メインコンテンツまでスキップ
pdf?stylesheet=default
Blackboard Help

通知システムについて

通知システムは、Blackboard Learnユーザーへ通知を配信するフレームワークです。課題が作成される、アンケートが提出される、テストが期限切れになるといったイベントがシステムに発生すると、通知システムは利用可能な通知メソッドを1つあるいは複数使用してすべてのユーザーに通知します。すべての利用可能な通知の一覧については、「通知タイプ」を参照してください。

このシステムについて最初に理解するべき、もっとも重要な事は、関連するイベントが発生すると必ず有効な通知はすべて自動生成されることです。たとえば、インストラクタが課題を作成して、受講者がこれを利用できるようになると、システムは自動的に適切な通知を作成します。インストラクタがアクションを起こす必要はまったくありません。

一度生成された通知はすぐに通知モジュールの受信者に表示されます。通知モジュールは、個別のユーザーに通知の詳細を表示するユーザーインターフェイス要素です。これらのモジュールは、特定のコースのユーザー通知を表示するコースのホームページに表示されます。

学校にCommunity Engagementがライセンス付与されている場合、すべてのコースの通知が通知ダッシュボードに表示されます。

システムは、電子メールやその他の通信メカニズムで通知を配信することもできます。配信はデフォルトでは無効に設定されています。有効になると、設定可能なスケジュールに従って定期的に通知を送信します。詳細については、「通知パフォーマンス」の通知の配信タスクを参照してください。

管理者が設定するパラメータの範囲において、個別のユーザーは受信する通知を設定し、通知の受信方法を選択できます。

通知の作成時

大まかにいって、通知は2つの状況で作成されます。

  1. リアルタイムのイベントにすぐに応答する。たとえば、課題の作成時、テストの成績をつけるとき、あるいはアンケートの提出時などです。一般的に、これらのイベントは単独の通知を作成します。
  2. ユーザーがコースに追加されるとき。これにより、新しいイベントは作成されませんが、新しい受信者が既存のイベントに追加されます。
  3. 何らかのコンテキストの交換イベントに応じて。コースのインポート/コピー時、あるいはユーザーがスナップショットを使用する既存のコースに追加されるときなど。これらのイベントは、一般に複数のイベントを作成します。これは、一般に一括通知と呼ばれます。

この中で、一括通知のメカニズムがもっとも複雑です。詳細については、「一括通知」を参照してください。

通知を利用可能にする方法

通知は次の二通りの方法で受信者に対して利用可能となります。

  1. オンライン:通知はコースのホームページに表示されます。Community Engagementがライセンス付与されている場合、あらゆるコースのユーザー通知を表示するシステムレベルのページである通知ダッシュボードで表示されます。
  2. 配布:通知は1つあるいは複数の配信メカニズムから送信できます。ほとんどの場合は、電子メールを使用します。

通知は利用可能になるとすぐに通知モジュールにオンラインで表示されます。このタイムラインはキャッシュの設定の対象となります。配信は、複数の設定可能な編集によって定期的に行われます。キャッシュおよび設定可能な変数の詳細については、「通知パフォーマンス」を参照してください。

また、これらの通知のすべてはデフォルトで自動的に作成されます。たとえば、インストラクタは期日のある課題を作成すると、そのコースのすべての受講者に課題利用可能課題の期日の通知が自動的に送信されます。

通知の優先度の指定方法

通知は3段階の優先度に応じて配信されます。

  1. 新規コース登録の通知。受講者は、自分が登録されているコースを知らせる通知を受信します。
  2. 課題など、期日を含む通知。
  3. 掲示板の投稿など、期日を含まない通知。

通知は上記の順序で処理され、次に期日が近い順に処理されます。

通知が利用可能になるとき

通知は関連する項目が利用可能になるとすぐにユーザーの通知モジュールに表示され、配信がスケジュールされます。つまり

  • 項目に開始日が指定されている場合、通知は開始日が来るまで開始しません。項目に終了日が指定されている場合、その日付を過ぎると通知は表示されなくなります。
  • その項目(またはこれを含むフォルダ)に関連付けられた適応リリースのルールが指定されている場合、この通知はこのルールを満たすまで利用可能になりません。
  • 項目に開始日が指定されていなかったり(あるいは過去の開始日を指定している)、関連付けられた適応リリースのルールが指定されていない(あるいはすでに適応リリースのルールが満たされている)場合、通知は速やかに利用可能になります。

通知の送信先

通知タイプは、これらの通知を受信する関係者をすべて一覧表示します。次の点に注意してください。

  • 通知によっては、グループ単位になります。グループのコンテキストで通知が発行される場合、そのグループのメンバーのみに送信されます。これには
    • 課題利用可能
    • 課題送信済み
    • 課題送信済み(期日後)
  • すべての期限通知は、期日を過ぎると期限切れに変更されます。この仕組みの詳細は、「通知パフォーマンス」の古い通知データの削除タスクを参照ください。
  • これらの通知はすべて、2つのレベルで個別にオフにすることができます。
    • コース/組織・グループの管理レベル、つまりシステム全体として。
    • 個別のユーザーレベル

利用可能なコース/組織・グループの通知は、どのレベルにおいてもオフにできません。