メインコンテンツまでスキップ
pdf?stylesheet=default
Blackboard Help

ユーザーの担当と権限について

担当により、ユーザーがBlackboard Learn内でできる操作とできない操作が決まります。管理者は担当を使用して、権限を、ユーザーアカウントに割り当てることができるセットにグループ化します。担当に関連付けられた各ユーザーは、その担当に含まれるすべての権限を持ちます。

1つのユーザーアカウントに複数の担当が割り当てられた場合、そのユーザーには、割り当てられたすべての担当に含まれるすべての権限が付与されます。一例として、次のシナリオを考えてみてください。あるユーザーアカウントには、コースの[コントロールパネル]へのアクセス権を含まない、ある担当が割り当てられています。ただし、このユーザーには、コースの[コントロールパネル]へのアクセス権を含む別の担当も割り当てられています。割り当てられた担当の1つには含まれていませんが、このユーザーには[コントロールパネル]へのアクセス権が付与されます。

標準の担当について

Blackboard Learnのインストール時に、標準の担当がいくつか作成されます。管理者は、これらの標準の担当を編集できます。

  • システム担当:システム担当は、ユーザーに割り当てられた管理者権限を制御します。これによって管理者は、管理者権限と機能をBlackboard Learnの他のユーザーと共有できます。システム担当の詳細については、「システム担当の管理」を参照してください。
  • コースおよび組織・グループの担当:コースおよび組織・グループの担当は、コースまたは組織・グループ内のコンテンツおよびツールへのアクセスを制御します。各ユーザーは、参加している各コースまたは組織・グループの担当に割り当てられます。たとえば、あるコースでティーチングアシスタントを担当しているユーザーが、他のコースでは担当が受講者である場合もあります。教員はこれらの担当を使用して、コースを保守する責任を一部分散できます。コースおよび組織・グループの担当の詳細については、「コースおよび組織・グループの担当の管理」を参照してください。
  • 教育機関での担当::教育機関での担当は、Blackboard Learnへのログイン時に、どのブランド、タブ、およびモジュールをユーザーに表示するかを制御します。教育機関での担当は、Content Collectionファイルおよびフォルダへのアクセスの許可または拒否も行います。教育機関での担当の詳細については、「教育機関での担当の管理」を参照してください。すべてのライセンスにおいて、デフォルトセットでは、限られた種類の教育機関の担当しか利用できません。Communityライセンスのある組織の場合、新しい教育機関の担当を追加できます。

カスタムの担当について

管理者は、既存の担当をコピーし、プロパティと権限を編集して、カスタムの担当を作成できます。また、新しい空白の担当を作成して、権限を追加することもできます。

カスタムの担当の作成の詳細については、「システム担当の管理」、「コースおよび組織・グループの担当の管理」、および「教育機関での担当の管理」を参照してください。Blackboard Learn - Basic Editionではカスタムの担当を作成できません。

権限の説明スプレッドシート

Blackboard Learnには、学校のニーズに合わせてさまざまな担当に適用可能な管理者権限が多数用意されています。参考として、Blackboardは総合的な「管理者の権限の説明管理者の権限の説明」スプレッドシートを作成しました。管理者の権限およびその説明がまとめられています。

「管理者の権限の説明管理者の権限の説明」スプレッドシートは、このページの最後の「ファイル」セクションからダウンロードできます。

「管理者の権限の説明管理者の権限の説明」スプレッドシートには、各権限についてデフォルトでオンの設定とデフォルトでオフの設定も示されています。いくつかの権限がグループ化されており、1つのまとまりとして担当に割り当てる必要があります。わかりやすいように、これらの権限はスプレッドシートで強調表示されています。

このスプレッドシートは、担当を設計するときに有益な参考資料になります。たとえば、カスタム担当を作成する基礎としてデフォルトのシステム担当/コース担当をコピーする場合、このスプレッドシートを見ることで、デフォルトでオンの設定とデフォルトでオフの設定、および各権限の目的がわかります。このスプレッドシートを参考にすると、システム担当の作成やコピーやコース担当の権限の管理に役立ちます。

このスプレッドシートは、Blackboard Learn 9.1 SP 8のリリース時点で可能な限り正確を期しています。Outcomes Assessmentsの権限は含まれていません。

スプレッドシートには、以下のシステム担当の初期設定がまとめられています。

  • コミュニティ管理者
  • コース管理者
  • ゲスト
  • 目標マネージャ
  • Learning Environment管理者
  • なし
  • オブザーバーツール
  • サポート
  • システム管理者
  • システムサポート
  • ユーザー管理者

スプレッドシートには、以下のコース担当の初期設定がまとめられています。

  • コース作成者
  • 採点者
  • インストラクタ
  • 受講者
  • ティーチングアシスタント
  • ゲスト