メインコンテンツまでスキップ
pdf?stylesheet=default
Blackboard Help

登録のバッチファイルのガイドライン

バッチファイルとは、500人ものユーザーの登録が一度にできる、区切り形式のファイルです。

登録バッチファイルについて

登録バッチファイルの各レコードには、コースIDとユーザー名が必要です。コース担当、およびシステムのアクセス設定とコースのアクセス設定に関するユーザーのステータスも含めることができます。

登録バッチファイルは、

"コースID"、"ユーザー名"、"コース担当"、"システムのアクセス設定"、"コースのアクセス設定"

登録バッチファイルの作成時には、次の点に注意してください。

  • Blackboard Learnは、TXTとCSVのファイルタイプをサポートしていますMicrosoft Excelバージョン2003以降では、ワークシートをCSVファイルとして保存すると、すべてのフィールドが二重引用符で囲まれます。
  • 各レコードで、同じ区切り文字を使用してください。有効な区切り文字は、カンマ、タブ、コロンです。
  • バッチファイルはDOS形式である必要があります。MACまたはUNIX形式のファイルは、アップロードの前にDOSに変換してください。
  • 各フィールドを二重引用符(閉じ)で囲んでください。例:"ENG_201" 
  • フィールド内に引用符がある場合は、次の文字がフィールドの終了を示す文字でないことを示すために、引用符の前に円記号(\)を付けます。このガイドラインは、登録バッチファイルには適用されません。コースIDとユーザー名には引用符を使用できないからです。
  • 各フィールドをカンマ、コロン、またはタブで区切ります。同じバッチファイルでは、1種類の区切り文字を使用してください。例:"ENG_201","jbell"または"ENG_202":"jbell"
  • 各レコードを別の行に入れます。例を以下に示します。
    "ENG_201","jbell"
    "ENG_202","jbell"
  • レコード数は500を超えないでください。このサイズ制限は、多くのブラウザのタイムアウト制限によるものです。

登録バッチファイルに必須の有効な値について

登録バッチファイルにオプションの属性を含める場合は、次の必須の有効な値を使用する必要があります。

  • コースでの担当: コース作成者は"B"、採点者は"G"、インストラクタは"P"、受講者は"S"、ティーチングアシスタントは"T"、ゲストは"U"。コース担当の値を指定しない場合、Blackboard Learnがデフォルトの受講者の担当を割り当てます。
  • コースのアクセス設定:Y(ユーザーが即座に利用可能)とN(管理者が利用可能にするまで、ユーザーが利用不可)。コースのアクセス設定の値を指定しない場合、Blackboard Learnがデフォルト値のYを割り当てます。
  • システムのアクセス設定:Y(ユーザーがBlackboard Learnへのアクセス権を持つ)とN(管理者が利用可能にするまで、ユーザーはBlackboard Learnへのアクセス権を持たない)。システムのアクセス設定の値を指定しない場合、Blackboard Learnがデフォルト値のYを割り当てます。

ヘッダーフィールドについて

バッチロードのためにファイルが作成される際、言語パックまたはコンピュータのオペレーティングシステムに関わらず、以下のヘッダーフィールドはASCII(American Standard Code for Information Interchange)文字である必要があります。

  • 任意のブール値のフィールド(Y/N、T/F
  • コースID組織・グループIDなどの任意のID

ヘッダーフィールドには、任意のASCII英数字、アンダースコア(_)、ドット(.)、およびハイフン(-)を含めることができます。

ヘッダーフィールドには次の特殊文字を含めることはできません。 : " ' / \ . % & # < > = + * ? |

特殊文字について

コースの説明、名前、および連絡事項のテキストには、次の特殊文字を使用できます。 " ' / \ . % & # < > = + * ? |

コースバッチファイルのその他の属性では、これらの特殊文字を使用することはできません。属性を作成するときは、英数字、アンダースコア、ドット、およびハイフンのみを使用してください。スペースは使用しないでください。