メインコンテンツまでスキップ
pdf?stylesheet=default
Blackboard Help

名前の形式とソート順の設定

デフォルトの名前ソート順はen_US言語パックに基づいており、「Cindy Williams」などの名前に対応しています。ロケールによっては、デフォルトの名前の形式とソート順がユーザーのニーズに合わないことがあります。一部のロケールでは「Derek Van de Trak」などの名前が使用され、ソート順を変更しないと、名前は「Van de」ではなく「Trak」でソートされてしまいます。名前のソート順は言語パックエディタを使用して変更できます。

言語パックエディタでは、ユーザーは一度に1つのロケールバンドルを選択して編集できます。ロケールバンドルは、一連の関連する文字列から構成されているファイルです。たとえば、user_column_access.propertiesファイルにはユーザーの情報に関するテキスト文字列が含まれています。ロケールバンドルが言語パックエディタで開かれている場合、元のテキストが編集可能なテキストの横に表示されます。テキスト文字列が翻訳された後も元のテキストは参照用としてページに引き続き表示され、ユーザーはいつでも見ることができます。

名前フィールドへのラベル付け方法

コピーおよびインポートした言語パックに限り、言語パックエディタで編集できます。言語パックをコピーした後(および、オリジナルとの整合性を維持するため名前を変更した後)、言語パックを編集できます。

  1. 管理者パネルの[言語パック]をクリックします。
  2. 編集可能な言語パックのコンテキストメニューから[編集]を選択します。
  3. 規約条項]に同意して、[送信]をクリックします。
  4. user_column_access.propertiesテキストファイルのコンテキストメニューから[編集]を選択します。
  5. ロケールバンドルに含まれるコメントを表示するかどうかを選択するには、操作バーの[コメントを表示]/[コメントを隠す]ボタンを使用します。オンにされた場合、コメントが[参考言語]列に表示され、テキスト文字列についての説明を表示します。
  6. 別の参考言語を選択するには、[参考言語]ドロップダウンリストを使用します。システムのデフォルトが自動的に表示されますが、翻訳者はいつでもこれを変更できます。
  7. テキストの編集]の該当するフィールドで、各文字列に新しいテキストを追加します。
  8. 送信]をクリックします。[新規言語]列のすべてのコンテンツが保存されます。

編集する設定

  • lastname.default_display_titlelastname.display_titleテキスト文字列に関連した記述を編集し、「Derek Van de Trak」という名前の場合にここが「Van de」が入力される場所であることを示します。
  • suffix.default_display_titlesuffix.display_titleテキスト文字列に関連した記述を編集し、「Derek Von Trak」という名前の場合にここが「Trak」が入力される場所であることを示します。
  • othername.default_display_titleothername.display_titleテキスト文字列に関連した記述を編集し、教育機関での新しい名前オプションの使用を示します。

LocaleSettings.propertiesファイルの使用

言語パックをカタログからダウンロードした後、言語パックを解凍して、テキストエディタを使用してLocaleSettings.propertiesファイルを変更し、言語パックをzipで圧縮してサーバーにインポートします。言語パックが別の手段を使用してサーバーに配置された場合、LocaleSettings.propertiesファイルを変更するためにサーバー自体へのアクセスが必要になります。

以下のLocaleSettings.propertiesファイルを参照すると、名前の値と、この名前の値に関連付けられた番号が重要であることがわかります。

  • 0 - 称号
  • 1 - 氏名(名)
  • 2 - ミドルネーム
  • 3 - 氏名(姓)
  • 4 - 氏名(名)の最初のイニシャル
  • 5 - その他の名前
  • 6 - 接尾辞

さまざまな名前識別子に関連付けられた番号を使用して、LocaleSettings.propertiesファイルで必要な方法で名前をソートするように設定できます。名前の値に関連付けられた番号はLocaleSettings.propertiesファイルで使用される場合は、括弧内に記述されます。たとえば、Titleフィールドを使用する場合は、LocaleSettings.propertiesファイル内に{0}を記述し、ロケールのニーズを満たします。以下はen_USのLocaleSettings.propertiesファイルの例です。

# フルネームをソートするときに使用する名前列

# 有効な値 - 次の1つtitle, givenName, middleName, familyName, otherName, suffix

LOCALE_SETTINGS.NAME.SORT_COLUMN=familyName

# 名前列の順序(一部の列が表示されない場合がありますが、この順序になります)。

# 6つのフィールド(title,familyName,givenName,middleName,otherName,suffix) すべてが必要

LOCALE_SETTINGS.NAME.COLUMN_ORDER=title,familyName,givenName,middleName,otherName,suffix

# これらの項目に対して、以下の順序の配列が作成される:

# new String[]{ strTitle-0, strGivenName-1, strMiddleName-2, strFamilyName-3, InitialForGivenName-4, strOtherName-5, strSuffix-6 }

# ロケールに応じて適切な値を使用します

LOCALE_SETTINGS.GREETING=Welcome, {1}

# FAMILY_NAME, GIVEN_NAME

LOCALE_SETTINGS.SHORT_SURNAME={3}, {1}

# 名前(姓)とその他の必要な情報(例:オランダ語における姓のプリフィックス)

# これは、姓が単体で表示される場合にいつも使用されます。

LOCALE_SETTINGS.EXTENDED_SURNAME={3}

# TITLE GIVEN_NAME MIDDLE_NAME LAST_NAME

LOCALE_SETTINGS.LONG={0} {1} {2} {3}

#GIVEN_NAME FAMILY_NAME

LOCALE_SETTINGS.SHORT={1} {3}

#First_Initial Last_Name

LOCALE_SETTINGS.GIVEN_INITIAL_FAMILY_NAME={4} {3}