メインコンテンツまでスキップ
pdf?stylesheet=default
Blackboard Help

採点結果シンボル

このページ全体を読むか、右上の目次アイコン (File:zu-lu/Learn/9.1_2014_04/Instructor/120_Grade_Center/010_Customize_Grade_Center/030_Grading_Schemas/table_of_contents_icon.png ) をクリックして、興味のあるトピックを選択します。

成績評価について

成績管理では、項目が採点されると、デフォルトでは数値の得点が学生のセルに表示されます。採点スキーマを使用すると、他の方法で成績を表示できます。採点スキーマは、成績項目から実際に採点される点数を取得し、パーセンテージを導き出すために、その項目の満点の合計点数と取得した点数を比較します。このパーセンテージは得点の範囲にマッピングされ、A、B、C、または合格/不合格などの成績が表示されます。この情報は表形式で表示されます。

成績管理には、パーセンテージに割り当てた文字に基づく、デフォルトの採点スキーマのコピーが含まれています。教育機関は、このスキーマを編集し、すべてのコースで使用する一般的な採点スキーマを反映させることができます。

デフォルトの成績評価と、成績管理の個別の列または複数の列を関連付けることができます。項目を採点すると、成績管理グリッドのセル、および学生には[成績表]に成績の値(文字)が表示されます。列を作成または編集するときに、学生に対して得点を非表示にすることを選択できます。

成績評価の最大値を100%より大きくすることもできます。たとえば、学生が100%以上の得点を獲得したら、その得点にA+を割り当てることを選択できます。

既存の採点スキーマを編集して、その変更をコース内に保存できます。たとえば、A、B、C、D、Fなどの達成に必要なパーセンテージを引き下げることができます。また、複数のスキーマを追加作成し、コース全体を通じて採点する複数の方法を反映することもできます。新しいスキーマと既存のスキーマへの編集は、インストラクタが作業を行っているコースのみに表示されます。必要に応じた数のスキーマを作成できます。

デフォルトの成績評価の編集後に教育機関が変更を加えても、その変更はコースに反映されません。

作成後、採点スキーマは成績管理で列を作成および編集するときにオプションとして[1次表示]ドロップダウンリストおよび[2次表示]ドロップダウンリストに含められます。

文字の採点スキーマ

ショートテストでの学生の行の数値の得点は100点満点中88点でした。87%から90%未満はB+という採点スキーマでは、この学生の88点はB+となります。このショートテストの成績管理列にB+が表示されます。列の成績を学生に公開する場合、文字の成績が[成績表]に表示されます。

テストの採点スキーマ

ショートテストでの学生の行の数値の得点は100点満点中78点でした。たとえば、「優秀」、「とても良い」、「良い」、「普通」、「頑張りましょう」など、テキストの言葉に基づく採点スキーマを作成します。学生の得点78は「良い」になります。このショートテストの成績管理列には、「良い」が表示されます。列の成績を学生に公開する場合、テキストの言葉による成績が[成績表]に表示されます。

テスト曲線採点スキーマ

テスト採点スキーマを作成し、そのスキーマをすべてのテスト列に関連付けます。このテスト採点スキーマでAを獲得するには94%以上が必要です。しかし、特定の1つのテストで、得点が低かったために調整することになりました。別のカスタム採点スキーマとそのテストの列を関連付け、それらの低い得点に適用する曲線を反映させることができます。このテスト曲線スキーマでは、Aは90%から100%までの得点と等しくなります。採点の要件を満たすのに必要な数のテスト曲線スキーマを作成し、成績管理の適切な列と関連付けることができます。

採点スキーマの作成方法

 

グループプロジェクトでは、個人が提出した課題の採点スキーマとは異なる採点スキーマを作成できます。他の課題と同じ文字の成績に低いパーセンテージを使用できます。

リマインダ:成績評価の最大値を100%より大きくすることもできます。

次の手順を使用して、カスタマイズした成績評価をコース内に作成します。

  1. 成績管理の操作バーで、[管理]をクリックし、[成績評価]をクリックします。
  2. [採点スキーマ]ページで、操作バーの[採点スキーマの作成]をクリックします。
  3. 名前を入力します。入力した名前が[採点スキーマ]ページと、成績管理で列を作成または編集するときに[1次表示]および[2次表示]のドロップダウンリストに表示されます。
  4. オプションで、[説明]を入力します。[採点スキーマ]ページには説明が表示されるため、スキーマを識別するのに役立ちます。
  5. [スキーマのマッピング]セクションには、パーセンテージの範囲が設されている2つのデフォルト行が表示されます。この2つの範囲を編集して、合格/不合格スキーマをカスタマイズできます。

    合格/不合格

    合格/不合格スキーマ
    対象範囲となるスコア 該当する成績 手動で入力した成績 該当する得点
    50%から100% 合格 合格 75%
    0%から50%未満 失敗 失敗 25%

    次のように、他の種類の成績評価を作成できます。

    • 追加する値のための行を挿入するには、左矢印で表示される[新しい行をここに挿入]をクリックします。たとえば、A、B、C、D、Fの5つの文字を成績に使用する場合、表には5行が必要です。
    • 表から行を削除するには、[行の削除]をクリックします。1つ以上の行を残す必要があります。
    • [対象となるスコア]ボックスに成績値のパーセンテージ範囲を入力します。各成績値のパーセンテージ範囲は固有で、最初に小さい値を表示して開始する必要があります。また、値を重複させ、得点が範囲内の2つの数字の間に収まるように、範囲と範囲の間に隙間が発生しないようにします。80~90%の範囲には90%までのすべての成績が含まれますが、90%は含まれません。一番上の範囲では、100%など最上位の値が含まれます。

      ダッシュ記号はエントリとして使用できません。ダッシュはヌル値を示します。

       

      A = 90 – 100%

      B = 80 – 90%

      C = 70 – 80%

      D = 60 – 70%

      F = 0 – 60%

    • [該当する成績]ボックスに、新しい成績値を入力します。
      • A、B、C、D、F
      • 1、2、3、4、5
      • 合格、不合格
      • 可、不可
      • 優秀、とても良い、良い、普通、頑張りましょう

        成績値は重複させることはできません。

    • 成績を手動で指定する場合は、使用するパーセンテージ値を[該当する得点]ボックスに入力します。パーセンテージは、最初の列の対応するパーセンテージ範囲内に収まるようにします。たとえば、手動でA(90 – 100%)と採点した成績は、95%として計算されます。100点が満点の項目の場合、文字の成績から数値の得点に採点スキーマを変更すると、セルにはAではなく95が成績として表示されます。
  6. [送信]をクリックします。

    新しい採点スキーマと成績管理の個々の列または複数の列を関連付けることができます。

成績評価の編集

コースの既存の採点スキーマは編集できます。成績管理には、パーセンテージに割り当てた文字に基づく、デフォルトの採点スキーマのコピーが含まれています。デフォルトの採点スキーマを保持する場合は、そのスキーマをコピーし、値を編集します。教育機関はこのスキーマを編集して、インストラクタに使用させたい一般的な採点スキーマを反映させることができます。採点スキーマに加えた編集は、編集を加えたコースのみに表示されます。

デフォルトの成績評価の編集後に教育機関が変更を加えても、その変更はコースに反映されません。

編集するときは、最上部から作業を開始し、最初の成績値の値を編集してから次の行に移動します。次に、必要に応じて行を削除または追加します。採点スキーマを保存せずに別のコース領域へ移動すると、保存していない変更は失われます。

採点スキーマと成績管理の列を関連付け、そのスキーマを編集した場合は、成績管理に変更が自動的に表示されます。たとえば、テキストの採点スキーマを編集し、優秀秀逸に変更できます。成績管理の列の優秀はすべて秀逸と表示されています。

採点スキーマのコピーまたは削除方法

成績管理の採点スキーマはコピーまたは削除できます。たとえば、デフォルトの文字の採点スキーマに若干の変更を加える場合は、そのスキーマをコピーし、編集することで保持できます。

成績評価のコピー

  1. [成績評価]ページで、評価のコンテキストメニューにアクセスし、[コピー]をクリックします。
  2. コピーされた採点スキーマは、Letter (2)のように、名前に数字が付加されてリストに表示されます。

成績評価の削除

現状そのスキーマが成績管理と関連付けられていない場合のみに、デフォルトの文字の採点スキーマを削除できます。文字の採点スキーマが存在しない場合、[文字]は[1次表示]ドロップダウンリストおよび[2次表示]ドロップダウンリストのオプションになりません。

  1. [採点スキーマ]ページで、1つまたは複数のスキーマのチェックボックスをオンにします。

    スキーマにチェックボックスがない場合は、そのスキーマは成績管理に関連付けられています。

  2. 操作バーで[削除]をクリックします。または、成績評価のコンテキストメニューから[削除]をクリックします。
  3. 次の語句から始まる警告メッセージが表示されます:このアクションは最終的なもので、元に戻せません。[OK]をクリックして、スキーマを削除します。

採点スキーマを関連付ける方法

成績列を作成または編集する場合は、[1次表示]ドロップダウンリストと[2次表示]ドロップダウンリストで採点スキーマを選択します。[1次表示]として選択したスキーマは成績値を成績管理に表示し、学生には[成績表]で表示します。[2次表示]の成績値は、成績管理の[2次表示]の横のみに括弧で囲まれて表示されます。2次成績値は学生には表示されません。

  1. 適切な列のコンテキストメニューにアクセスし、[列情報の編集]をクリックします。
  2. [列の編集]ページの[1次表示]ドロップダウンリストで選択します。カスタマイズした採点スキーマを作成した場合は、このリストに表示されます。5つのデフォルトオプションが表示されます。
    • 得点:列に成績を数値で表示します。これがデフォルト設定です。選択を行わなかった場合は、得点がグリッドに表示されます。
    • 文字 : 列に成績を文字で表示します。デフォルトの採点スキーマを使用して、成績を文字で割り当てます。たとえば、得点が21/30の場合は70%に等しく、Cとして表示されます。
    • テキスト:テキストの成績評価を作成した場合は、テキストが列に表示されます。たとえば、テキストの値として、「優秀」、「とても良い」、「良い」、「普通」、「頑張りましょう」や、「十分」、「不十分」などがあります。テキスト採点スキーマが存在しない場合に[テキスト]オプションを選択したときは、列のセルにテキストを入力できます。列の結果を[成績表]で学生と共有すると、成績にテキスト値が表示されます。

      テキスト採点スキーマを定義せずに数値の得点をテキストに変換し、数値の得点に戻した場合、変換できなかった値は、変換後、ゼロで表示されます。したがって、成績としてテキストを含める場合、テキスト採点スキーマを作成し、適切な列と関連付けてください。

    • パーセンテージ:列に成績をパーセンテージで表示します。たとえば、得点が21/30は70%です。
    • 完了/未完了:学生が項目を送信すると、獲得した得点に関係なく、チェックマーク (チェックマーク ) が列に表示されます。

      アセスメント列にこの成績評価を使用する場合、学生がアセスメントを開始すると、列にチェックマークと[答案の計算中]アイコン (計算中のペーパーのチェックマーク ) が表示されます。[結果の計算中]アイコンは、受講者がアセスメントを送信すると削除されます。

  3. オプションで、[2次表示]ドロップダウンリストで選択を行います。デフォルト設定は、[なし]です。[1次表示]と[テキスト]として選択したオプション以外は、同じオプションがこのリストに表示されます。成績列のセルからは2次値を編集できないため、デフォルトの[テキスト]オプションは成績列に表示されません。カスタマイズした採点スキーマをテキストに基づいて作成し、[1次表示]として使用していなかった場合は、その採点スキーマがリストに表示されます。[成績管理]列には、2次成績値が括弧で囲まれて表示されます。2次成績値は学生には表示されません。

    自己査定の場合、[1次表示]が[完了/未完了]であるため、[2次表示]は定義できません。

  4. [送信]をクリックします。

成績管理グリッドに、選択した成績表示が表示されます。列の成績表示を選択していない場合、デフォルトの得点のみが表示されます。