メインコンテンツまでスキップ
pdf?stylesheet=default
Blackboard Help

ラーニングモジュール

ラーニングモジュールは、提供されるコンテンツをまとめて整理したコレクションです。学習モジュールはシェルであり、インストラクタがその他のコンテンツ項目 (ファイル、フォルダ、ツールなど) を追加します。これは、コースのゴール、科目、概念、テーマに対応することができます。ラーニングモジュールを使用することで、構造化されたパスに従ってコンテンツを進めることができます。

学習モジュール内の移動

デフォルトでは、コンテンツフレームの左側に目次が表示されます。

  1. コンテンツページの操作バーまたは目次では、矢印を使用してコンテンツのページ間を順に移動します。
  2. 目次の操作バーで、下矢印 ([最後へ移動]機能) をクリックして、目次の位置をページの下部に変更します。目次を閉じたり開いたりするには、[目次の最小化]または[目次の最大化]をクリックします。
  3. コンテンツエリアに戻るには、移動バーを使用します。
  4. コンテンツフレーム内で表示している現在のコンテンツページは、目次で強調表示されます。また利用可能なページはリンクになっています。

    フォルダまたはサブフォルダの名前は、1ページとしてカウントされます。たとえば、ラーニングモジュールに2つのフォルダがあり、それぞれに1つのファイルが含まれている場合は、合計4ページにアクセスできます。

目次

インストラクタは、シーケンシャルパスを強制してコンテンツを進めるか、任意の順序でページを開くことができるようにするかを決定します。

  1. インストラクタがシーケンシャルな表示順序を強制する場合は、ページは順番にしか表示できません。
  2. インストラクタがシーケンシャルな表示順序を強制しない場合は、目次のアクティブなリンクをクリックすると、そのコンテンツにアクセスできます。

    インストラクタは、目次の編成方法を選択します。これには、ローマ数字、番号、文字、またはラベルなしが利用できます。