メインコンテンツまでスキップ
pdf?stylesheet=default
Blackboard Help

アクセシビリティ情報

Blackboardでは、Blackboardのプラットフォームのアクセシビリティを追求しています。年齢、能力、または状況を問わず誰でもアプリケーションを最大限使用できるように、コードおよびユーザインターフェイスの設計手法が継続的に監査されています。

Blackboardでは、次の2つの標準セットを使用してアクセシビリティのレベルを測定し、評価しています。米国連邦政府施行のリハビリテーション法第508条、およびWorld Wide Web Consortium(W3C)発行のウェブコンテンツアクセシビリティガイドライン(WCAG 2.0)。

第三者機関がBlackboardのソフトウェアリリースの監査を実施し、製品のアクセシビリティを確認します。Blackboard Learn Serivce Pack 11(SP11)に対し、ウェブコンテンツアクセシビリティガイドライン(WCAG)2.0 Priority AAに準拠していることを証明する、ウェブコンテンツアクセシビリティガイドライン2.0、レベルAAユーザアクティビティの「アクセシビリティの適合性宣言」が独立監査人によって発行されました。

リハビリテーション法第508条に基づくアクセシビリティ基準に対するBlackboard Learn 9.1の適合 (「Voluntary Product Accessibility Template® (VPAT®) ツール」を使用した表記) については、『VPAT for Blackboard Learn Release 9.1』 (英語版のみ) を参照してください。

アクセシビリティに対するBlackboardの方針については、http://www.blackboard.com/accessibilityを参照してください。

Blackboard Learnのページの構造について

ページを適切に構成し、見出しを使用してユーザが操作できるように、論理的な見出しの構造が整備されています。アプリケーション全体で一貫性のある見出しが使用されています。これにより、ユーザはアプリケーション内の任意のページの構造をすばやく理解し、ページの該当セクションやコンテンツ項目に簡単に移動できるようになっています。

ユーザが表示しているページを識別するために、必須のH1見出しが用意されています。Blackboard Learnでは、ページタイトル (例:「コース文書」) は常にH1です。

H2見出しは、ページの主要セクションを説明するために使用されます。H2見出しは非表示であり、スクリーンリーダーのユーザは、主要なページセクションに直接移動できます。たとえば、コースページにはH2見出しが2つあります。1つはコースメニューの見出しで、もう1つは、コンテンツページの操作バーのすぐ上にあるメインコンテンツの見出しです。

H3見出しは通常、ページのコンテンツ項目または主要コンテンツエレメントのタイトルとして使用されます。たとえば、[コース文書]ページにある課題のタイトルはH3になっているので、ユーザは簡単に課題を見つけることができます。

ページを視覚的に整理するために、多数のエレメントは、マウスやキーボードから表示操作を行うまで非表示の状態になっています。操作した後に、これらのエレメントがアクティブになり、典型的なキーボード操作モデルに従います。

キーボード操作について

Blackboard Learn全体を通して、メニュー間の移動、メニューを開く操作、およびメニューの項目選択には、業界標準のキーボード操作が使用されています。キーボードの操作パターンはブラウザ(Internet Explorer、Firefox、Safari、Chrome)ごとに異なりますが、特定のブラウザ内での操作は共通であり一貫しています。

注 : MacでFirefoxまたはSafariを使用していて、キーボードからBlackboard Learnを操作することが困難な場合、オペレーティングシステムおよびブラウザの設定を確認して更新してください。これを行うことで、キーボード操作用に適切に設定されます。詳細については、以下を参照してください。

アクセシビリティのトレーニングリソース

自分のペースで学習できる無料のコース「Universal Design and Accessibility for Online Learning」に登録してください。このコースは、アクセシビリティの優れたコースを作成するためのガイドとなるものであり、CourseSitesから利用できます。[自己登録]をクリックしてください。

スクリーンリーダー

Blackboard Learnではスクリーンリーダーのチュートリアルを作成し、アプリケーションにスクリーンリーダーでアクセスするユーザがシステムを正しく使用するための情報を提供します。

HTML形式のチュートリアルを表示する場合は、「Blackboard Learn Screen Reader Tutorial」を参照してください。

クイックリンク

左上にある[クイックリンク]アイコンを使用すると、ポップアップウィンドウが表示され、ページ内のランドマークとナビゲーションリンクが表示されます。また、ページで使用できるキーボードショートカットも表示されます。

詳細については、「クイックリンク」を参照してください。

コンテンツエディタの数式

WIRISはSP 10で導入された、コンテンツエディタの数式編集機能です。SP 10では、JavaアプレットとしてWIRISプラグインが提供されていました。つまり、ターゲットプラットフォームにJava仮想マシン機能が必要とされていたので、数式エディタ機能を利用できないプラットフォームもありました。SP 12では、JavaScriptに基づく新しいWIRISエディタが導入されています。これにより、Javaへの依存がなくなり、ブラウザでJavaを実行できないプラットフォーム(iOSなど)でも、数式エディタのすべての機能を使用できるようになりました。ただし、JavaScriptが有効化されたブラウザを実行できるすべてのプラットフォームに対して、WIRIS数式エディタの機能が展開されているわけではありません。

非アクセシブルなアプレットベースのエディタからJavaScriptベースのエディタに移行すると、アクセシビリティが改善します。

詳細については、「コンテンツエディタ」を参照してください。

アクセシビリティ基準

Blackboardでは、次の2つの標準セットを使用してアクセシビリティのレベルを測定し、評価しています。米国連邦政府施行のリハビリテーション法第508条、およびWorld Wide Web Consortium(W3C)発行のウェブコンテンツアクセシビリティガイドライン(WCAG 2.0)。第三者機関がBlackboardのソフトウェアリリースの監査を実施し、製品のアクセシビリティを確認します。リハビリテーション法第508条に基づくアクセシビリティ基準に対するBlackboard Learn 9.1の適合 (「Voluntary Product Accessibility Template® (VPAT®) ツール」を使用した表記) については、『VPAT for Blackboard Learn Release 9.1』 (英語版のみ) を参照してください。ウェブコンテンツアクセシビリティガイドライン2.0、レベルAAのBlackboard Learn 9.1 SP11の適合性宣言については、「Learnのアクセシビリティの適合性宣言」を参照してください。

インタラクティブツール

すべてのインタラクティブツール(掲示板、Wiki、ブログ、および日誌)の利便性を高めました。SP 12ではあらゆるユーザの利便性が向上していますが、特に支援
技術を使用しているユーザの利便性が向上しています。スレッドの新しい読み取り方法はシンプルであり、スクリーンリーダー技術とともに使用できます。
また、ナビゲーションの邪魔になるものをページから取り除いたので、スクリーンリーダーおよびキーボードのみを使用するユーザも、インターフェイスを楽にナビゲートできるようになりました。

アクセシビリティに対するBlackboardの方針については、http://www.blackboard.com/accessibilityを参照してください。