メインコンテンツまでスキップ
pdf?stylesheet=default
Blackboard Help

コースのメッセージ

どのツールを使用できるようにするかは、インストラクタと教育機関が管理しています。

Blackboard Learnコースメッセージツールでは、慣れ親しんだEメールに似た環境を使用して、コースのコミュニケーションを行います。コースのメンバごとにアカウントが自動的に作成され、メッセージは、このアカウントを使用して送受信が行われます。外部Eメールアドレスが使用されないため、プライバシーが強化されます。外部要因によってコースのコミュニケーションが影響を受けることもありません。また、学生のEメールアドレスが間違っている場合や無効な場合にも、コースのコミュニケーションへの影響は生じません。

コース外でコースメッセージを受け取ることはできません。新しいコースメッセージを受信すると、[所属教育機関]タブの[最新情報]モジュールとコースの[ホームページ]で、メッセージの着信が通知されます。

通常は、コースのツール領域を通してメッセージにアクセスできます。ただし、インストラクタはアクセスを制限したり、コースメッセージに直接アクセスできるようにコースメニュー上にリンクを作成したりすることができます。

コースメッセージの作成方法

  1. コースメニューで[ツール]をクリックします。
  2. [ツール]ページでコースの[メッセージ]をクリックします。
  3. [コースのメッセージ]ページで、操作バーの[メッセージの作成]をクリックします。

  4. [メッセージの作成]ページで、[宛先]をクリックするとコースメンバのリストが表示されます。
  5. [受信者の選択:送信先行]ボックスから受信者を選択し、右矢印をクリックして[受信者]ボックスに移動させます。CcおよびBcc機能を使用して、メッセージに関心があると考えられるが主要な受信者ではないユーザに対して、コースメッセージを送信することができます。Bccを使用すると、他の受信者は、Bccフィールドに表示されたユーザがメッセージを受信したことがわかりません。

    Windowsの場合、連続した複数のユーザを選択するには、[Shift]キーを押して、最初の名前と最後の名前をクリックします。連続していないユーザを選択するには、[Ctrl]キーを押しながら必要な名前をそれぞれクリックします。Macの場合は、[Ctrl]キーの代わりに[command]キーを押します。また、[すべて選択]機能を使用して、すべてのコースメンバを選択することもできます。

  6. 件名とメッセージを入力します。オプションで、コンテンツエディタを使用してテキストの書式設定を行うことができます。
  7. メッセージに添付するファイルを選択するには、[参照]をクリックします。メッセージが返信または転送の場合は、元の添付ファイルを追加するオプションがあります。
  8. [送信]をクリックします。

コースメッセージのフォルダの作成

教育機関側がパーソナルフォルダの作成を許可している場合、これらのフォルダを作成してコースメッセージを整理できます。パーソナルフォルダは、メッセージの保存にのみ使用されます。受信したメッセージは、最初は必ず[受信トレイ]フォルダに表示されます。また、送信したメッセージは必ず[送信済み]フォルダに表示されます。メッセージの表示後に、メッセージをパーソナルフォルダに移動できます。

コースメッセージへの返信

[メッセージの表示]ページで、メッセージを作成して送信者に返信する場合は操作バーの[返信]をクリックし、すでに[宛先:]フィールドに読み込まれている受信者のすべてに返信する場合は[全員に返信]をクリックします。

他のユーザをメッセージに追加することもできます。メッセージのテキストは、元のメッセージのテキストが入力された状態になっています。追加テキストを付加することができます。

コースメッセージの転送

[メッセージの表示]ページで、操作バーの[転送]をクリックします。[メッセージの転送]ページで、受信者を[受信者の選択:送信先行]ボックスから選択し、右矢印をクリックして[受信者]ボックスに移動させます。

Windowsの場合、連続した複数のユーザを選択するには、[Shift]キーを押して、最初の名前と最後の名前をクリックします。連続していないユーザを選択するには、[Ctrl]キーを押しながら必要な名前をそれぞれクリックします。Macの場合は、[Ctrl]キーの代わりに[command]キーを押します。また、[すべて選択]機能を使用して、すべてのコースメンバを選択することもできます。

コースメッセージの移動

メッセージを任意のフォルダからパーソナルフォルダに移動することができます。メッセージを整理して、後で見つけやすくするには、パーソナルフォルダを使用することをお勧めします。フォルダ間でメッセージを移動するには、[メッセージの移動]機能を使用します。[送信済み]フォルダまたは[受信トレイ]フォルダにメッセージを移動することはできません。

コースメッセージの削除

不要になったメッセージは削除できます。各メッセージのチェックボックスをオンにし、操作バーの[削除]をクリックします。この操作は元に戻せません。

コースメッセージの印刷

[メッセージの表示]ページで、操作バーの[印刷]をクリックします。Webブラウザの印刷設定を使用して、メッセージが印刷されます。