メインコンテンツまでスキップ
pdf?stylesheet=default
Blackboard Help

フォルダ内のコンテンツの編成

コンテンツ管理にコンテンツを追加する前に、ユーザはコンテンツを管理する方法を計画しておく必要があります。これによって、個々のニーズに最も適した方法でコンテンツを編成することができます。

コンテンツ管理内のファイルは、コンテンツエリアレベルでネストしているフォルダ内にツリー構造で編成されています。各フォルダには、また他のフォルダを含めることができます。このことは、各フォルダは他のサブフォルダやファイルを含むことができるということです。「項目」という用語は、ファイルやフォルダを表します。

フォルダにはファイルと他フォルダの両方が格納されています。フォルダは、フォルダに追加されたユーザに対して自動的に利用可能となりますが、他のユーザがフォルダおよびコンテンツを参照する場合は共有する必要があります。すべてのフォルダが、ルート(/)フォルダ下の他のフォルダ内に含まれていることを覚えておくのは重要なことです。ルートフォルダは、他のすべてのフォルダが置かれているフォルダです。ユーザ、コース、教育機関、およびライブラリなどのコンテンツエリアは、ルートフォルダのすぐ下に格納されるフォルダです。

システムでは、1つの親フォルダの下に同じ名前のサブフォルダは許可されていません。たとえば、ユーザ名フォルダの最上位に、Group Projectsという名前の2つのフォルダを作成することはできません。また、システムでは1つのフォルダ内に、同じ名前のファイルが複数存在することは許可されていません。

プライベートコンテンツスペースとパブリックコンテンツスペースの使用

パーソナルなコンテンツ(プライベートスペース)用のフォルダと、他のユーザが利用可能(パブリックスペース)なフォルダを別々に作成することは、非常に有用なことです。これによってユーザは、パーソナルなコンテンツを保存する特定のフォルダを、自分だけが利用できるようにすることができます。たとえば、あるフォルダにはペーパーと進行中のプロジェクトとが含まれており、また別のフォルダにはジョブの履歴書やカバーレターなど、まだ共有されていないプロフェッショナルなコンテンツが含まれているとします。これらのパーソナルフォルダに対する追加のアクセス権は、誰にも許可されていません。

文書の共有化の準備が整ったら、文書はパブリックフォルダにコピーあるいは移動できます。たとえば、インストラクタがコースドキュメントで作業する場合、パーソナルフォルダでドラフトを作成し、完成したら共有フォルダに移動させることができます。共有フォルダは、クラスに登録しているすべてのユーザで共有され(設定されているパブリックスペースはコースメンバに対してのみ利用可能)、コラボレーションが可能となります。

プライベートフォルダの作成

非公開フォルダは、[フォルダの追加]オプションを使用して、Content Collection内の他のフォルダと同様に作成されます。フォルダに許可されているアクセス権によって、プライベートかどうかが決まります。

ユーザ名フォルダ内では、プライベートフォルダは他のユーザと共有されないサブフォルダです。ユーザは、自分のユーザ名のフォルダ内にサブフォルダを作成し、他のユーザのアクセスは許可しないようにできます。

コースフォルダ内では、プライベートフォルダはインストラクタ専用のものであったり、あるいは別のコース担当のユーザがアクセス可能である場合もあります。たとえば、インストラクタ、ティーチングアシスタント、およびコース作成者に許可された権限を使用してプライベートフォルダが作成される場合があります。このフォルダは、コースに登録している学生は利用できません。

パブリックフォルダの作成

非公開フォルダと同様に、パブリックフォルダも、他のフォルダを作成する場合と同様に、[フォルダの追加]オプションを使用して作成されます。フォルダに許可されているアクセス権によって、複数ユーザおよびグループユーザになるかどうかが決まります。管理権を持つユーザは、より広範なオーディエンスと項目を共有できます。

ユーザ名フォルダでは、パブリックフォルダが作成され、プロジェクトで共同作業を行っているユーザのグループがこれを共有できます。

コースフォルダでは、パブリックフォルダが作成され、コースに登録しているすべてのユーザがこれを共有できます。このフォルダには、クラス全体が目を通す必要のあるコース情報や記事が含まれています。

フォルダの編成

各コースのコースフォルダは、コースの下にデフォルトの設定ごとに表示されます。フォルダが最初に作成された際の、このフォルダに対するフルアクセス権(読み取り、書き込み、管理、削除)を持つデフォルトの担当は、インストラクタ、ティーチングアシスタント、およびコース作成者です。管理者は、このデフォルトの設定を編集できます。たとえば管理者は、コースフォルダが最初に作成された時点で、インストラクタおよびティーチングアシスタントのみにフルアクセス権を持たせるように設定できます。サブフォルダおよびその他の権限の設定を進める前に、そのフォルダにはどのような権限が許可されているのかを理解しておくことは非常に重要なことです。

コースフォルダで管理権を持つユーザはすべて、そのフォルダのその他の権限を他のユーザに許可できます。たとえば、インストラクタはコース内のすべての学生にコースフォルダへの読み取り権、およびメインのコースフォルダの下に作成されているパブリックフォルダへの読み取り権および書き込み権を許可することができます。

1つのコースコンテンツの保存

一時的な特性を持つコースは、1つのコースに特有のコンテンツを保存するための、コースIDに関連付けられたコースフォルダを使用すると便利です。コースが削除されると、コースIDに関連付けられたフォルダはアクセス不能となります。コースフォルダに保存されたコンテンツを再利用する必要がある場合は、項目をコピーおよび移動するオプションを利用できます。

複数のコースで使用されるコンテンツは、教育機関のフォルダまたは教員のユーザフォルダに保存した方が便利です。これもまた、管理者がどのように教育機関フォルダおよびアクセス設定を設定しているのかによって異なります。コースに関連したコンテンツがユーザフォルダに保存されている場合、このコンテンツは共有化されていないことに注意する必要があります。ユーザが教育機関から退いた場合には、このコンテンツは利用不可となり、システムから削除されます。

フォルダの例

コースフォルダ内のサブフォルダは、プライベートコンテンツとパブリックコンテンツの両方を保存するのに使用できます。コースフォルダで作成可能なフォルダの例を以下に示します。

プライベートフォルダ

インストラクタ、ティーチングアシスタント、およびその他の該当するコース担当で共有されるプライベートフォルダで、テストやアンケート結果などのプライベートコース情報が保存されています。これらのユーザは、フォルダに対する読み取り権、書き込み権、管理権、および削除権すべてを持っています。

インストラクタは、コースフォルダをコース用のワークスペースとして保持し、ユーザはコースフォルダ内の項目にアクセスできないようにすることもできます。代わりに、インストラクタは、コースからコンテンツ管理項目へリンクするようにできます。このシナリオの場合、コースフォルダ全体がプライベートフォルダとなります。

グループフォルダ

コースグループで共有されるグループフォルダで、グループのコラボレーション領域として使用できます。これを設定するにはオプションがいくつかあります。

  • コース内のすべての学生に、最上位のコースフォルダに対する読み取りアクセスを許可。すべてのプライベートフォルダから学生の読み取り権を削除。グループごとにそれぞれのグループフォルダの権限を追加。このオプションでは、学生は[フォルダの検索]ツールを使用してグループフォルダを検索できます。
  • コース内のそれぞれのグループフォルダに対して各コースのグループ権限を許可(最上位のコースフォルダに対しては一切の権限を許可しません)。学生は、[ 検索]、[ 指定先へ移動]、および[ ブックマーク ]を使用してフォルダを検索できます。

パブリックフォルダ

シラバスや読み物の一覧など、コース関連教材にアクセス可能なすべてのコースユーザで共有されるフォルダ。これを設定するにはオプションがいくつかあります。

  • コース内のすべての学生に、最上位のコースフォルダに対する読み取りアクセスを許可。すべてのプライベートフォルダから学生の読み取り権を削除。すべてのコースユーザに対してパブリックフォルダの権限を追加。このオプションでは、学生は[フォルダの検索]ツールを使用してパブリックフォルダを検索できます。
  • パブリックフォルダに対してすべてのコースユーザ権限を許可最上位のコースフォルダに対しては一切のコースユーザ権限を許可しません)。学生は、[検索]、[指定先へ移動]、および[ブックマーク]を使用してフォルダを検索できます。