メインコンテンツまでスキップ
pdf?stylesheet=default
Blackboard Help

テストおよびアンケートのオプション

テストおよびアンケートのオプションを使用すると、テストまたはアンケートの名前および説明を編集できます。オプションでは、アセスメントのアクセス設定、プレゼンテーション、およびフィードバックを制御します。これらのオプションは、アセスメントがコンテンツエリアに追加された後でのみ利用可能です。コンテンツエリアに追加されたテストを、導入済みのテストと呼びます。

導入済みのテストまたはアンケートのオプションを編集するには、テストまたはアンケートのコンテキストメニューにアクセスし、[テストオプションの編集]または[アンケートオプションの編集]を選択します。

テストアクセス設定の例外

新しい設定が、テストおよびアンケートオプションページに追加されました。テストアクセス設定の例外と呼ばれるこの設定は、コンテンツエリアにテストが追加されると利用可能になります。新しい設定を使用すると講師が、受講者のグループを1つまたは複数選択し、既存のアクセス設定に対して、多数の例外を作成できます。例外を使用して、身体に障害を持つ受講者向けに調整したり、技術と言語の違いに応じて調整したりすることができます。

これらの設定は、いつでも変更できます。一部の受講者がテストを受けた後でも可能です。ルール内で競合が生じた場合は、そのユーザーまたはユーザーグループに対する最も許容度の高い設定が適用されます。たとえば、受講者には最大の試行回数、最長の時間などが適用されます。グループに1つ以上のグループ例外が設定されていても、そのグループに属するユーザーに個別例外を明示的に追加した場合、それらのグループ例外よりも個別例外のほうが優先されます。

次に対して例外を作成できます。

  • 試行回数
  • テストの時間
  • 自動送信のオンまたはオフ
  • 開始日と終了日によるテストのアクセス設定
  • 強制完了のオンまたはオフ

テスト結果とフィードバックを受講者に表示

受講者はテストの完了後に、結果およびフィードバックを入手できます。インストラクタは、ルールを設定して、フィードバックが段階的に提示されるようしておくことで、テスト結果の漏洩を防ぎ、カンニングを防止できます。ルールは、表示されている順に発生します。

たとえば、[得点]、[すべての解答]、[正解]、[送信済み]、[フィードバック]、[不正解の解答を表示]の提示について、[送信後]を選択して、すべての解答オプションとともに得点を受講者に示すことができます。また、正解または不正解がマークされた送信済みの解答と、フィードバックも確認できます。

テストフィードバックオプション
フィードバックモード 説明
時期

テスト結果とフィードバックを受講者に表示するタイミングを設定します。

  • 送信後
  • 1度だけ表示
  • 特定の日付
  • 期日後
  • アクセス設定の最終日後
  • 試行の採点後
得点 受講者には満点に対する最終スコアのみが表示されます。
すべての解答 複数選択などの特定のタイプの質問に対して、すべての解答オプションが表示されます。
正解 受講者が正解した解答が表示されます。
送信済み 受講者が送信した解答がすべて表示されます。
フィードバック インストラクタが各質問に対して作成したフィードバックメッセージが表示されます。
不正解の解答を表示 不正解だった解答または部分的に不正解だった解答が表示されます。

テストの開始ページ

テストの前に受講者が目にする最初のページには、テストを受ける際の留意点を明確にするために、次のような変更が含まれています。

  • テストの説明(インストラクタが提供している場合)
  • テストの手順(インストラクタが提供している場合)
  • 強制完了とタイマー設定の説明

受講者がすでに試行を完了している場合、前に受けたテストのページが表示されます。この場所から次のことが可能です。

  • 前の完了情報を表示し、残りの試行がある場合はその数を表示する
  • コースに戻る
  • 前の試行を表示する
  • 許可されている場合に、テストを再び受ける

テストへの質問の追加

テストに追加した新しい問題は、テストの最下部ではなく、ドラッグした位置に表示されるようになりました。新しい質問は、テストキャンバス上の適当な場所に追加できます。

同じタイプの別の質問は、テストキャンバスページに戻ることなく追加できます。

期日および期日後の送信

新しい設定を使用すると、インストラクタは、期日後も受講者がテストを受けられるかどうかを決定できます。期日後もテストを受けられるようにしない場合、受講者は、期日を過ぎたのでテストを完了することはできないというメッセージを受け取ります。

期日後の送信を許可すると、[要採点]ページ、[全結果の表示]ページ、[テストの送信の確認]ページ、および[成績の詳細]ページの各ページに、その旨マークが付けられます。

詳細については、「テストキャンバスおよびアンケートキャンバスの使用」および「テストおよびアンケートのオプション」を参照してください。