メインコンテンツまでスキップ
pdf?stylesheet=default
Blackboard Help

コンテンツの共有と検索

コンテンツを共有および検索するためのツールについて

コンテンツの共有や、共有されているコンテンツの検索には、多数のツールを利用することができます。これらのオプションは、共有されているフォルダのレベル、たとえば最上位フォルダに対してサブフォルダで許可されている権限によって異なります。フォルダが共有されている場合、権限はフォルダ内のすべてのコンテンツに許可されていることに留意してください。

フォルダの検索

フォルダの検索]オプションでは、ユーザーは許可されている最上位フォルダを検索できます。たとえば、他のユーザーからそのユーザー名フォルダに対する読み取り権を許可されている場合などです。ユーザーが最上位フォルダのアクセス権を付与された場合、ユーザーは[フォルダの検索]オプションを使用してフォルダを検索し、Content Collectionメニューにそのフォルダを追加することができます。これにより、ユーザーは定期的にフォルダに簡単にアクセスすることができます。

ユーザーは最上位フォルダを他のユーザーと共有した後で、フォルダ内のコンテンツのアクセス許可を調整し、このユーザーがアクセス可能なコンテンツを制限することができます。たとえば、ユーザー名フォルダの読み取り権をユーザーに付与します。次に、このユーザーには表示しないフォルダを開いて、コンテンツの読み取り権を削除します。ユーザーは依然として[フォルダの検索]機能を利用できますが、表示できるのはフォルダ内の特定のコンテンツのみとなります。

検索

検索]を使用すると、ユーザーは共有化されているすべてのファイルとフォルダを検索できます。検索を実行すると、そのユーザーが許可されている項目だけが返されます。ネストされたフォルダ(最上位ではないフォルダ)に権限が付与される場合、ユーザーはフォルダを検索してブックマークを付けられます。[フォルダの検索]オプションはネストされたフォルダでは使用できません。

指定先へ移動

指定先へ移動]では、ユーザーはContent Collectionで共有されている特定のフォルダに直接移動することができます。これによってユーザーは時間を節約することができ、パスを入力してフォルダを開くと同時に、場所をブックマークに設定することができます。

ブックマーク

ブックマークを使用すると、複数のフォルダを経由することなく、頻繁に使用するコンテンツに迅速にアクセスすることができます。ブックマークは、ユーザーの必要に応じて複数のフォルダおよびサブフォルダに分類できます。このツールは、ネストされたフォルダではフォルダの検索ツールが使用できないため、ネストされたフォルダに権限を許可する場合に便利です。

ワークフローアクティビティ

ある項目に対してユーザーがアクションを行う、またはそれに応答することが想定されている場合、項目と一緒にワークフローアクティビティを送信すると便利です。ワークフローアクティビティが作成されると、項目を共有するユーザーが選択され、権限が許可されます。これらのユーザーに対してこの項目が共有されていること、またワークフローアクティビティが一緒に添付されていることを記載した、電子メールを送信するオプションを選択することもできます。

パス

パスは、特定の回数だけユーザーとファイルを共有できるようにする場合に使用します。これは、システムアカウントを持たないユーザーとファイルを共有する場合に特に便利です。パスが作成されたら、ユーザーは、パスによってファイルの読み取りを許可するか、読み取りおよび書き込みを許可するかを決めます。パスに割り当てられた回数を超えると、ユーザーはそのファイルにアクセスできなくなります。

ポートフォリオ

ポートフォリオを使用すると、ユーザーはファイルを収集し、これをカスタムWebページ内で編成できます。次にこれらのポートフォリオを、個人またはユーザーのグループに提示することができます。ユーザーは、ポートフォリオにリンクされたファイルに対して許可する権限について考慮することが重要です。他のユーザーがポートフォリオにリンクされているファイルに対して読み取り以外のアクセス権を持っている場合、そのファイルが編集または削除されてしまい、ポートフォリオユーザーにとって問題となる可能性があります。