メインコンテンツまでスキップ
pdf?stylesheet=default
Blackboard Help

メタデータテンプレートの作成

ライブラリ管理者は、任意のフォルダおよびそのコンテンツに適用できるカスタムメタデータテンプレートを作成できます。テンプレートはフォルダで利用可能になると、そのフォルダ内のすべてのコンテンツ項目で利用可能になります。これらのテンプレートには、既存のメタデータ属性フィールドだけでなく、新しい属性とフィールドをいくつでも含めることができます。

属性の詳細については、「メタデータの属性の管理」を参照してください。

テンプレートの作成方法

  1. [ツール]メニューの[メタデータテンプレート]リンクをクリックします。
  2. [ テンプレートの作成]をクリックします。
  3. [ページヘッダー]フィールドのテンプレートの最上部に表示されるテキストを入力します。これは必須フィールドです。
  4. [フォーム名]フィールドに、テンプレートの名前を入力します。これは必須フィールドです。
  5. [説明]フィールドに、テンプレートの説明を入力します。
  6. 送信]をクリックします。[フォームデザイン]ページが表示されます。

テンプレートを追加したら、次の手順でテンプレートの表示方法をデザインします。ページ手順、ヘッダー、および個別のフィールドが追加され、テンプレートが完成します。

機能

テンプレートのエレメント
機能 説明
追加 [追加]ドロップダウンリストからデザイン要素を選択します。
  • [手順]を選択します。これらの手順は、メタデータテンプレートの作成時にページの最上部に表示されます。
  • [手順ヘッダー]を選択します。テンプレート内のグラフィカルな区切り要素で、データ入力フィールドを論理的にグループ化するために使用します。
  • [フィールド]を選択します。個別のデータフィールドです。
Delete デザイン要素を選択し、[削除]をクリックして、それらの要素をテンプレートから削除します。
プレビュー クリックして、作成中のテンプレートをプレビューします。メタデータテンプレートは、新しいウィンドウに表示されます。
ページ手順 [編集]をクリックして、ページ手順を変更します。
手順ヘッダー:詳細 [編集]をクリックして、手順ヘッダーのテキストを変更します。

メタデータテンプレートを編集する方法

ライブラリ管理者は、メタデータテンプレートで使用されるフィールドを作成、削除、およびカスタマイズできます。これらのフィールドは、完全に新規で作成するか、既存の属性のリストから追加することができます。ライブラリ管理者は、既存の属性をメタデータテンプレートに追加したり、新しい属性を作成したりできます。新しい属性は[属性の管理]ページに追加され、他のメタデータテンプレートで再利用することもできます。

メタデータテンプレートのタスク
機能 説明
編集 このテンプレートの名前および説明を編集します。
フォームデザイン このフォームのフィールド、ラベル、および編成を編集します。
利用可否の設定 このテンプレートのアクセス設定を編集します。

メタデータテンプレートプロパティの編集方法

メタデータテンプレートプロパティは、テンプレート自体のメタデータとして機能します。これらのプロパティにより、ユーザがテンプレートにアクセスできるようになったり、バッチ操作を簡単に行ったり、テンプレートビルダに記述データを追加できるようになります。

メタデータテンプレートのアクセス設定の編集方法

ライブラリ管理者および他のユーザは、メタデータテンプレートをContent Managementユーザの選択グループに利用可能にすることで、メタデータテンプレートの使用を制御できます。コンテンツ管理項目は、特定のフォルダにグループ化し、特定のコースに割り当てることができます。このコンテンツは、部門または教育機関全体で共有することもできます。

  1. [ツール]メニューから[メタデータテンプレート]をクリックします。
  2. テンプレートのコンテキストメニューで次のオプションのいずれかを選択します。
    1. [ツール]メニューの[メタデータテンプレート]をクリックします。
    2. 該当するテンプレートのコンテキストメニューで[編集]を選択します。
    3. [ページヘッダー] (必須フィールド)、[フォーム名] (必須フィールド)、および[説明]フィールドを編集します。
    4. [送信]をクリックします。
    1. [ツール]メニューの[メタデータテンプレート]をクリックします。
    2. 編集するテンプレートのコンテキストメニューで[利用可否の設定]を選択します。
    3. [はい]を選択して、システム全体でテンプレートを利用できるようにします。
    4. [すべてのフォルダ]または[選択したフォルダとすべてのサブフォルダ]を選択して、ディレクトリレベルでのテンプレートのアクセス設定をコントロールします。
    5. [選択したフォルダとすべてのサブフォルダ]を選択した場合は、[参照]をクリックして、フォルダおよびサブフォルダを選択します。
    6. [項目の追加]ページにメタデータフォームを追加するためのボタンをクリックして、[項目の追加]ページ、および[フォルダの追加]ページにメタデータフォームを表示します。
    7. [送信]をクリックします。

      ディレクトリのアクセス設定オプションで、ディレクトリレベルでのテンプレートのアクセス設定を制御します。

      • [すべてのディレクトリ]オプションを使用すると、テンプレートを広範囲で利用可能にできます。
      • [選択済みディレクトリ]オプションおよび[選択済みディレクトリおよびサブディレクトリ]オプションを使用すると、テンプレートを特定のディレクトリおよびサブディレクトリに利用可能にできます。これらのディレクトリおよびサブディレクトリを選択するには、[参照]機能を使用します。

メタデータテンプレートフォームの編集方法

  1. [ツール]メニューの[メタデータテンプレート]をクリックします。
  2. 編集するテンプレートのコンテキストメニューで[フォームデザイン]を選択します。
  3. 該当するフォーム要素で[編集]をクリックします。

次のような変更が可能です。

メタデータフォームデザインのタスク
目的 操作
手順を既存のメタデータテンプレートに追加する [追加]ドロップダウンリストから[手順]を選択します。
手順ヘッダーを既存のメタデータテンプレートに追加する [追加]ドロップダウンリストから[手順ヘッダー]を選択します。
個別のフィールドを既存のメタデータテンプレートに追加する [追加]ドロップダウンリストから[フィールド]を選択します。
個別のフィールドを既存のメタデータテンプレートから削除する フィールドの横にあるチェックボックスをオンにして、[削除]をクリックします。
既存のメタデータテンプレートをプレビューする [プレビュー]をクリックします。メタデータテンプレートが別のウィンドウに表示されます。

メタデータテンプレート要素の配置方法

メタデータテンプレートフォーム要素の配置
フォーム要素 説明
手順 [メタデータテンプレート]ページの最上部に手順が表示されます。
手順ヘッダー 手順ヘッダーはメタデータテンプレート内のグラフィカルな区切り要素で、データ入力フィールドを論理的にグループ化するために使用します。
個別のフィールド メタデータテンプレートを構成するフィールドです。これらのフィールドは、テンプレート用に新たに作成したり、すでに作成されていて、システムで使用中の属性のリストからインポートしたりできます。

フィールド

各要素には独自のページがあり、編集できるフィールドが含まれています。次に、フィールドについて説明します。

メタデータテンプレートフォームの設定
フィールド 必須? 説明
ページ手順の編集
手順 いいえ [メタデータテンプレート]ページの最上部に表示される手順を入力します。

手順がない場合はこのフィールドを空白のままにしてください。

メタデータテンプレートの一部にのみ適用される手順については、ステップ手順またはフィールドレベルのヘルプテキストの使用を検討してください。

手順ヘッダーの編集
手順ヘッダー はい 手順ヘッダーに表示されるテキストを入力します。手順ヘッダーはメタデータテンプレート内のグラフィカルな区切り要素で、データ入力フィールドを論理的にグループ化するために使用します。
フィールドの編集
属性名 該当なし これは属性の名前です。
フィールドラベル はい [メタデータテンプレート]ページに表示されるフィールドの名前を入力します。
フィールドスタイル はい 次の選択属性のスタイルから選択します。
  • [ドロップダウン]を選択すると、単一の選択のみを行うことができる、値のドロップダウンリストが作成されます。
  • [リストメニュー]を選択すると、1つまたは複数の選択を行うことができる、値の固定リストが作成されます。
  • [ラジオボタン]を選択すると、単一の選択のみを行うことができる、一連のボタンが作成されます。
  • [テキスト領域]を選択すると、テキストフィールドが作成されます。
  • [テキストエディタ]を選択すると、テキストを入力して書式設定できるテキストエディタを作成します。
ルールオプション いいえ このフィールドの使用方法を選択します。
  • [読み取り/書き込み]を選択すると、このメタデータテンプレートのユーザがこのフィールドの値を入力および編集できます。
  • [読み取り専用]を選択すると、ユーザはこのフィールドにデータを入力できません。
  • フィールドを必須にするには、[必須]チェックボックスをオンにします。
ヘルプテキスト いいえ フィールドの下に表示されるユーザ支援テキストを入力します。
選択属性オプション
オプションの追加 いいえ [オプションの追加]をクリックして、選択属性を定義します。完了したら、[送信]をクリックします。
ラベル はい フィールドのオプションのいずれかに名前を入力します。
はい オプションのデフォルト値を入力します。
システムのアクセス設定 いいえ オプションを有効にするには、[はい]をクリックします。