メインコンテンツまでスキップ
pdf?stylesheet=default
Blackboard Help

アクセシビリティに関する改善点

これらのリンク先のリソースは英語版のみが提供されています。

Blackboardは、教育とはすべてのユーザーがアクセスできるものでなければならないと考えています。当社の製品チームは、Blackboard Learnプラットフォームから学習時に妨げとなり得る各種のバリアを取り除き、年齢、能力、または置かれている状況に関係なく利用できるようにすべく努力を続けております。当社のプラットフォームは、各種の標準に準拠しており、また、高い使いやすさを備えています。これは、ユーザーが、自分の好みの支援技術を併用できるということです。

Blackboardでは、次の2つの標準セットを使用してアクセシビリティのレベルを測定し、評価しています。米国連邦政府施行のリハビリテーション法第508条、およびWorld Wide Web Consortium(W3C)発行のウェブコンテンツアクセシビリティガイドライン(WCAG 2.0)。第三者機関がBlackboardのソフトウェアリリースの監査を実施し、製品のアクセシビリティを確認します。リハビリテーション法第508条に基づくアクセシビリティ基準に対するBlackboard Learn 9.1の適合(Voluntary Product Accessibility Template®(VPAT®)ツールを使用した表記)については、『VPAT for Blackboard Learn Release 9.1』(英語版のみ)を参照してください。ウェブコンテンツアクセシビリティガイドライン2.0、レベルAAのBlackboard Learn 9.1 SP11の適合性宣言については、「Learnのアクセシビリティの適合性宣言」を参照してください。

アクセシビリティに対するBlackboardの方針については、http://www.blackboard.com/accessibilityを参照してください。

クイックリンク

Service Pack 12では、Learnのナビゲーションエクスペリエンスについて、画期的な改良が利用可能になります。ページヘッダーとランドマークの統合は、すべてのユーザーが恩恵を受けますが、特に目は見えるがキーボードのみを使用しているユーザーのためのものです。

クイックリンクツールを使用すれば、Blackboard Learnアプリケーションの任意のページにある見出しやセクションをすばやく見つけ出し、その場所に直接移動できます。視覚障害者向けキーボードのみを使用するユーザー向けに、このようなナビゲーション効率を備えているアプリケーションは、この業界では他にありません。

左上にある[クイックリンク]アイコンを使用すると、ポップアップウィンドウが表示され、ページ内のランドマークとナビゲーションリンクが表示されます。また、ページで使用できるキーボードショートカットも表示されます。


詳細については、「クイックリンク」を参照してください。

テストアクセス設定の例外

これまでも、インストラクタは、テストにアクセス設定の例外を設定できました。今回、インストラクタは、異なるユーザー、またはユーザーのグループに対して、異なるアクセス設定ルールを選択できるようになります。たとえば、障害のある特定の受講者は、テストを完了するためにより長い時間を必要とする場合があります。
 
テストアクセス設定の例外は、テストオプションページの新しい設定の集まりで、コンテンツエリアにテストが追加されると利用可能になります。1つ以上の受講者グループを選択し、すでに決められているアクセス設定に対して例外をいくつか作成します。例外を使用して、身体に障害を持つ受講者向けに調整したり、技術と言語の違いに応じて調整したりすることができます。次に対して例外を作成できます。
  • 試行回数
  • タイマー
  • アクセス設定
  • 強制完了

コンテンツエディタの数式

SP 10で、コンテンツエディタの数式エディタ機能であるWIRISが導入されました。SP 10では、JavaアプレットでWIRISプラグインが提供されていました。つまり、ターゲットプラットフォームにJava仮想マシン機能が必要とされていたので、数式エディタ機能を利用できないプラットフォームもありました。SP 12では、JavaScriptに基づく新しいWIRISエディタが導入されています。これにより、Javaへの依存がなくなり、ブラウザでJavaを実行できないプラットフォーム(iOSなど)でも、数式エディタのすべての機能を使用できるようになりました。JavaScript対応のブラウザを実行できるすべてのプラットフォームに対して、WIRIS数式エディタの機能が展開されます。

非アクセシブルなアプレットベースのエディタからJavaScriptベースのエディタに移行すると、アクセシビリティが改善します。