メインコンテンツまでスキップ
pdf?stylesheet=default
Blackboard Help

カスタマイズした認証ページフローの設定

このトピックでは、Blackboard Learnでのページ間のルーティングのカスタマイズ方法について説明します。学校は、カスタムログインページをBlackboard Learnサーバーにアップロードするか(システムコントロールパネルの[ログインページのカスタマイズ]リンクを使用)、またはHttpAuthModuleインターフェイスにrequestAuthenticate()メソッドを実装して、ルーティングをカスタマイズできます。

システムコントロールパネルの[ログインページのカスタマイズ]機能を使用することで、管理者はログインページ用のテンプレートをダウンロードし、変更したテンプレートをサーバーにアップロードできます。これにより、管理者はBlackboard Learnがホストするログインページにさらにスクリプト機能を追加できます。

Blackboard Learnログインページをカスタマイズしようとする学校は、ページのJSPタグを削除しないでください。

requestAuthenticate()の実装

ログインページのカスタマイズ]機能を使用するのではなく、別のアプリケーションによりホストされているページのログインフォームにリダイレクトさせる場合は、HttpAuthModuleインターフェイスに自動メソッドrequestAuthenticate()を実装してください。

認証を正常に機能させるには、別のアプリケーションがホストするページ上のログインフォームは、教育機関のURLのログインブローカーにフォームを送信する必要があります。たとえば、「http://another.institution.com」でホストされるログインページは、ログインフォームをURL「http://your.institution.edu/webapps/login」に送信する必要があります。

オリジナルのターゲットURLへのリダイレクト

ユーザーがBlackboard LearnにリンクするブックマークされたURLをクリックし、そのユーザーが現在認証されていない場合、アプリケーションは、オリジナルの要求されたURLを保存して、ユーザーをログインブローカーURLに送ります。ログインブローカーは、アプリケーションの残りがオリジナルの要求されたURLを、隠しフォームの変数またはnew_locというクエリ文字列パラメータのいずれかのURLエンコード形式で保存することを要求します。Blackboard Learnサーバーにアップロードされた任意のカスタムログインページ、またはrequestAuthenticate()のリダイレクト先である任意のサードパーティスクリプトページは、この規則にも従う必要があります。この規則に従わない場合、Blackboard Learnはデフォルトの入力ページを表示します。