メインコンテンツまでスキップ
pdf?stylesheet=default
Blackboard Help

コラボレーションツール

どのツールを使用できるようにするかは、インストラクタと教育機関が管理しています。

コラボレーションツールを使用すると、リアルタイムの授業およびディスカッションに参加できます。このようなセッションとしては、オンラインのディスカッション、テストのレビューセッション、リアルタイムの講義、ライブでの質問と回答のフォーラムなどがあります。以前のセッションの記録をレビューすることもできます。

コースグループでは、コースグループメンバのみが利用できるプライベートセッション用のコラボレーションツールも使用できます。

次の2つのコラボレーションツールを使用できます。

  • バーチャルクラスルームには、ホワイトボード、チャットパネル、Webブラウザ、コースマップ、および質問と回答を行うことができる領域があります。
  • チャットを使用すると、オンラインでテキストメッセージを交換できます。バーチャルクラスルームとは別個にチャットにアクセスできます。

バーチャルクラスルームツールのアクセス可能バージョンを利用できます。[コラボレーションセッション]ページでセッションに参加すると、このバージョンへのリンクが表示されます。

始める前に

  • コラボレーションツールを使用するには、Java 2 RunTime Environmentが必要です。プラグインは、コラボレーションセッションに参加するときに表示されるページからダウンロードできます。コラボレーションツールを適切に実行するには、ポップアップを有効にする必要があります。
  • Safariを使用するには、ポップアップウィンドウのブロック機能を無効にする必要があります。

コラボレーションツールへのアクセス

  1. コースメニューで[ツール]をクリックします。
  2. [ツール]ページで、[ コラボレーション]をクリックします。
  3. [コラボレーションセッション]ページの[ツール]列で、担当インストラクタが作成したツールセッションを表示できます。

[コラボレーションセッション]ページ

  1. フィルタ:ページに示されたセッションをフィルタリングできます。ドロップダウンリストで、表示するセッションの種類を選択して[検索]をクリックします。
    • すべて表示:すべてのコラボレーションセッションを表示します。
    • 利用可能なセッション:アクセス可能なセッションをすべて表示します。
    • 記録付きセッション:アーカイブを持つ完了済みのセッションを表示します。
    • 今後のセッション:今後行われる予定のセッションを表示します。
  2. 検索基準:特定のセッションを検索できます。ドロップダウンリストで、[セッション名]、[開始日]、または[終了日]を選択して、テキストボックスにキーワードを入力します。[検索]をクリックします。
  3. [セッション名]列で、タイトルをクリックしてセッションに参加します。
  4. セッションの記録を表示できます。セッションのコンテキストメニューにアクセスして[記録]を選択します。

ユーザの担当

コラボレーションセッションでは、次の3つの担当を使用できます。

  • モデレータ : 通常、モデレータはインストラクタで、地球儀アイコンで表されます。モデレータは、参加者の担当の変更、参加者へのパッシブユーザ権限の付与、ユーザの強制退室、セッションの記録と終了を実行できます。
  • アクティブユーザ:デフォルトでは、アクティブユーザはチャットセッション中に何度でもメッセージを送信できます。アクティブユーザはフルカラーのアイコンで表されます。
  • パッシブユーザ:パッシブユーザは、チャットのやり取りを見ることできますが、メッセージを送信するには、挙手をして権限を要求する必要があります。複数の学生が挙手をした場合には、挙手をした順番を表す番号がアイコンに割り当てられます。パッシブユーザはグレーの色調のアイコンで表されます。モデレータは、会話を独占していたり、応答が不適切だったりするユーザのロールを、パッシブユーザに変更することがあります。