メインコンテンツまでスキップ
pdf?stylesheet=default
Blackboard Help

ソーシャルラーニングツールに関するよくある質問

Blackboard Learn™のソーシャルラーニングとは、どのようなものですか?

今日のアクティブな学習者は、他の教育コミュニティなど別のコミュニティに、オンラインで簡単に接続できることを望んでいます。一方で、受講者や教育者からは、現在利用できるソーシャルプラットフォームは、教育コミュニティへの接続ニーズを十分に満たすものではないという声も聞かれます。さらに、学習関連の生活と、プライベートな生活を一緒にしたくない、という声もあります。

そこで、Blackboardは、学生、教育者、および管理者と共同で、グローバルな学習ネットワークを開発すべく作業にあたってきました。このネットワークは、世界中のBlackboard Learnを使用している教育機関のユーザーを結びつけ、また、ソーシャルでインフォーマルな方法でお互いから学ぶためのツールを提供し、よりフォーマルなクラスルームやオンラインコースのエクスペリエンスを補完します。ソーシャルのプロフィールおよびツールという名前のBlackboard Building Block™をインストールすることで、Learnインスタンスをクラウドベースのグローバルラーニングネットワークに接続できます。受講者および教育者は、自分の教育コミュニティで、他のユーザーを見つけ、つながりを作り、コラボレーションすることができるのです。つまり、LMSの内部だけでソーシャルラーニングが実現するのです。

ソーシャルのプロフィールおよびツールBuilding Blockのライセンス要件は何ですか?

ソーシャルのプロフィールおよびツールBuilding Blockは、リリース9.1、サービスパック10、またはそれ以降のBlackboard Learnを使用する教育機関の場合、Community Engagementライセンスの一部に含まれています。

ソーシャルのプロフィールおよびツールとは何ですか? また、クラウドのプロフィールおよびツールとはどのように違うのですか?

クラウドのプロフィールおよびツールとは、Course Deliveryライセンスの一部として、サービスパック10に含まれている一連のクラウドベースの機能のことです。クラウドのプロフィールおよびツールは、プロフィールカードと呼ばれる基本的なプロフィールツール、人ツール、および投稿ツールへの拡張から構成されています。

ソーシャルのプロフィールおよびツールは、Community Engagement用のBuilding Blockとして提供されている一連のクラウドベース機能のことです。ソーシャルのプロフィールおよびツールは、完全なプロフィール、スペースメッセージ、プロフィールカードへの拡張、人ツール、および投稿ツールから構成されています。クラウドのプロフィールおよびツールを有効にすることは、ソーシャルのプロフィールおよびツールを有効にするための前提条件であることによく注意してください。

詳細は以下の表を参照してください。また、これらのツールはすべて、My Blackboard内に存在します。

ツール クラウドのプロフィールおよびツールが有効 ソーシャルのプロフィールおよびツールが有効
プロフィールおよびプロフィールカード 利用可能

名前、画像、学習分野、および「自己紹介」の説明

拡張

プロフィールウォール付きの完全なプロフィール、ネットワーキング/他のユーザーをフォローする、FacebookおよびTwitterのプロフィールへのリンク機能。プロフィールカードには、フォロー、メッセージ、およびフルプロファイルの表示機能が追加

社員 利用可能

検索は、ユーザーの教育機関内に制限

拡張

複数の教育機関にまたがる検索およびネットワークキング/他のユーザーのフォローが追加

投稿 拡張

ユーザーの投稿の隣にプロフィール画像を表示(ポイントするとプロフィールカードが表示されます)

拡張

プロフィールウォールおよびスペースウォールからの投稿とコメントが追加

メッセージ 利用できません 利用可能
スペース 利用できません 利用可能

要約すると、クラウドのプロフィールおよびツールを有効にすると、ユーザーは、Learn全体で表示されるプロフィールカード、および同じ教育機関の他のユーザーの検出が利用できます。ソーシャルのプロフィールおよびツールは、フルプロフィール、Blackboard Learnグローバルラーニングネットワークへのアクセス、および他のユーザーとのつながり、コミュニケーション、コラボレーション、つまりソーシャルラーニングを可能にする機能を提供します。

ソーシャルのプロフィールおよびツールを有効にするには、どうすればよいですか?

ソーシャルラーニングツールを自分の教育機関で利用可能にするための最初のステップは、LearnインスタンスをBlack board Cloudに接続することです(まだ接続していない場合)。「クラウド設定(ツール)」の管理者権限により、管理者はクラウドの設定を管理できます。

管理者パネルで、[クラウド管理]の下にある[クラウドコネクタ]をクリックします。

次にフォームに入力します。以下の表で、このフォームについて説明します。

エレメント

説明

1. Blackboard Learnインスタンス

外部URL

所属する学校が公開するBlackboard LearnのURLを入力します。

2. クラウドの登録

表示名

所属する学校を識別するための表示名(学校の正式名称など)を入力します。このフィールドで略称を使用することは避けてください。

説明

表示名についてオプションの説明を入力します。

インスタンスのタイプ

使用している環境でこのBlackboard Learnのインスタンスを使用する方法を指定します。[製品]、[開発]、[ステージング]、または[テスト]を選択します。

サイトID

登録後、一意のサイトIDが、Blackboard Learnのインスタンスに、割り当てられます。

接続日

インスタンスが正常に登録された日付と時刻。

3. 送信

送信

変更した設定を送信する準備ができたら、このボタンをクリックします。

これで、LearnインスタンスをBlackboard Cloudに接続する準備は完了です。次の手順に従ってクラウドのプロフィールおよびツールを有効にします。

  1. 管理者パネル]で、[クラウド管理]の下にある[クラウドのプロフィールおよびツール]をクリックします。
  2. オフ]という表示の箇所をクリックして、クラウドのプロフィールおよびツールをオンにします。
  3. プライバシーに関する声明が表示されます。よく読んでから[承認]をクリックします。
  4. [クラウドの設定]ページが開きます。このページでは、コースおよび組織・グループをBlackboard Cloud上で表示する方法や、プロフィールのツールのためのFacebookおよびTwitterとの統合の設定に関する選択が行えます。注:FacebookおよびTwitterとの統合は、いずれもデフォルトでは[オン]になっています。

クラウドのプロフィールおよびツールが有効になったら、ソーシャルのプロフィールおよびツールを有効にします。

ソーシャルのプロフィールおよびツールを有効にするには、以下の手順に従ってください。

  1. 管理者パネル]で、[クラウド管理]の下にある[クラウドのプロフィールおよびツール]をクリックします。
  2. [クラウドツール]の下、[ソーシャルのプロフィールとツール]という表示のある部分で、[オフ]ボタンをクリックしてオンにします。
  3. 自動的に[ソーシャルの設定]画面に戻ります。これらの設定により、教育機関権限に基づいて[ソーシャルのプロファイルおよびツール]が利用できるかどうかがわかります。デフォルトでは、[ツールアクセス設定]は、[全員]に設定されています。
  4. 選択を行い、[送信]をクリックします。これで、ユーザーがグローバルラーニングネットワークおよびソーシャルラーニングツールにアクセスできるようになりました。

特定のソーシャルラーニングツールを他のツールをオンにしたままでオフにできますか?

ツールを個別にオン・オフする機能はありません。ソーシャルのプロフィールおよびツールは、1のツールセットとしてしか有効化/無効化できません。ただし、上で述べたように、教育機関での担当を使用すると、このツールセット全体を一部のユーザーに対して有効化し、他のユーザーに対しては無効化することができます。

Blackboard Cloudに接続すると、Learn環境のセキュリティにどのような影響がありますか?

Learn環境およびBlackboard Cloudには、複数のレイヤで構成されたセキュリティが存在します。ユーザーの認証は、Learnのインスタンスによって処理されます。Blackboard Cloudを追加しても、Learnの認証メカニズム(パスワード、デジタル証明書、CASなど)が変更されることはありません。

ユーザーは、Blackboard Cloudが有効になる前と同じメカニズムで認証されます。クラウドで有効になるツールにアクセスするためには、ユーザーは、まずLearnに対して認証を行う必要があります。Blackboard Cloudに対して直接、認証を行う手段はありません。ユーザーのセッションは、ログイン時にoAuthを使用してLearnインスタンスとBlackboard Cloud間で安全な通信を行うことで作成されます。Blackboard Cloudは、Learn自体のセキュリティを一切変更しません。

プロフィールサービスへのアクセスには、ローカルなLearnインスタンスとBlackboardクラウドサービス間の安全な接続が必要です。安全な接続は、インスタンスごとに1回、Learnの管理者パネルから設定します。個別プロフィールは、Learnインスタンスのローカルユーザーアカウントに結びつけられており、そのユーザーだけがLearnインスタンスを介してアクセスできます。

Blackboardは、クライアントに安全なアプリケーションを提供するために努力を続けています。Blackboardは、OWASP(Open Web Application Security Project)のセキュリティエンジニアガイドラインセットに基づいて製品を開発しています。これには、OWASPの10大脆弱性への特定の対抗策も含まれます。Blackboardは、これらのセキュリティプラクティスを、ソフトウェア開発サイクル(SDLC)のすべてのフェーズに取り入れています。

要件は、使用例ごとに認証要件を特定する必要があります。テクニカルデザインドキュメンテーションには、潜在的なセキュリティリスクの分析が含まれている必要があります。Blackboardの開発チームは、実装時にエンジニアリングコーディング標準を活用することで、既知の脆弱性の回避や、実証済みの対策集などを含む開発手法のベストプラクティスへの適合性が保証されるようにしています。

Blackboardは、自社のアプリケーションを保護するために、コードレベルで脅威を検出する「ボトムアップ」手法だけでなく、脅威をモデル化して分析する「トップダウン」のセキュリティアセスメントを含む複数の手法を使用しています。Blackboardは、開発およびリリースプロセスを通じて自社の製品に影響するいかなる脆弱性もタイムリーに解決策を提供できるよう努めており、規則的かつ効率的にセキュリティパッチの開発と配布を行っています。

LearnからBlackboard Cloudにはどのようなデータが送信されますか?

クラウドのプロフィールおよびツールを有効にすると、Learnインスタンス上のすべてアクティブユーザーに対して、クラウドプロフィールが自動的に作成されます。この時点で、基本的なプロフィール情報に入力するために、Blackboard Learnは、氏名(名)、氏名(姓)、およびユーザーの現在のコースと組織・グループ登録をクラウドサービスに渡します。最初のバッチ後、新しいLearnアカウントを作成する場合、新しく作成するアカウントについても、その作成時に同様の情報がLearnからクラウドサービスへ渡されます。すべて情報は、セキュリティのためSSLおよびoAuthを使用して渡されます。

名前は、初期値としてプロフィールに入力されますが、ユーザーがクラウドのプロフィールに変更を行った場合、それらの変更はLearn側には返送されません。クラウドサービスは、Learnのための記録システムではないからです。

ユーザーがログインするたびに、ユーザーのコースおよび組織・グループ登録に何らかの更新があると、Learnはクラウドサービスに接続します。このため、クラウドサービスは、常に、Learnの現在の登録状況と同期した状態に保たれます。この情報は、My Blackboardの[人]ツールの、ラーニングネットワークへの入力に使用されます。さらに、ユーザーのロケール(Blackboard Learnインターフェイスの表示に使用される言語)も、クラウドインターフェイスの表示に使用される言語を決定するために送信されます。

プロフィール中のそれ以外の情報(例:学習分野、「自己紹介」の説明、電子メールアドレス、追加の連絡先情報、投稿など)は、エンドユーザーによってクラウドプロフィールに入力される場合があります。繰り返しますが、この情報がLearnに返送されることはありません。クラウドサービスは、Learnのための記録システムではないからです。

一部のユーザーに対してのみソーシャルラーニングツールを有効にできますか?

ソーシャルラーニングツールへのアクセスは、[管理者パネル]の[クラウド管理]の下にある[ソーシャルの設定]で、教育機関での担当を使用して制御できます。

以下に、[ソーシャルの設定]画面を示します。この画面では、教育機関の担当に基づいてアクセス設定を制御できます。

ソーシャルラーニングツールを有効にした後で、無効にすることはできますか?

はい。管理者パネルで、[クラウド管理]の下にある[クラウドのプロフィールおよびツール]をクリックします。この画面で、[ソーシャルのプロフィールとツール]の隣にある[オン]をクリックすると、ソーシャルラーニングツールをオフにできます(以下のスクリーンショットを参照)ソーシャルのプロフィールおよびツールはオフになります。ただし、クラウドのプロフィールおよびツールは、同様にオフにしない限りオンのままです。オフにするには、[クラウドのプロフィールおよびツール]の隣の[オン]をクリックします。ソーシャルのプロフィールおよびツール、またはクラウドのプロフィールおよびツールをオフしても、Blackboard Cloud内の情報が変更されたり削除されることはありません。単に使用しているBlackboard Learnインスタンスで、それらのサービスが利用できなくなるだけです。後で、ソーシャルのプロフィールおよびツール、またはクラウドのプロフィールおよびツールを再度有効化すると、以前のデータはすべてユーザーからアクセスできるようになります。 

ソーシャルラーニングツールが、自分のLearn環境にどんな影響があるか知りたいのですが。

Blackboard Learnに緊密に統合され、またBlackboard Learnに依存していますが、クラウドサービスは、Blackboard Learnとは独立に開発され、また管理されています。つまり、Blackboard Learnのサービスバックとは別に、クラウドサービスの新機能や拡張がリリースされる場合があるということです。

ソーシャルラーニングツールの更新は、Blackboard Building Blockによるソフトウェア更新モジュール経由または、クラウドサービスの更新経由で自動的に配布されます。通常、クラウドサービスの更新では、Blackboard Learn教育機関側で何らかの操作を実行する必要はありませんが、場合によっては例外があります。更新により利用可能になった新しい機能の有効化です。

Blackboard Cloud、そしてソーシャルラーニングツールは、Blackboard Learnに依存していますが、Blackboard Learnは、Blackboard Cloudに依存していません。従って、ソーシャルラーニングツールは、お使いのBlackboard Learn環境にほとんど影響を与えません。

テスト中、ソーシャルラーニングツールをオフにできますか?

いいえ、テスト中、ソーシャルラーニングツールをオフにすることはできません。Blackboardは、そのような機能は、セキュリティの観点から好ましくないと確信しています。受講者が、Blackboardのソーシャルラーニング機能以外の方法で連絡を取り合おうと思えば、いくらでも方法はあるからです。テスト中に無効化する機能を提供したとしても、有効なカンニング対策になり得る可能性は低いと思われます。それよりも、Blackboardとしては、評価方法の改善や試験監督の強化など、他の手段を通じて教育機関が学問的誠実性(Academic Integrity)に対する意識を高めるよう指導することを推奨しています。

誰がグローバルラーニングネットワークにアクセスできますか?

ソーシャルのプロファイルおよびツールが有効化されているBlackboard Learnインスタンス上にアカウントを持っている人だけです。Blackboard Learnのアカウントのない人はアクセスできません。現在、他のプラットフォームはサポートされておらず、また、グローバルラーニングネットワークは「パブリック」に開かれていないからです。

プロフィール

Blackboard Learnのプロフィールとは何ですか?

Blackboard Learnのプロフィールにより、ユーザーは、お互いを見つけたり、自分の学習関連の情報を他のユーザーと共有するための識別情報を持つことができます。サービスパック10では、クラウドのプロフィールおよびツールの一部として、プロフィールカードと呼ばれる基本プロフィールが導入されました。基本プロフィールには、ユーザーの名前、画像、および「自己紹介」の説明が含まれています。Community Engagementクライアントが、ソーシャルのプロフィールおよびツールを有効にすると、フルプロフィールおよび拡張プロフィールカード(以下参照)が利用可能になります。

  • 自分のネットワークとのコミュニケーション用投稿スペースのプロフィールウォール
  • 自分のプロフィールを、Blackboard Learnグローバルネットワークに公開する機能
  • Blackboardのプロフィールから、FacebookおよびTwitterのプロフィールにリンクする機能
  • プロフィールおよびプロフィールカードから、フォローしたり、メッセージを送信したり、ブロックする機能
  • ユーザーのプロフィールを、そのユーザーのプロフィールから閲覧する機能
  • ユーザーのフルプロフィールを、そのユーザーのプロフィールカードから閲覧する機能

フルプロフィール:

 

拡張されたプロフィールカード:

プロフィールはどこに保存されますか?

プロフィールはクラウドベースのため、Blackboard Cloudに保存されます。そのため、プロフィールは、お使いのLearnのストレージ容量に影響しません。

ソーシャルのプロフィールおよびツールのローンチ時点で、Blackboardのインフラストラクチャには、米国ヴァージニア州レストンにあるBlackboardが運営するホスティングデータセンター、およびAmazon Webサービス(AWS)インフラストラクチャでホストされているサービスおよびコンポーネントが両方とも含まれる予定ですプロフィールおよびソーシャルデータは、米国にあるAWSでホストされているコンポーネントに置かれる予定です。現在、クラウドサービスデータはすべて、米国内でホストされています。

クラウドベースのサービスの利点の1つは、複数のインフラストラクチャプラットフォームの活用を可能にする柔軟性を備えていることです。これにより、インフラストラクチャプラットフォームを通じて、サービスの配置の詳細を時間の経過に伴い変更していくことが可能になります。

クラウドベースのプロフィールの情報とユーザーのBlackboard Learnアカウントの情報の間にはどのような関係がありますか?

これら2種類のアカウントは、完全に独立しています。ユーザーのBlackboard Learnアカウントは、ユーザーのクラウドプロフィールの作成時に利用されますが、プロフィールが作成された後も別々に存在し続けます。プロフィールで名前または電子メールなどのフィールを変更しても、Learnで同様のフィールドが変更されることはありません。

自分の教育機関で、ユーザーのプロフィール画像が自動的に入力されるようにできますか?

教育機関が、プロフィールの画像を自動的に入力されるようにすることはできません。プロフィールはユーザーが所有し、また管理しているからです。ただし、システム内のユーザーは誰でも、あるプロフィールの画像やそれ以外のコンテンツが不適切であると感じた場合、そのプロフィールをレポートできます。レポートの詳細は、以下の「不適切なコンテンツについてプロフィールを監視する方法は?」という質問を参照してください。

異なるプライバシーの設定とは何ですか?

プロフィールには、次のような異なるプライバシー設定があります。

  • すべてのBlackboardユーザー – Blackboardプロフィールを持っているユーザーは誰でも、あなたを検索して、メッセージを送信することができます。これには、他の学校のBlackboard Learnユーザーも含まれます。
    • 注:このプライバシーオプションを使用すると、ユーザーは他のユーザーが自分をフォローする場合に許可を必要とするかどうかを選択できます。
  • 所属教育機関 – 自分の教育機関のユーザーは誰でも、あなたを検索して、メッセージを送信することができます。
    • 注:このプライバシーオプションを使用すると、ユーザーは他のユーザーが自分をフォローする場合に許可を必要とするかどうかを選択できます。
  • プライベート – 自分と同じコース、組織・グループ、またはスペースのユーザーは誰でも、あなたを検索して、メッセージを送信することができます。あなたをフォローしたい人はすべて、許可を求める必要があります。
  • 非表示 – 他のユーザーは、あなたを表示したり、メッセージを送信したり、フォローすることはできません。他のユーザーを表示したり、メッセージを送信したり、フォローすることはできません。非表示ユーザーは、ソーシャルラーニングスペースに参加できません。

システム管理者が、特定のプライバシー設定を制限する、またはデフォルトとして設定できますか?

スペースのデフォルト設定は、プライベートです。システム管理者は、特定のプライバシー設定を制限したり、またはデフォルト設定を変更できません。これらの設定は、クラウドベースのグローバルラーニングネットワークに接続しているすべてのLearn教育機関で同一であるためです。 

ユーザーは、他のユーザーが自分のプロフィールを表示できないようにブロックできますか?

はい。自分のプロフィールを見られたくない、あるいは対話したくないユーザーがいる場合は、そのユーザーのプロフィール、またはプロフィールカードにある[ブロック]をクリックするだけです。

誰かをブロックすると、以下のような確認ダイアログボックスが表示されます。ユーザーが別のユーザーをブロックするのは、当事者間のパーソナルな操作であり、管理者側で何らかの操作を実行する必要はありません。

不適切なコンテンツについてプロフィールを監視する方法は?

すべてのBlackboard Learnユーザーおよびシステム管理者は、プロフィールに不適切なコンテンツが見つかった場合、それらをレポートすることができます。[プロフィール]から、[レポート]をクリックし、プロフィールカードから、画面右下隅のフラグアイコンをクリックします。

次の画面が表示され、プロフィールのレポート用の簡単な情報の入力を要求されます。

ユーザーのプロフィールが通報されると、管理上のアクションが必要になります。システム管理者には、管理者パネルの[クラウド管理]の下の[レポートされた項目]の隣に通知が表示されます。

すべてのレポートされた項目を表示するには、[レポートされた項目]をクリックします。

この画面では、報告された項目に対して、管理上のアクションが実行できます。各項目の隣にある操作リンクをクリックすると、レポートをレビューしたり、その項目が同じLearnインスタンスの他のユーザーから見えないようにブロックできます。

項目をブロックすると次のダイアログが表示されます。

[ブロック]ボタンをクリックすると、ブロックされたユーザー宛てに、自分のプロフィールの問題を解決するよう促す電子メールが送信されます。電子メールを受け取る以外にも、そのユーザーが自分のプロフィールを表示すると通知バーが表示され、プロフィールがブロックされており、プロフィールを編集してレビュー用に送信する必要があることを知らせます。

更新したプロフィールがレビュー用に送信されると、「報告された項目」という通知が管理者に表示されます。[報告された通知]画面から、管理者はステータスが「確認中」に変更されたことを確認できます。また、更新されたプロフィールをレビューしてからブロックを解除できます。

複数のBlackboardインスタンス上にBlackboardアカウントを持っているユーザーは、同一のプロフィールを利用できますか?

たとえば、同じ受講者が複数の学校で受講している場合や、ある学校では教師だが別の学校では受講者である場合などです。

可能です。複数のBlackboardインスタンス上にBlackboardアカウントを持つユーザーは、単一のBlackboardプロフィールを複数のBlackboard Learnアカウントで使用できるように、プロフィールを結合できるようになりました。

この新しい機能は、個別のユーザーが、Blackboardソーシャルクラウド上に単一のプロフィールを維持しつつ、そのプロフィールを複数のBlackboard Learnアカウントで使用できるようにするためのものです。この機能は、複数の教育機関で同時にBlackboard Learnを使用しているユーザーをサポートします(たとえば、ある教育機関で大学院卒の学位の取得を目指すと同時に、別の教育機関で学部コースの教員として指導にあたっているユーザーや、4年制大学に在籍しつつ、夏季のみ地元のコミュニティカレッジでコアコースをいくつか履修しているユーザーなどです)。さらに重要な点として、この機能を使用すると、ユーザーが別の学校に移ったり、研究キャリアを進める際に、自分のプロフィールを移動できるということです。Blackboard Learnを使用している大学を卒業してBlackboard Learnを使用している大学院に進学するユーザーは、これまでと同じBlackboardプロフィール、これまで構築してきた関係、スペースへの参加などを、そのまま使用できます。

既存のプロフィールの結合

2つ以上のプロフィールを持っている場合、それらを1つのプロフィールに結合できます。

ターゲットプロフィールにするプロフィールを選択します。Blackboardでは、個人の電子メールアドレスを第1電子メールアドレスとして使用しているプロフィールを選択することを推奨しています。

それ以外の既存のプロフィールの[第1電子メール]フィールドを編集して、ターゲットプロフィールと同じ電子メールアドレスを使用するようにします。これにより、結合処理が開始されます。

すべての既存のアクティビティおよび関係(投稿、コメント、スペースメンバシップ、フォロワー/フォロー関係)は、"ターゲット"プロフィールに結合されます。アバター、自己紹介、学習分野については、"ターゲット"プロフィールからのものだけが保持されます。

例を以下に示します。


  • 電子メールアドレス「me@myschool.com」を持つ既存のプロフィールがある場合、新しいプロフィールのセットアップ時に「me@myschool.com」と入力すると空の新しいプロフィールが既存のプロフィールに結合されます。
  • 既存のプロフィールが2つあり、1つは第1電子メールとして「me1@myschool.com」を、もう1つは、「me2@myschool.com」を使用しているとします。最初の電子メールもme2@myschool.comに変更すると、(第1電子メールが変更されていないため)「me2」のプロフィールがターゲットプロフィールになります。両方のアカウントからの投稿、コメント、スペースメンバシップ、フォロワー/フォロー関係が、結合されたプロフィールで利用できるようになります。ただし、結合されたプロフィールのアバター、自己紹介、および学習分野は、ターゲットプロフィールのものになります。

[人]ツールとは何ですか?

[人]ツールを使用すると、自分のラーニングネットワークにアクセスできます。[人]ツールは、サービスパック10で、クラウドのプロフィールおよびツールの一部として導入されました。[人]ツールを使用すると、ユーザーは自分のクラスおよび組織・グループに、誰がいるかを表示できます。Community Engagementクライアントによりソーシャルのプロファイルおよびツールを有効になると、[人]ツールが拡張されます。拡張機能には次のとおりです。

  • Blackboard Learn教育機関のグローバルラーニングネットワーク内にすべてのユーザーのプロフィールを検索して表示する機能(複数の教育機関にまたがる検索)
  • グローバルラーニングネットワーク内のユーザーをフォローしたりメッセージを送信して、つながりを築く機能
  • 自分のつながり(誰をフォローしているか、および誰にフォローされているか)を表示および管理する機能

自分のユーザーが、自分の教育機関の外部からプロフィールを検索されたり表示されるのを制限できますか?あるいは、自分の教育機関の外部の人間が、自分のユーザーのプロフィールを表示するのを制限できますか?

いいえ、不可能です。ソーシャルのプロフィールおよびツールを有効にすると、自分の教育機関は、Blackboard Learn教育機関のグローバルラーニングネットワークに接続されます。この複数の教育機間にまたがるグローバルラーニングネットワークへのアクセスは、この新しいソーシャルラーニングツールの重要なメリットの1つです。ユーザーの主要な利点は、それ以外の方法では容易にアクセスできないような関係およびリソースにアクセスする機能に依存しています。これらの機能の開発時にユーザーリサーチを実施したところ、「誰から学ぶかを制限されたくない」という受講者の声が聞かれました。このような受講者の期待は、ワールドワイドなソーシャルメディアツールの使用が原動力となっています。

スペース

スペースとは何ですか?

スペースツールを使用すると、ユーザーは一時的なコミュニケーションおよびコラボレーション用のグループスペースを作成できます。用途は、学習グループ、同じ興味を持ったグループ、またはその他の非公式な学習目的です。個々のスペースには、そのスペースのメンバーが投稿したり、他のメンバーとコミュニケーションできるウォールがあります。これらのウォールの投稿は、各メンバーの投稿ツールにまとめられるので、いつでも、進行中の会話の最新情報が把握できます。

ユーザーが、自分のウォールを作成するのには1分もかかりません。ユーザーは、教員や管理者を通じてスペースを作成する必要はありません。ただ、My Blackboardの[スペース]ツールを表示して、[スペースの作成]をクリックするだけです。ユーザーは、同じ教育機関、またはグローバルネットワーク全体から、他のユーザーが作成したスペースを検索して参加することもできます。

Blackboard Learnで、グループ、組織・グループおよびスペースの違いは何ですか?

グループツールは、個々のコース内で、インストラクタが受講者のグループを定義および管理するためのツールで、グループの課題のために、既存のコースツール(例:ブログ、Wiki、日誌、ディスカッションなど)同様の高機能性を実現しています。

組織・グループは、コースの外部に存在するフル機能のコラボレーションエリアで、コース環境と同様の多彩な機能を持っており、永続的なクラブ、グループ、委員会、組織などに最適です。

スペースは、コースの外部に存在するより軽量なコミュニケーションおよびコラボレーション用の領域で、ユーザーにより一時的に作成され、非公式なラーニング、(例、スタディグループ)、同好会、およびコミュニティの構築などの用途に最適です。最も重要なのは、スペースには、グローバルラーニングネットワーク全体から異なる教育機関のユーザーを追加できるので、他のBlackboard Learnの機能では実現できない複数の教育機間にまたがるコミュニケーションおよびコミュニティの構築手段が得られるということです。 

これらのツールは、異なるシナリオおよびユーザーのニーズに対応するものであるため、Blackboard Learnでは、これら3つのツールが提供され続ける予定です。

スペースはどこに保存されますか?

スペースはクラウドベースのため、Blackboard Cloudに保存されます。そのため、スペースは、お使いのLearnのストレージ容量に影響しません。

ソーシャルのプロフィールおよびツールのローンチ時点で、Blackboardのインフラストラクチャには、米国ヴァージニア州レストンにあるBlackboardが運営するホスティングデータセンター、およびAmazon Webサービス(AWS)インフラストラクチャでホストされているサービスおよびコンポーネントが両方とも含まれる予定ですプロフィールおよびソーシャルデータは、米国にあるAWSでホストされているコンポーネントに置かれる予定です。現在、クラウドサービスデータはすべて、米国内でホストされています。

クラウドベースのサービスの利点の1つは、複数のインフラストラクチャプラットフォームの活用を可能にする柔軟性を備えていることです。これにより、インフラストラクチャプラットフォームを通じて、サービスの配置の詳細を時間の経過に伴い変更していくことが可能になります。

スペースにはどのような種類のプライバシーオプションがありますか?

スペースには、次のような異なるプライバシー設定があります。

  • すべてのBlackboardユーザー – Blackboard Learnユーザーは誰でも、このスペースを見つけて参加できます。
  • 保護 – Blackboard Learnユーザーは、誰でもこのスペースを見つけられます。ユーザーは、参加をリクエストするか、または招待が必要です。スペースマネージャが、すべてのメンバーを承認します。
  • プライベート – このスペースは、そのスペースのマネージャおよびメンバー以外には、検索時に表示されません。参加するには招待が必要です。

システム管理者が、特定のプライバシー設定を制限する、またはデフォルトとして設定できますか?

スペースのデフォルト設定は保護です。システム管理者は、特定のプライバシー設定を制限したり、またはデフォルト設定を変更できません。これらの設定は、クラウドベースのグローバルラーニングネットワークに接続しているすべてのLearn教育機関で同一であるためです。

不適切なコンテンツについてスペースを監視する方法は?

スペースは、プロフィールと同じ方法で監視および報告できます。ユーザーは誰でも、スペースから[レポート]をクリックして、スペースを報告するためのフォームに記入できます。

スペースは、固有のLearnインスタンスに関連付けられているため、スペースが報告されると、(どのLearnインスタンスから)誰がレポートしたのかに関係なく、当該インスタンスのシステム管理者に通知されます。管理者は、管理者パネルの[クラウド管理]の下にある[レポートされた項目]から、アクションを実行したり、報告されたスペースをブロックできます。スペースがブロックされると、そのスペースは、グローバルラーニングネットワーク全体でブロックされます。これは、プロフィールの場合と異なります。システム管理者がプロフィールをブロックした場合、そのプロフィールは同じLearnインスタンスのユーザーに対してしかブロックされません。

Blackboardプロフィールを持たないユーザーを、スペースに参加するよう招待することはできますか?

いいえ。スペースは、Blackboard Learn教育機関のグローバルラーニングネットワークの一部であるため、ソーシャルのプロファイルおよびツールが有効化されているBlackboard Learnインスタンス上にアカウントを持っている人だけがアクセスできます。スペースおよびそれ以外のソーシャルラーニングツールには、Blackboard Learnのユーザーアカウントのない人はアクセスできません。現在、他のプラットフォームはサポートされておらず、また、グローバルラーニングネットワークは「パブリック」に開かれていないからです。

MESSAGES

メッセージツールとは何ですか?

メッセージツールは、同じ教育機関およびグローバルラーニングネットワークを通じた非同期コミュニケーション機能を提供します。ユーザーは、今日、他のソーシャルプラットフォームで送受信されているものに似た、1対1および1対多メッセージを送信できます。[メッセージツール」では、メッセージを読む、メッセージに返信する、およびメッセージを作成することができます。

メッセージツールとコースメッセージの違いは何ですか?

新しいメッセージツールでは、同じコースに所属しているかどうかに関係なく、グローバルラーニングネットワーク内のBlackboard Learnユーザーなら誰にでもすばやくメッセージを送信できます。メッセージツールは、他のソーシャルアプリケーションに見られる同様のツールに似ています。比較すると、コースメッセージツールが特定のコース内の他のユーザーに対してのみメッセージを送信することを目的としているのに対して、メッセージツールは、件名の行を持ち、フォルダの作成および編集、メッセージの移動、既読/未読、完全なWYSIWYGコンテンツエディタなどの機能を備えた、より本格的なツールです。これらのツールは、異なるシナリオおよびユーザーのニーズに対応するものであるため、Blackboard Learnでは、両方のツールが提供され続ける予定です。

ユーザーのメッセージを表示したり、不適切なコンテンツを監視することはできますか?

いいえ。システム管理者が、ユーザー間のメッセージを表示することはできません。

ユーザーは、生涯にわたるプロフィールを1つ持つことができ、それらのプロフィールは複数の教育機関で使用されます(たとえば、複数の学校で受講している場合や、ある教育機関で受講者である人が別の教育機関で指導をしている場合)。そのため、クラウドベースのメッセージデータには、ユーザーと、他の教育機関の教職員/管理者/受講者との会話が含まれている場合があります。このような状況が存在することから、メッセージデータを個々のシステム管理者に公開するのは適切ではありません。

メッセージを自分の個人または教育機関の電子メールシステムと結びつけることはできますか?

メッセージツールは、Blackboard Cloudにより運用されている、完全に独立した非同期のコミュニケーションツールです。現在のところ、メッセージをユーザーの個人、または教育機関の電子メールシステムと統合する機能はありません。