メインコンテンツまでスキップ
pdf?stylesheet=default
Blackboard Help

特定のアクションに必要なアクセス権

次の表で、特定のアクションに必要なアクセス権について説明します。フォルダの場合、ユーザは一般的にフォルダおよびそのすべてのコンテンツ、サブフォルダおよびそのコンテンツのアクセス権が必要です。

注 :  ユーザが作業しているフォルダの読み取り権と、フォルダおよびそのコンテンツに必要な他のアクセス権を持っていれば、サブフォルダの読み取り権は必ずしも必要ではありません。たとえば、ユーザが親フォルダの読み取り権と削除権、およびサブフォルダの削除権のみを持っている場合は、親フォルダ(サブフォルダも含む)を削除できます。この場合、ユーザは読み取り権を持っていないため、サブフォルダのみの削除はできません。

必要なアクセス権
操作 必要なアクセス権
ファイルまたはフォルダを追加する 現在のフォルダの読み取り権および書き込み権
アクセス権を追加、編集または削除する 項目の読み取り権および管理権
アクセス権を表示する 項目の読み取り権および管理権
ファイルまたはフォルダをダウンロードする ファイルまたはフォルダおよびダウンロードするフォルダ内のすべての項目およびフォルダの読み取り権
ファイルまたはフォルダをEメールで送信する 項目またはフォルダの読み取り権
ファイルまたはフォルダのプロパティを表示する 項目の読み取り権
ファイルまたはフォルダをコピーする 項目(およびフォルダの場合はそのすべてのサブフォルダおよびファイル)の読み取り権およびコピー先フォルダの書き込み権
ファイルまたはフォルダのプロパティを編集する 項目の読み取り権および書き込み権
ファイルまたはフォルダを移動する 移動させる項目の読み取り権、削除権および移動先フォルダの書き込み権
ファイルまたはフォルダを削除する 項目の読み取り権および削除権
ファイルまたはフォルダをロックおよびロック解除する 項目の読み取り権と書き込み権。ロックの所有者(ロックを設定したユーザ)のみが項目をロック解除できます。
ファイルまたはフォルダにコメントを追加または表示する コメントが共有されている場合は項目またはフォルダの読み取り権。コメントがプライベートの場合は項目またはフォルダの読み取り権および管理権
ファイルまたはフォルダにブックマークを付ける 項目の読み取り権
トラッキング – 有効または無効にする 項目の読み取り権と管理権
バージョン – ファイルをチェックアウトする 項目の読み取り権および書き込み権
バージョン – ファイルをチェックインする ファイルがチェックアウトされるとバージョンはロックされます。ロックの所有者(ファイルをチェックアウトしたユーザ)のみがチェックインできます。ユーザには項目の読み取り権および書き込み権が必要です。
バージョン – ファイルを削除する 項目の読み取り権、書き込み権および削除権
バージョン – ファイルをロールバックする ロックの所有者(ファイルをチェックアウトしたユーザ)のみがバージョンをロールバックできます。ユーザには項目の読み取り権および書き込み権が必要です。
ワークフロー – ファイルを追加する 項目の読み取り権と管理権
ワークフロー – コメントを追加する ユーザはワークフローアクティビティの所有者または受信者である必要があります。
ワークフロー – ファイルを編集する ユーザはワークフローアクティビティの所有者である必要があります。
ワークフロー – 送信または受信したワークフローアクティビティからコメントを削除する ユーザはワークフローアクティビティの所有者かコメントを送信したユーザである必要があります。