メインコンテンツまでスキップ
pdf?stylesheet=default
Blackboard Help

オブザーバーの管理

オブザーバーは特殊なタイプのユーザーアカウントで、コンテンツに対して表示専用のアクセス権を持ちます。保護者はオブザーバーアカウントを使用して、子供のコース教材を表示したり、コースでの子供のアクティビティを監視したりできます。アカデミックアドバイザは、オブザーバーアカウントを使用して、Blackboard Learnで受講者を追跡できます。

1人のオブザーバーに1人以上のアクティブユーザーを割り当てることができ、1人のユーザーは1人以上のオブザーバーを持つことができます。インストラクタは、特定のコースについてオブザーバーが表示できるコンテンツを制限できます。

あるコースのユーザーのオブザーバーは、そのコースに受講者として登録することはできません。オブザーバーを他のコースに受講者として登録する場合は、受講者の担当を持つ新しいユーザーアカウントを作成する必要があります。

オブザーバーの作成方法

Blackboard Learnのインストール時に、オブザーバーの担当が自動的に作成されます。

オブザーバーを作成するには、新しいユーザーを作成するか、既存のユーザーを編集します。ユーザーの[一次システム担当]を、[オブザーバー]に設定します。学校にCommunity Engagementがライセンス付与されている場合、ユーザーの[1次教育機関での担当]も[オブザーバー]に設定します。

ユーザーの作成と編集の詳細については、「ユーザーアカウントの管理」を参照してください。

オブザーバーとユーザーを関連付ける方法

オブザーバーとユーザーを関連付けると、オブザーバーは受講者のユーザーと同じコースおよびコンテンツを表示できます。オブザーバーは、受講者の代わりにコースまたはコンテンツを操作することはできません。

  1. 管理者パネル]の[ユーザー]セクションで、[ユーザー]をクリックします。
  2. ユーザーを検索します。詳細については、「ユーザーの検索方法」を参照してください。

  3. ユーザーのコンテキストメニューにアクセスします。
  4. オブザーバーの関連付け]をクリックします。
  5. オブザーバーの関連付けの追加]をクリックします。
  6. オブザーバーのユーザー名を入力します。ユーザー名をカンマで区切ることにより、複数のオブザーバーを割り当てることができます。

    -または-

    オブザーバーのユーザーアカウントを検索するには、[参照]をクリックします。[OK]をクリックして、オブザーバーとユーザーを関連付けます。

    他のユーザーに、オブザーバーとして関連付けるユーザーには、オブザーバーのシステム担当が必要です。オブザーバーの担当ではないユーザーを関連付けようとすると、エラーメッセージが表示されます。ユーザーアカウントを編集して担当を追加することも、別のユーザーを選択することもできます。詳細については、「ユーザーアカウントの管理」を参照してください。

  7. 送信]をクリックします。

電子メールをオブザーバーに送信する方法

  1. 管理者パネル]の[ユーザー]セクションで、[ユーザー]をクリックします。
  2. ユーザーを検索します。詳細については、「ユーザーの検索方法」を参照してください。

  3. ユーザーのコンテキストメニューにアクセスします。
  4. オブザーバーの関連付け]をクリックします。
  5. オブザーバーの電子メールアドレスをクリックします。ローカルコンピュータのデフォルトのメールプログラムに、新しいメッセージが表示されます。
  6. 電子メールを作成して送信します。

ユーザーとオブザーバーとの関連付けを削除する方法

1人のユーザーと、1人以上のオブザーバーとの関連付けを削除できます。この操作では、オブザーバーのアカウントは削除されません。ユーザーとオブザーバー間の関連付けのみが削除されます。

  1. 管理者パネル]の[ユーザー]セクションで、[ユーザー]をクリックします。
  2. ユーザーを検索します。詳細については、「ユーザーの検索方法」を参照してください。

  3. ユーザーのコンテキストメニューにアクセスします。
  4. オブザーバーの関連付け]をクリックします。
  5. 削除するオブザーバーの関連付けのチェックボックスをオンにします。
  6. 操作バーで[削除]をクリックします。

複数の監視されるユーザーのビューをオブザーバーが即座に切り替え可能にする方法

管理者は、オブザーバーゲートウェイポータルモジュールを追加して、複数の監視されるユーザー間のビューをオブザーバーが即座に切り替え可能にすることができます。たとえば、コースに複数の子供が登録されている保護者は、オブザーバーゲートウェイを使用して、ある子供の追跡から別の子供の追跡に切り替えることができます。

オブザーバーゲートウェイモジュールの作成と管理の詳細については、「モジュールの管理」を参照してください。