまたは組織・グループの最上位フォルダに手動で追加することはできませんが、特定のコースまたは組織・グループフォルダ内で[フォルダの追加]を使用してサブフォルダを追加することはできます。

コースコンテンツエリアにアクセスする

管理者は、コースフォルダへのアクセス権を考慮する必要があります。デフォルトでは、システムは、教員、ティーチングアシスタントおよびコース作成者にフルアクセス権を付与するように設定されています。つまり、これらのいずれかのユーザーが[Content Collection]タブを最初にクリックしたときに、フォルダが作成されます。

これらのデフォルトの担当指定は、管理者パネルの[コンテンツエリア管理]をクリックし、[初期設定フォルダ作成設定]をクリックし、さらに/coursesフォルダのコンテキストメニューで[編集]を選択して編集できます。追加のコース役割を選択すると、これらのユーザーにフルアクセス権が付与されます。受講者などのユーザーに、ある領域の読み取り権のみが必要な場合、コースフォルダが生成された後で、個々のコースの[管理権]フォルダで、アクセス権を変更する必要があります。