メインコンテンツまでスキップ
pdf?stylesheet=default
Blackboard Help

インラインでの課題の採点

インストラクタは、受講者が提出したファイルを「インライン」、つまりWebブラウザ上で表示できます。プラグイン、アプレット、またはクライアント側のアプリケーションは一切必要ありません。さらに、インラインビューアに組み込まれている注釈ツールにより、インストラクタは、コメント、ハイライト、および描画/注釈を使用して、インライン表示されている文書に直接フィードバックを提供できます。

詳細については、「課題の採点」を参照してください。

インライン課題採点を利用可能にする方法

インストールが完了したら、クラウドコネクタを有効にして、インライン課題採点がBlackboard Cloudへの通信を開始できるように構成する必要があります。クラウドコネクタの詳細については、「クラウドの管理」を参照してください。

既存のコースでインライン課題採点を有効にする必要があります。

  1. [システム管理者]ページで、[ツールおよびユーティリティ]パネルから[ツール]をクリックします。
  2. ツールのリストで[課題]を見つけて、[課題]で[常にオン]を選択すると、このツールがすべてのコースでオンになります。[デフォルトでオンを選択すると、インストラクタが[カスタマイズ]の[ツールのアクセス設定]にあるコントロールパネルから課題をオン/オフできるようになります。

重要な注意

  • ファイルをアップロードするのではなく、コンテンツエディタで課題の回答を入力する際に使用するフィールドのUIの1つをわずかに変更した以外、課題を提出するワークフローには変更がありません。すべての変更は、[課題の評価]ページに集中しています。
  • Course Deliveryモジュールと最新のブラウザを使用することが唯一の要件です。

  • 提出した結果を受講者が表示すると、インラインビューア内で、変換された文書を確認できます(インストラクタが追加した注釈がある場合はそれらも一緒に表示されます)。受講者は、インストラクタの注釈を編集することも、独自の注釈を追加することもできません。
  • インラインの課題採点では、Word、PowerPoint、Excel、およびPDFファイル形式の変換、表示、および注釈が可能です。これは、Blackboard Learnの課題提出の95%を優にカバーする値です(管理ホスティングクライアントのサンプリングに基づく値)。変換できないファイル形式は、従来どおりダウンロードすることになります。
  • サポートされるファイルタイプについては、変換してもほとんどの書式設定が維持されます。非常に複雑なページレイアウトの場合に、正しくレンダリングされない可能性がありますが、このような例外はまれです。

インライン課題採点とCrocodoc

  • インライン課題採点には、Crocodoc(http://www.crocodoc.com)が使用されています。Crocodocは、サードパーティ製のクラウドベースの表示および注釈サービスです。
  • インライン課題成績採点Building Blockは、Blackboardが管理しているクラウドサービスに接続して、Blackboard Learnのインスタンスごとに一意のCrocodocトークンを取得します。このトークンは、そのBlackboard LearnインスタンスをCrocodocサービスに結びつけるために使用されます。このトークンの取得は、インライン課題成績採点が利用可能になると、自動的に実行されます。この取得が実行されるためには、クラウドコネクタが有効になっており、また、Blackboard Cloudに接続するように設定されている必要があります。インライン課題成績採点Building Blockが、Blackboardが管理しているクラウドサービスからCrocodocトークンを取得するのが難しい場合は、次のエラーがインライン課題成績採点Building Blockの設定ページに表示されます。

    クラウドコネクタを有効にする必要があるのは、インライン課題成績採点がCrocodocトークンの要求および取得できるようにするためだけです。トークンの取得さえ完了すれば、通常のインライン課題採点機能の使用時にはクラウドコネクタは必要ありません。

  • 受講者のファイル提出物は、通常どおり、インストラクタのLearnインスタンスに保存されます。提出物のコピーは、Crocodocクラウドサービスに送信され、変換されます。文書の変換バージョンは、Crocodocが管理するサーバー上のクラウドに保存されます。
  • また、Crocodocアプリケーションおよび関連するデータ(変換された文書および注釈)は、米国内にホストされているAmazon Webサービスクラウドに保存されます。

  • Crocodoc内のファイルの保存場所は米国内だけです。BlackboardおよびAmazon Webサービスは、欧州データ保護規制に適合するために、Safe Harbor Guidelinesを遵守します。

  • 受講者に関する個人を識別可能なデータがCrocodocに送信されることはありません。Learnは、Crocodocから文書IDを取得して、そのIDを文書に割り当てます。ユーザー、コース、課題、および結果に対して割り当てられた文書IDは、Learn内でローカルに追跡されます。Crocodocは、これらのデータを一切使用できません。Crocodocに送信されるのは、変換するファイルのみです。(ただし、このファイルの内容に個人を識別できる情報が含まれている場合もあります。)変換後のファイルと、変換後のファイルに加えられた注釈は、Crocodocサービス内で保存されます。

  • ファイルは、Crocodocのサービス内で安全に管理されています。Blackboard、Crocodoc、およびAmazon Webサービスは、クラウドに保存されているコンテツンに安全にアクセスできるようにするために惜しみのない努力を続けています。

  • 変換されたドキュメントに注釈を追加できます。注釈は、変換された文書に関連付けられたメタデータとしてCrocodocのクラウドサービス内に保存されます。

  • 注釈のついた文書は、PDFとしてダウンロードすることが可能です。

  • Crocodocサービスは、ダブルバイト文字セットを含むどのような文字セットが使用されたファイルでも変換できます。同様に、ダブルバイト文字セットを含むどのような文字セットを使用して入力されたコメント注釈でも変換できます。ただし、インラインビューアのインターフェイス自体は、ローカライズされていないため、インラインビューアのツールバーのラベルおよびそれ以外のテキストを使用したインラインビューアのすべてのインターフェイス要素は、常に英語で表示されます。Blackboardは、Crocodocがローカライズされたインターフェイスをサポートするスケジュールについて、はっきりとさせることができるよう、Crocodocと共同で作業を進めています。

  • テキストファイル、HTMLファイル、およびコンテンツエディタを使用して作成されたコンテンツは、ネイティブでブラウザにインラインで表示できるため、それらを変換のためにCrocodocに送信することはありません。それらのコンテンツはCrocodocにより処理されないため、注釈をつけることができません。

  • 変換されたドキュメントがロードされると、Crocodoc内でセッションが開始されます。セッション中に作成された注釈は自動的に保存されます。ただし、セッションは1時間後に期限が切れるので、インストラクタがドキュメントに注釈をつけるために1時間以上かけた場合は、そのセッションの期限が切れた後に追加された注釈は保存されません。回避策として、[課題の評価]ページからBlackboard Learn内の別のページに一度移動してから、再度[課題の評価]ページに戻るとことで、新しいセッションを復元できます。Blackboardは、Learnセッション自体の同期がより確実にとれるように、このセッションを延長する方法についてCrocodocと検討を重ねています。

既知の問題一覧

  • 受講者は文書に注釈をつけることはできません。
  • インライン課題採点は、SafeAssign、Self & Peer、フォーラム、またはContent Collectionsとは併用できません。
  • インライン課題採点は、Mobile Learnでは動作しません。
  • Crocodocインラインビューアのインターフェイスは、現時点では常に英語で表示されます。
  • 注釈セッションは1時間後に期限が切れるので、インストラクタがドキュメントに注釈をつけるために1時間以上かけた場合は、そのセッションの期限が切れた後に追加された注釈は保存されません。