メインコンテンツまでスキップ
pdf?stylesheet=default
Blackboard Help

日誌

どのツールを使用できるようにするかは、インストラクタと教育機関が管理しています。

日誌ツールは、インストラクタと個人的にコミュニケーションするための個人用スペースです。ユーザは日誌を自己反省用ツールとして使用することもでき、コースについての意見、アイデア、疑問点を投稿したり、コースに関連する教材について議論および分析したりできます。たとえば、ユーザは、直面した問題と、その解決方法を説明できます。インストラクタでは、ディスカッションのトピックを一覧表示することにより、日誌エントリの実質的な形式を整え、論点を絞り込むことができます。

インストラクタは日誌エントリの公開を選択することができます。公開するとすべてのコースメンバがすべてのエントリを表示できるようになります。学生は他の学生の記述内容を読み、そのアイデアを発展させることができます。

グループ領域で使用する場合、グループのメンバは、グループ日誌のお互いのエントリを表示して、コメントを作成することができます。グループ全体でインストラクタとコミュニケーションすることができ、すべてのメンバが作成されたコメントから恩恵を受られます。

インストラクタはグループ日誌を採点し、その評価をコースグループのすべてのメンバに適用することができます。また、日誌エントリは、コミュニケーション専用にも使用できます。いずれの場合にも、1つの日誌トピックに対して複数のエントリを作成することができます。

日誌へのアクセス

日誌には、コースメニューまたは[ツール]ページでアクセスします。日誌のリストページで、アクセスする日誌のトピックの名前をクリックします。日誌のトピックはアルファベット順に表示されます。

日誌トピックページ

日誌トピックページは、2つのメインセクションに分かれています。1つはコンテンツフレーム、もう1つはサイドバーです。

  1. 日誌エントリの作成:日誌エントリは、必要な数だけ作成できます。たとえば、インストラクタが成績割り当て前に説明を求めるコメントを追加したり、別のエントリのトピックを提案したりする場合があります。
  2. 日誌の手順 : インストラクタが日誌に配置したセクションを展開して、日誌の手順やゴールを表示できます。
  3. 日誌エントリ : 日誌エントリはコンテンツフレームに表示されます。

  4. コメント:クリックして、自分の考えを追加します。
  5. ドラフトの表示:ドラフトとして保存されたエントリにアクセスします。
  6. 日誌の詳細:サイドバーでこのセクションを展開して、他のユーザがコメントを作成したかどうかなど、日誌に関する情報を表示します。
  7. 成績 : このセクションは、インストラクタが日誌の採点を有効化した場合に表示されます。日誌エントリが採点されている場合に見ることができます。
  8. インデックス:1週間または1か月間に選択したエントリのタイトルを表示します。期間は、日誌作成時のインストラクタの設定によって決定します。最新のエントリタイトルが最初に表示されます。

日誌エントリの作成方法

日誌トピックを作成できるのはインストラクタのみですが、作成された後は、ユーザがエントリを作成できます。

日誌エントリを作成するには、次の手順を実行します。

  1. 日誌トピックページで、操作バーの[日誌エントリの作成]をクリックします。
  2. [日誌エントリの作成]ページで、[エントリのタイトル]と[エントリのメッセージ]を入力します。
  3. オプションで、[日誌エントリファイル]セクションの[マイコンピュータの参照]をクリックして、コンピュータからファイルをアップロードします。また、コースのストレージリポジトリからファイルをアップロードすることもできます。
  4. コースファイルがコースのストレージリポジトリの場合は、[コースの参照]をクリックします。

    -または-

  5. 教育機関にContent Managementがライセンス付与されている場合は、[コンテンツ管理の参照]をクリックします。

    学生によって追加されたファイルがエントリとともに表示されます。ただし、これらのファイルはコースファイルまたはコンテンツ管理に保存されません。

  6. [エントリの投稿]をクリックします。

    -または-

    [エントリをドラフトとして保存]をクリックして、後で投稿できるように保存します。

    インストラクタが日誌にルーブリックを関連付けていて学生が利用できるようにしている場合、[成績]セクションの[ルーブリックの表示]をクリックすると、採点基準が表示されます。

日誌のドラフトの表示

日誌エントリを保存して後で編集する場合、日誌のトピックページで[ドラフトの表示]をクリックします。編集および投稿を行うには、エントリのタイトルをクリックします。

日誌エントリへのコメント

インストラクタから許可されている場合、日誌エントリにコメントを追加できます。エントリに対するインストラクタのコメントに続けてコメントを追加して、会話を継続できます。

ユーザは、日誌が公開されていても別のユーザの日誌エントリにはコメントを作成できません。グループメンバである別のユーザのエントリにのみコメントを作成できます。グループ日誌の場合、すべてのグループメンバとインストラクタは個々のエントリにコメントを作成できます。

日誌エントリの編集または削除

自身の日誌エントリを編集または削除できるかどうかは、担当インストラクタが決定します。日誌のトピックページで、エントリのコンテキストメニューにアクセスし、[編集]または[削除]をクリックします。日誌エントリの削除操作は元に戻せません。

日誌の成績の表示

インストラクタが日誌エントリを採点した後は、2つの場所で成績を確認できます。採点情報は、日誌のトピックページの[成績]セクションと、[成績表]ページに表示されます。フィードバックおよび成績が割り当てられた日付もこれらの領域に表示されています。詳細については、「成績表」を参照してください。

ルーブリック

インストラクタが日誌にルーブリックを関連付けていて利用可能にしている場合、[ルーブリックの表示]をクリックすると、採点基準が表示されます。

トラブルシューティング

  • 投稿中にインストラクタが日誌を削除した場合、日誌およびすべてのコメントは削除されます。
  • 投稿中に日誌が利用不可に変更された場合、その日誌は教員の[編集]ビューに引き続き表示されますが、ユーザには表示されなくなります。
  • [ユーザがエントリを編集および削除できるようにする]設定が変更された場合、エントリはそのまま残りますが、ユーザは編集できなくなります。
  • [ユーザがコメントを削除できるようにする]設定が変更された場合、コメントはそのまま残りますが、ユーザは削除できなくなります。