メインコンテンツまでスキップ
pdf?stylesheet=default
Blackboard Help

クラウドに関するよくある質問

Cloudを有効にする計画を立てる場合は、次の項目を検討してください。

Blackboard Cloudを有効にする理由

Blackboard Cloudを有効にすると、ユーザーの教育機関でBlackboardクラウドサービスのすべての機能を利用できるようになります。これには、ソフトウェア更新、インライン課題採点およびソーシャルラーニングを促進する拡張されたツールが含まれます。

Blackboard Cloudを有効にしてもクラウドプロフィールおよびソーシャルラーニングは、自動的に有効になりません。

これらのツールは、今日の学習者のニーズを満たす教育体験を受講者および教育者に提供し、受講者のより積極的な参加を実現します。 

SP12または将来のリリースでは、Blackboard Cloudを有効にしないと受講者と教育者がソーシャルラーニングツールを利用できるように設定できません(クラウドコネクタを有効にする必要があります)。

Blackboard Cloudが有効または無効の場合に、SP10またはそれ以降でどのような機能が利用できるかは、以下の表を参照してください。

クラウドの影響を受けるSP10以降の機能

クラウドが無効

クラウドが有効

ログインオーバーレイ – SP10またはそれ以降のシステムにログインする場合に表示されるオーバーレイ画面で、SP10またはそれ以降のいくつかの新機能について、ユーザーの入力を要求します。

利用可能

拡張。オーバーレイからプロフィールを作成するためのユーザー入力が追加されます。

グローバルナビゲーション – My Blackboardへのゲートウェイ 新しいMy Blackboardツールだけでなく、ユーザーのコース、組織・グループ、および設定に1クリックでアクセスできます。

利用可能

拡張。メニューに[プロフィール]アイコンおよび[人]アイコンが追加されます。

My Blackboard – Learn全体を通じて重要な情報を集約する、Blackboardの新しいユーザーエクスペリエンスです。

利用可能

拡張。[プロフィール]ツールおよび[人]ツールが追加されます。

My Blackboard:プロフィールおよびプロフィールカード - ユーザーはBlackboardにIDを持つことができます。これにより、ユーザーはお互いを検索したり自分自身に関する情報を共有することが可能になり、ソーシャルラーニングが促進されます。

クラウド無効時には利用不可

利用可能。  プロフィールカードのアバター、名前、学習分野、および自己紹介の説明は、[人]ツール、[投稿]ツール、ユーザーリスト、ユーザーディレクトリ、掲示板、ブログ、日誌、およびWikiに表示されます。

My Blackboard:人 - ユーザーは自分の教育機関の他のユーザーを見つけたり、ユーザープロフィールを表示できます。

クラウド無効時には利用不可

利用可能。コミュニティのライセンスがある場合、各クラス内、各組織・グループ内を検索できます。また、教育機関全体を検索できます。

My Blackboard:投稿 - 全コース(およびコミュニティのライセンスがある場合は組織・グループ)内の、ブログ、日誌、Wiki、掲示板などのコラボレーションツールからの投稿とコメントを集約するストリームインターフェイスです。

利用可能

拡張。アバターおよび投稿機能付きのプロフィールカードが追加されます。

Service Pack 10およびそれ以降で、いくつかの機能がクラウドベースなのはなぜですか?

SP10(およびそれ以降)で、一部の機能がBlackboard Cloudベースなのは3つの理由があります。

  1. 技術革新および対応の迅速化:Blackboard Cloudに機能を構築することで、単一の現代的なテクノロジーのスタックを構築し、すべてのクライアントに同時に展開することが可能になります。これにより、特にソーシャルなどの急速に進歩しているテクノロジー領域において、クライアントの要求より迅速に対応できるようになります。同様に、改良、拡張、および新しい機能をより迅速かつ効率よくお届けできるようになります。
  2. 低いコスト負担でスケーラビリティを確保:いくつかのソーシャル機能は、その性格上インタラクティブであるため、大量のトランザクションおよびトラフィックが発生する可能性があります。リソースへの依存性の高い機能をBlackboard Cloud内に配置することで、性能上の負担をお客様から取り除き、Blackboardが引き受けます。その結果、クライアントおよびエンドユーザーの全体的なエクスペリエンスが向上します。
  3. 将来の教育機関間/グローバル機能:Blackboard Cloud内に配置しておくことで、最終的にはソーシャルラーニングツールは、複数のBb Learn教育機関にまたがってユーザー間を結びつけ、グローバルなBlackboardアカデミックネットワークを形成します。このネットワークにより、ユーザーは、これまでの方法ではアクセスできなかった関係や学習のためのリソースにアクセスできるようになります。

Blackboard LearnのインスタンスをCloudに接続するには、どうすればよいですか?

クラウドの接続

クラウドは、使用しているBlackboard Learnのインスタンスに接続する必要があります。「クラウド設定(ツール)」の管理者権限により、管理者はクラウドの設定を管理できます。

管理者パネルで、[クラウド管理]の下にある[クラウドコネクタ]をクリックします。以下の表に、利用可能なユーザーインターフェイスのエレメントを示します。

エレメント

説明

1. Blackboard Learnインスタンス

外部URL

所属する学校が公開するBlackboard LearnのURLを入力します。

2. クラウドの登録

表示名

所属する学校を識別するための表示名(学校の正式名称など)を入力します。このフィールドで略称を使用することは避けてください。

説明

表示名についてオプションの説明を入力します。

インスタンスのタイプ

使用している環境でこのBlackboard Learnのインスタンスを使用する方法を指定します。[製品]、[開発]、[ステージング]、または[テスト]を選択します。

サイトID

使用しているBlackboard Learnのインスタンスには、登録後に一意のサイトIDが割り当てられます。

接続日

インスタンスが正常に登録された日付と時刻。

3. 送信

送信

変更した設定を送信する準備ができたら、このボタンをクリックします。

クラウドへの接続とファイアウォールの設定

クラウドサービスに対して双方向に通信できる必要があります。テストサーバーとして運用している場合やセキュリティ上の理由からBlackboardをファイアウォールの内部で実行している場合、これらの機能を使うにはファイアウォールを開放する必要があります。クラウドサービスに対して双方向通信をオープンするには、https://nat.cloud.bbからの応答と、https://softwareupdates.cloud.bbhttps://api.cloud.bbおよびhttps://ui.cloud.bbのポート 443へのリクエストを許可するようにファイアウォールを構成する必要があります。

Learnシステムの接続後、Blackboardのクラウドのプロフィールおよびツールを有効にするには、どうすればよいですか?

クラウドのプロフィールおよびツールを有効にするには、以下の手順に従います。

  1. 管理者パネル]で、[クラウド管理]の下にある[クラウドのプロフィールおよびツール]をクリックします。
  2. オフ]をクリックして、クラウドを有効にします。
  3. 個人情報に関する条項を通読し、[承認]をクリックします。
  4. [クラウドの設定]ページが開きます。このページでは、コースおよび組織・グループをBlackboard Cloud上で表示する方法や、FacebookおよびTwitterとの統合の設定に関する選択が行えます。

FacebookおよびTwitterは、いずれもデフォルトでは[オン]になっています。

[クラウドのプロフィールとツール]オプションを[オン]にすると、ユーザーは新しいツールと機能にアクセスできるようになります。詳細については、「My Blackboard」を参照してください。

クラウドのプロフィールおよびツールを有効にした後で、無効にすることはできますか?

はい。クラウドのプロフィールおよびツールは、有効にしたときと同様に[クラウドのプロフィールおよびツール]メニューから無効にできます。無効にするには[オン/オフ]をクリックします。

クラウドのツールとサービスで作成して集積した情報はすべて、使用しているBlackboard Learnのインスタンスでは使用できなくなります。たとえば、ユーザーがプロフィールを作成した後にクラウドが無効になると、使用しているBlackboard Learnのインスタンスでユーザーがプロフィールの表示や編集を行うことはできなくなります。

Blackboard Cloudのツールとサービスで作成し集積した情報は、クラウドを無効にしたときには削除されません。Blackboard Cloudに保存されています。たとえば、ユーザーがプロフィールを作成していて、Blackboard Cloudが再度有効になった場合、ユーザーが編集したプロフィールがリストアされます。

Blackboard Cloudを有効にすると、Learn環境のセキュリティにどのような影響がありますか?

Learn環境およびBB Cloudには、複数のレイヤで構成されたセキュリティが存在します。ユーザーの認証は、Learnのインスタンスによって処理されます。Blackboard Cloudを追加しても、Learnの認証メカニズム(パスワード、デジタル証明書、CASなど)が変更されることはありません。

ユーザーは、Blackboard Cloudが有効になる前と同じメカニズムで認証されます。Blackboard Cloudにアクセスするためには、ユーザーは、まずLearnに対して認証を行う必要があります。Blackboard Cloudに対して直接、認証を行う手段はありません。ユーザーのセッションは、ログイン時にoAuthを使用してLearnインスタンスとBlackboard Cloud間で安全な通信を行うことで作成されます。Blackboard Cloudは、Learn自体のセキュリティを一切変更しません。

プロフィールサービスへのアクセスには、ローカルなLearnインスタンスとBlackboardクラウドサービス間の安全な接続が必要です。安全な接続は、インスタンスごとに1回、Learnの管理者パネルから設定します。個別プロフィールは、Learnインスタンスのローカルユーザーアカウントに結びつけられており、そのユーザーだけがLearnインスタンスを介してアクセスできます。

Blackboardは、クライアントに安全なアプリケーションを提供するために努力を続けています。Blackboardは、OWASP(Open Web Application Security Project)のセキュリティエンジニアガイドラインセットに基づいて製品を開発しています。これには、OWASPの10大脆弱性への特定の対抗策も含まれます。Blackboardは、これらのセキュリティプラクティスを、ソフトウェア開発サイクル(SDLC)のすべてのフェーズに取り入れています。

要件は、使用例ごとに認証要件を特定する必要があります。テクニカルデザインドキュメンテーションには、潜在的なセキュリティリスクの分析が含まれている必要があります。Blackboardの開発チームは、実装時にエンジニアリングコーディング標準を活用することで、既知の脆弱性の回避や、実証済みの対策集などを含む開発手法のベストプラクティスへの適合性が保証されるようにしています。

Blackboardは、自社のアプリケーションを保護するために、コードレベルで脅威を検出する「ボトムアップ」手法だけでなく、脅威をモデル化して分析する「トップダウン」のセキュリティアセスメントを含む複数の手法を使用しています。Blackboardは、開発およびリリースプロセスを通じて自社の製品に影響するいかなる脆弱性もタイムリーに解決策を提供できるよう努めており、規則的かつ効率的にセキュリティパッチの開発と配布を行っています。

クラウドのプロフィールおよびツールを有効にすると、どのようなデータがLearnからBlackboard Cloudに送信されますか?

クラウドを有効にすると、Learnインスタンス上のすべてアクティブユーザーに対してクラウドプロフィールが作成されます。Blackboardクラウドのプロフィールは、各ユーザーの氏名(姓)、氏名(名)、電子メールアドレス(利用可能な場合)、およびコース/組織・グループへの登録状況を収集します。最初のバッチ後、新しいLearnアカウントを作成する場合、新しく作成するアカウントについても、その作成時に同様の情報がLearnからクラウドサービスへ渡されます。

名前および電子メールの各データは、初期値としてプロフィールに入力されますが、ユーザーがクラウドのプロフィールに変更を行った場合、それらの変更はLearn側には返送されません。クラウドサービスは、Learnのための記録システムではないからです。

結果として、クラウドのプロフィール情報(名前、電子メールアドレス)は、Learnに返送されません。

毎回ユーザーがログインすると、Blackboard Cloudは、ユーザーのクラウドプロフィールとLearnの登録情報を同期するので、そのユーザーが所属しているコース/組織・グループを知ることができます([人]ツールで利用するため)。さらに、ユーザーのロケール(Blackboard Learnインターフェイスの表示に使用される言語)も、クラウドインターフェイスの表示に使用される言語を決定するために送信されます。

これは、ユーザーは、小/中/高等学校から大学等の高等教育機関に到まで、同じプロフィールを使い続けるということを想定しているためです。

クラウドが有効になると、ユーザーのプロフィール情報はひとまとめにされて、クラウドに渡されます。このプロセスはバックグラウンドで発生します。また、クラウドは、ユーザーおよびコースの両方について、Learnからのライフサイクルフックをリスンします、クラウドに保存されているユーザー情報(以下参照)が、Learnで変更されるとそれらの情報は、Cloudに同期されます(登録情報を含む)。コースタイトルが変更されるか無効になると、その情報もクラウドに渡されます。

また、毎回ユーザーがログインすると、Blackboard Cloudは、ユーザーのクラウドプロフィールをLearnの登録情報に同期するので、そのユーザーの最新のコース/組織・グループの登録情報を[人]ツールに表示できます。さらに、ユーザーのロケール(Blackboard Learnインターフェイスの表示に使用される言語)も、クラウドインターフェイスの表示に使用される言語を決定するために送信されます。

ユーザーがLearnにログインすると、登録情報を含むプロフィール情報がクラウドに同期され、登録情報が最新のものになります。

プロフィール中のそれ以外の情報(例:専攻、[自己紹介]の説明、追加の連絡先情報、投稿など)は、エンドユーザーによってクラウドプロフィールに入力される場合があります。

すべて情報は、セキュリティのためSSLおよびoAuthを使用して渡されます。クラウドは、LearnのユーザーIDを記録して保存しません。Learnは、クラウドのユーザーIDをその記録内に保存します。

ユーザーのセッションはどのようにしてクラウドに転送されるのですか?

BB Cloudは、独自の認証メカニズムを持っていません。ユーザーが、自分のクラウド情報にアクセスするためには、必ずLearnにログインする必要があります。

ユーザーがLearnにログインすると、Learnは、クラウドに対して安全なOAuthリクエストを作成し、そのユーザーのセッションを識別する1回しか使用できないトークンを取得します。このトークンは、iFrameを使用して、ユーザーのブラウザからクラウドに送信されます。トークンが有効(ユーザー、時刻、ノンス、LMSインスタンスなど)で、すべてLearnインスタンスから送信された情報に一致する場合、ユーザーのブラウザにクラウドセッションクッキーが戻されます。ユーザーは、LearnおよびCloudの両方にログインします。

ログアウトまたはセッションタイムアウトのいずれかによりLearnセッションが終了すると、Learnは、OAuthを使用してクラウドに接続してクラウドセッションを終了します。ユーザーのブラウザ上のクッキーはまだアクティブですが、クラウドでそのクッキーを使用しているセッションが終了されるので、それ以上のアクセスはできなくなります。セッションライフサイクル全体は、クラウドに同期しています。ユーザーがログイン中に予期せぬ理由でLearnがダウンした場合、Learnのセッションタイムリミットの最大値に達すると、そのセッションは終了します。

クラウドのデータはどこに存在するのですか?

ソーシャルプロフィールおよびそれ以外のソーシャルツールを含む、Blackboardのクラウドサービスに関連するすべてのデータは、Blackboardのクラウドインフラストラクチャにホストされています。

ソーシャルのローンチ時点で、Blackboardのインフラストラクチャには、Blackboardが管理するホスティングデータセンターとAmazon Webサービス(AWS)インフラストラクチャでホストされているサービスおよびコンポーネントが両方とも含まれる予定です。プロフィールおよびソーシャルデータは、米国にあるAWSでホストされているコンポーネントに置かれる予定です。

クラウドベースのサービスの利点の1つは、複数のインフラストラクチャプラットフォームの活用を可能にする柔軟性を備えていることです。これにより、インフラストラクチャプラットフォームを通じて、サービスの配置の詳細を時間の経過に伴い変更していくことが可能になります。

理由は?

主に初期リリースのコストと複雑さを抑制するために決定されました。単一テナント、共有クラウドアプリケーションをグローバルに運用して複数の地域のデータセンターに分散してユーザーのデータを保存するような設計には、本質的な問題が存在します。プラットフォームがより複雑になるため、結果的に配置およびサポートのためのコストの増大を招くことになります。

Blackboardは、複数の地域にデータを分散して管理するという手法について、今後の設計上進むべき道であるとは判断しませんでした。. . これまでのところ、いずれの方法についても積極的に採用することは控えてきました。これは、今後の開発についてまだ答えの出ていない問題です。

クラウドサービスのアーキテクチャ、設計、利用規約は、現在、EU、日本、オーストラリア、およびその地域のデータ保護ポリシーに準拠しています。Blackboardの法務部門は、Blackboardが当該ポリシー、特にSafe Harborフレームワークに則って運用されていることに自信を持っています。ただし、例外として、カナダのブリティッシュコロンビアおよびノバスコシアの各州の場合が挙げられます。これらの地域では、Blackboardが導入しているようなデータ保護手段が存在する場合でも、法律により米国内にデータを保存することが禁止されています。

国際的なクライアントへの特別な注意:

Blackboardは、米国外に拠点を持つデータセンターにより管理されているクラウドサービスを使用することについて、国際的なユーザーの一部が懸念を持っていることを理解しています。データセキュリティおよびプライバシー関連の法律は、地域、国、さらに場合によっては同一国内でも州、都道府県等により異なります。この状況は、特定の教育機関のポリシーが、当該地域の法律を異なる方法で解釈、また拡張し得るため、さらに複雑になっています。

Blackboardは、新しいクラウドベースを拡張する手始めとして、SP10およびソーシャルラーニングをLearnに導入するに当たり、これらの懸念に留意しています。また、従来型LMSにはコースおよび教育機関の壁という制約が存在します。クラウドベースのアプリケーションの利点の1つは、そうした壁を越えて指導と学習を展開できることです。Blackboardは、前述の懸念と、このような利点とのバランスを模索しています。データの常駐場所、およびそれがプライバシー及ぼし得る影響に対するすべての懸念に対して対策を取りつつ、この利点を維持して行くことは新しい課題と言えます。Blackboardでは、こうした新しい機能の導入に当たり、初期段階の対策だけでは、すべてのユーザーの懸念を解決できないことを認識しています。ただし、これらの懸念に対するBlackboardの認識が、いくつかの方法において当社のアプローチを特徴付けるものとなっています。

  • 新しいクラウドベースの機能はオプションであり、管理者によるアクティベーションが必要です。
  • 新しいクラウドベースの機能は完全に補助的なものであるため、教育機関がそれらの機能を有効化しないことを選択した場合でも、既存の機能への影響はありません。
  • 機能が有効化されると、個別のユーザーは、セキュリティ設定により自分のプロフィールデータを制御できるようになります。また、他のユーザーからの検出を可能にする前にオプトインする必要があります。
  • クラウドサービスのアーキテクチャは、将来、データを複数のホスティングセンターに分散して配置可能にすることを想定して設計されています。
  • Blackboardは、当社の製品がプライバシー保護のためのEUの基準に適合していることを保証する、US-EU Safe Harborプログラムに参加しています。(詳細については、「Blackboardプライバシーポリシー」を参照してください。)

Blackboardは、これらの新しいクラウドサービスを利用可能にする過程でこれらの採用パターンに細心の注意を払っていきます。また、これらの機能に対する将来の投資計画時にも、パターンを考慮するつもりです。

プロフィール関連の質問

「クラウドのプロフィールおよびツール」は、ソフトウェア更新を有効にしておく必要がありますか?

いいえ。ソフトウェア更新およびクラウドのプロフィールおよびツールの前提条件は、クラウドコネクタです。ただしクラウドのプロフィールおよびツールには、ソフトウェア更新は必要ありません(逆も同様です)。

クラウドプロフィールは、クラウドが有効になると自動的に作成されますか?

いいえ。クラウドコネクタを有効にすると、Blackboard Learnインスタンスがクラウドサービスに認識されます。クラウドコネクタを有効にしても、転送されるのはBlackboardサーバーに関するデータだけで、ユーザーに関するデータは転送されません。

クラウドのプロフィールおよびツールは、ユーザーのプロフィールをレンダリングできるように、ユーザーに関する基本的なデータをLearnからクラウドサービスに転送します。質問、「Blackboard Cloudを有効にすると、Learn環境のセキュリティにどのような影響がありますか?」を参照してください。

ユーザーが自分のプロフィールに利用できるプライバシー設定にはどのようなものがありますか?

ユーザーは、自分のプロフィールで4種類のプライバシー設定を使用できます。

  1. すべてのユーザー:Blackboardプロフィールを持っている人は、誰でもこのユーザーを検索したりメッセージを送信できます。これには、他校のBlackboardユーザーも含まれます。
  2. 所属教育機関: このユーザーのプロフィールは、自分と同じ教育機関の自分以外のBlackboardユーザーに対してのみ利用できます。
  3. プライベート: このユーザーをフォローする場合、リクエストと承認が必要です。自分と同じコース、組織・グループ、またはスペースのユーザーは、誰でもこのユーザーユーザーを検索したりメッセージを送信できます。
  4. 非表示: 他のユーザーは、このユーザーを表示したり、メッセージを送信したり、フォローすることはできません。このユーザーは、他のユーザーを表示したり、メッセージを送信したり、フォローすることはできません。非表示ユーザーは、ソーシャルラーニングスペースに参加できません。

ユーザーはプロフィールを削除できますか?できない場合、それはなぜですか?

ユーザーは、プライバシー設定を使用して自分プロフィールを非表示にできます。この設定を使用すると、他のユーザーが自分のプロフィールを表示できないようになります。ただし、この機能はシステムからデータを削除するものではありません。

ユーザーが自分自身のプロフィールを削除する方法はありません。ユーザーが自分のプロフィールを削除できるようにすると、時間的に対応できないくらいシステムが複雑になってしまいます。

誰がどのようなデータを削除できますか?

削除可能なデータは、多数存在します。プロフィール中のどのフィールドも、そのプロフィールの所有者が編集できます。また、プロフィールを非表示にしておくことに加えて、[表示名]および[電子メール]を除くすべてのプロフィール中のフィールドは空欄にしておくことができます([表示名]および[電子メール]は空欄にはできませんが、実際のデータを入力する必要はありません)。プロフィールのデータを編集したり空欄にしても、クラウドサービスに転送されたデータは削除されません。それらは、依然として維持されています。

また、ユーザーは、自分のプロフィールウォール、他のユーザーのプロフィールウォール、またはスペースに作成した投稿やコメントを削除できます(プロフィールウォールおよびスペース、12月にソーシャルのプロフィールおよびツール機能がリリースされるまでは利用できません)。スペースの作成者/管理者は、スペース内の投稿またはコメント、またはスペース自体を削除できます。

クライアントがBlackboardのユーザーでなくなった場合、Blackboardは、そのクライアントのデータをシステムから削除することができます。ただし、これはバックエンドプロセスであり、クライアントサポートを通じて開始する必要があります。

Blackboard Cloudに送信されるプロフィールのプライバシー設定のデフォルト値どのようになっていますか?

Blackboard Cloudに送信されるプロフィールのプライバシー設定のデフォルト値は[プライベート]です。

ユーザーは、どのような情報を自分のプロフィールに変更または追加できますか?

ユーザーは、次のような情報を変更または追加できます。プロフィール画像、自分のプロフィールに名前を表示する方法(注意:この設定は自分のプロフィール内の名前の表示方法のみを変更します。Learnシステム全体ではありません)、何を学習しているか、および[自己紹介]の簡単な説明です。

クラウドプロフィールの画像が自動的に設定されるように管理者が設定しておくことはできますか?

クラウドプロフィールのアバターは、ユーザーにより決定されます。SP10以前のアバターや受講者情報システムを利用して管理者が自動的に設定されるようにしておくことはできません。

所属する学校には、オンラインの侮蔑的な行為や不適切なコンテンツに対するポリシーがあるか?

クラウドを有効にすると、すべてのユーザーが各自のプロフィールを持ちます。そして、プロフィールを編集して、アバター、および学校の他のユーザーと共有したい情報を含めることができます。ユーザーは、プロフィールのコンテンツが不適切であると報告できます。プロフィールの報告を受けた場合、学校にはプロフィールを確認して対策を講じる責任があります。ユーザーのブロックや削除を行う基準に関するルールとポリシーを公開することがベストプラクティスです。基準に含める項目として、プライバシーの侵害、著作権の侵害、ポルノグラフィ、ハラスメント、攻撃的な言葉遣い、なりすましなどがあります。詳細については、「報告されたコンテンツの取り扱い」を参照してください。

ユーザーが自分のプロフィールに利用できるプライバシー設定にはどのようなものがありますか?

初期設定では、ユーザーのプロフィールプライバシー設定は、プライベートに設定されています。つまり、あるユーザーのプロフィールを表示できるのは、同じコースおよび組織・グループに所属しているユーザーだけです。詳細については、「ユーザープロフィール」を参照してください。

ユーザープロフィールに、FacebookおよびTwitterの統合機能はありますか?

あります。ユーザーが自分のプロフィールを作成または編集する場合、FacebookまたはTwitterからプロフィール画像、Facebook固有の電子メールアドレス、または、自分のFacebookまたはTwitterプロフィールから[自己紹介]の説明を取り込むことができます。

FacebookまたはTwitterとの統合機能はオフにできますか?それはどうやって達成できるのでしょうか?

FacebookおよびTwitterとの統合は、[プロフィールのツール]セクションの[オン]ボタンをクリックするだけで、簡単にオフにできます。

  1. 管理者パネル]で、[クラウド管理]の下にある[クラウドのプロフィールおよびツール]をクリックします。
    • 新しいクラウドベースの機能はオプションであり、管理者によるアクティベーションが必要です。
    • 新しいクラウドベースの機能は完全に補助的なものであるため、教育機関がそれらの機能を有効化しないことを選択した場合でも、既存の機能への影響はありません。
    • 機能が有効化されると、個別のユーザーは、セキュリティ設定により自分のプロフィールデータを制御できるようになります。また、他のユーザーからの検出を可能にする前にオプトインする必要があります。
    • クラウドサービスのアーキテクチャは、将来、データを複数のホスティングセンターに分散して配置可能にすることを想定して設計されています。
    • Blackboardは、当社の製品がプライバシー保護のためのEUの基準に適合していることを保証する、US-EU Safe Harborプログラムに参加しています。
    1. すべてのBlackboardユーザー:Blackboardプロフィールを持っている人は、誰でもこのユーザーを検索したりメッセージを送信できます。これには、他校のBlackboardユーザーも含まれます。
    2. 所属教育機関:このユーザーのプロフィールは、自分と同じ教育機関の自分以外のBlackboardユーザーに対してのみ利用できます。
    3. プライベート:このユーザーをフォローする場合、リクエストと承認が必要です。自分と同じコース、組織・グループ、またはスペースのユーザーは、誰でもこのユーザーユーザーを検索したりメッセージを送信できます。
    4. 非表示:他のユーザーは、このユーザーを表示したり、メッセージを送信したり、フォローすることはできません。このユーザーは、他のユーザーを表示したり、メッセージを送信したり、フォローすることはできません。非表示ユーザーは、ソーシャルラーニングスペースに参加できません。

複数のBlackboardインスタンス上にBlackboardアカウントを持っているユーザーは、同一のプロフィールを利用できますか?

たとえば、同じ受講者が複数の学校で受講している場合や、ある学校では教師だが別の学校では受講者である場合などです。

可能です。複数のBlackboardインスタンス上にBlackboardアカウントを持つユーザーは、単一のBlackboardプロフィールを複数のBlackboard Learnアカウントで使用できるように、プロフィールを結合できるようになりました。

この新しい機能は、個別のユーザーが、Blackboardソーシャルクラウド上に単一のプロフィールを維持しつつ、そのプロフィールを複数のBlackboard Learnアカウントで使用できるようにするためのものです。この機能は、複数の教育機関で同時にBlackboard Learnを使用しているユーザーをサポートします(たとえば、ある教育機関で大学院卒の学位の取得を目指すと同時に、別の教育機関で学部コースの教員として指導にあたっているユーザーや、4年制大学に在籍しつつ、夏季のみ地元のコミュニティカレッジでコアコースをいくつか履修しているユーザーなどです)。さらに重要な点として、この機能を使用すると、ユーザーが別の学校に移ったり、研究キャリアを進める際に、自分のプロフィールを移動できるということです。Blackboard Learnを使用している大学を卒業してBlackboard Learnを使用している大学院に進学するユーザーは、これまでと同じBlackboardプロフィール、これまで構築してきた関係、スペースへの参加などを、そのまま使用できます。

既存のプロフィールの結合

2つ以上のプロフィールを持っている場合、それらを1つのプロフィールに結合できます。

ターゲットプロフィールにするプロフィールを選択します。Blackboardでは、個人の電子メールアドレスを第1電子メールアドレスに登録しているプロフィールを選択することを推奨しています。

それ以外の既存のプロフィールの[第1電子メール]フィールドを編集して、ターゲットプロフィールと同じ電子メールアドレスを使用するようにします。これにより、結合処理が開始されます。

すべての既存のアクティビティおよび関係(投稿、コメント、スペースメンバシップ、フォロワー/フォロー関係)は、"ターゲット"プロフィールに結合されます。アバター、自己紹介、学習分野については、"ターゲット"プロフィールからのものだけが保持されます。

例を以下に示します。


  • 電子メールアドレス「me@myschool.com」を持つ既存のプロフィールがある場合、新しいプロフィールのセットアップ時に「me@myschool.com」と入力すると空の新しいプロフィールが既存のプロフィールに結合されます。
  • 既存のプロフィールが2つあり、1つは第1電子メールとして「me1@myschool.com」を、もう1つは、「me2@myschool.com」を使用しているとします。最初の電子メールもme2@myschool.comに変更すると、(第1電子メールが変更されていないため)"me2"のプロフィールがターゲットプロフィールになります。両方のアカウントからの投稿、コメント、スペースメンバシップ、フォロワー/フォロー関係が、結合されたプロフィールで利用できるようになります。ただし、結合されたプロフィールのアバター、自己紹介、および学習分野は、ターゲットプロフィールのものになります。

インライン課題採点問題

インライン課題採点とは何ですか?

インライン課題採点は、教育者の採点作業の操作性を向上するものです。これまでは、教育者が受講者が提出したファイルを表示または編集するには、それらをダウンロードしておく必要がありましたが、今回、それらのファイルをインライン、つまりWebブラウザ上で表示できるようになりました。注釈ツールにより、インライン表示中の文書に、コメント、ハイライト、そして描画機能などを使用してフィードバックを追加することもできます。インラインビューアは、Crocodocというサードパーティ製のクラウドベース技術を使用しています。

Crocodocとは何ですか?

Crocodocは、インライン課題採点機能で使用するためにBlackboardがライセンスしているサードパーティ製のクラウドサービスです。Crocodocは、Blackboardが管理しているクラウドサービスではありません。ただし、インライン課題採点Building Blockは、Blackboardが管理しているクラウドサービスに接続して、Blackboard Learnのインスタンスごとに一意のCrocodocトークンを取得します。このトークンは、そのBlackboard LearnインスタンスをCrocodocサービスに結びつけるために使用されます。このトークンの取得は、インライン課題採点Building Blockが利用可能になると、自動的に実行されます。この取得が実行されるためには、クラウドコネクタが有効になっており、また、Blackboard Cloudに接続するように設定されている必要があります。インライン課題採点Building Blockが、Blackboardが管理しているクラウドサービスからCrocodocトークンを取得するのが難しい場合は、次のエラーがインライン課題採点Building Blockの設定ページに表示されます。

クラウドコネクタを有効にする必要があるのは、Crocodocトークンの要求および取得のためだけです。トークンの取得さえ完了すれば、通常のインライン課題採点機能の使用時にはクラウドコネクタは必要ありません。

インライン課題採点に関しては、Blackboardは、CrocodocのテクノロジーをBlackboard Learnで使用するためのラインセンス契約をCrocodocと締結しています。大部分のOEMスタイルのライセンス契約の場合と同様に、CrocodocはBlackboard Learnの一部と見なされます。Blackboard Learn内でのCrocodocのテクノロジーの使用は、Blackboardプライバシーポリシーを含む、お客様とBlackboardとの契約に従います。

インライン採点ツール使用に関する主たるライセンス契約は、クライアントの教育機関とBlackboardとの間で交わされる契約です。Blackboard Learnの契約においてクライアントに付与される保護は、インライン採点ツールの使用もカバーしています。また、当該ツール内で使用されるデータに対しても、Blackboardプライバシーポリシーが適用されます。当該ツールのクライアント教育機関での使用はオプションです。

インライン採点ツールによって、個人を識別可能な情報がCrocodocと共有されますか?

Blackboard Learnシステムにより、ユーザーを個人的に識別可能な情報がCrocodocと共有されることはありません。送信される課題には、それぞれ文書IDが割り当てられますが、Crocodocに渡される情報はそれだけです。文書IDからユーザーへの対応付けは、Blackboard Learnデータベースにより処理され、Crocodoc側からは見えないようになっています。同様に、成績情報のエントリはBlackboard Learnにより処理されます。課題の採点結果がCrocodocに渡されることはなく、また、採点結果をCrocodocが利用可能な状態になることもありません。

ただし1点だけ注意が必要です。受講者が、自分の名前を提出する課題の答案用紙に記入したり、インストラクタが注釈ツールを使用して、採点を注釈の形で直接文書に入力した場合、それらの名前や採点が、Crocodocの環境に保存されることが技術的にはあり得ます。ただし、それらのデータは、Crocodocのシステム内では、送信した受講者の名前や採点であることが識別できるような構造化されたデータとして表現されていないため、実際に有用な情報を引き出すのは非常に困難であると思われます。

受講者が課題を送信した後は、何が起きますか?

受講者のファイル提出物は、通常どおり、インストラクタのLearnインスタンスに保存されます。提出物のコピーは、Crocodocクラウドサービスに送信され、変換されます。文書の変換バージョンは、Crocodocが管理するサーバー上のクラウドに保存されます。また、Crocodocアプリケーションおよび関連するデータ(変換された文書および注釈)は、米国内にホストされているAmazon Webサービスクラウドに保存されます。

Crocodoc内のファイルの保存場所は米国内だけです。BlackboardおよびAmazon Webサービスは、欧州データ保護規制に適合するために、Safe Harbor Guidelinesを遵守します。

受講者について個人を識別可能なデータがCrocodocに送信されることはありません。 Learnは、Crocodocから文書IDを取得して、そのIDを文書に割り当てます。ユーザー、コース、課題、および結果に対して割り当てられた文書IDは、Learn内でローカルに追跡されます。Crocodocは、これらのデータを一切使用できません。Crocodocに送信されるのは、変換するファイルのみです。(ただし、このファイルの内容に個人を識別できる情報が含まれている場合もあります。)変換後のファイルと、変換後のファイルに加えられた注釈は、Crocodocサービス内で保存されます。