メインコンテンツまでスキップ
pdf?stylesheet=default
Blackboard Help

成績管理カテゴリ

このページ全体を読むか、右上の目次アイコン (File:zu-lu/Learn/9.1_2014_04/Instructor/120_Grade_Center/010_Customize_Grade_Center/020_Grade_Center_Categories/table_of_contents_icon.png ) をクリックして、興味のあるトピックを選択します。

カテゴリについて

成績管理では、カテゴリを使用して関連のある列をグループにまとめ、データを整理できます。

カテゴリを使用すると、次のタスクを実行できます。

  • 成績管理のビューへのフィルタの適用。たとえば、「課題」カテゴリのフィルタを適用すると、成績管理グリッドに課題の列のみを表示できます。
  • 成績の計算。たとえば、加重された列を使用して最終成績を計算するときにカテゴリに加重を割り当てることができます。
  • スマートビューの作成。スマートビューは、さまざまな学生の条件に基づいた成績管理のビューです。たとえば、「テスト」カテゴリに関連付けられた列のみを表示するスマートビューを生成できます。詳細については、「スマートビュー」を参照してください。
  • レポートの作成。特定のカテゴリ内のすべての列のパフォーマンス統計を表示する、印刷可能なレポートを作成できます。詳細については、「成績管理レポート」を参照してください。

8つのデフォルトのカテゴリ

デフォルトでは、次の8つのカテゴリを成績管理で作成できます。

  • 課題
  • ブログ
  • ディスカッション
  • 日誌
  • 自己と学生同士
  • アンケート
  • テスト
  • Wiki (ツールが利用可能で、採点可能なWikiが作成されている場合)

前述のリストから採点可能な項目を作成すると、成績管理の項目に成績列が自動的に作成されます。列は、適切なカテゴリに自動的に関連付けられます。

 

「第1週のディスカッション」というタイトルの採点可能な掲示板フォーラムを作成します。その名前を持つ成績列が、成績管理に作成されます。列は、掲示版カテゴリに自動的に関連付けられます。

カテゴリの作成および管理

必要に応じた数のカテゴリを作成し、成績管理のデータを整理できます。成績管理の[カテゴリ]ページには、デフォルトのカテゴリと、作成したカテゴリが表示されます。各カテゴリの行には、オプションの説明と、その特定のカテゴリに関連付けられた成績列が表示されます。

成績列を作成するときに、その列をカテゴリと関連付けることができます。関連付けなかった場合は、デフォルトで[カテゴリなし]になります。また、成績列を手動で作成する前に、カスタムカテゴリを作成できます。その後で成績列を作成するときに、適切なカスタムカテゴリを選択できます。たとえば、「グループ」カテゴリを作成してグループへの参加および出席の成績列と関連付けることができます。

カテゴリの作成方法

  1. 成績管理の操作バーで、[管理]をクリックし、[カテゴリ]を選択します。
  2. [カテゴリ]ページで操作バーの[カテゴリの作成]をクリックします。
  3. [カテゴリの作成]ページで、カテゴリの名前とオプションで説明を入力します。説明は、カテゴリを区別するのに役立ちます。また、カテゴリの目的について説明しています。
  4. [送信]をクリックします。

カテゴリのソート、編集、および削除

[カテゴリ]ページでは、リストのソート、および作成したカテゴリの編集と削除を行えます。デフォルトのカテゴリ自体は、名前や説明の編集や削除はできませんが、列は別のカテゴリ移動できます。Wikiのカテゴリが表示された場合は、Wikiの名前や説明を編集できますが、削除することはできません。

[タイトル]列をソートするには、列のタイトルをクリックします。多くのカテゴリが存在する場合、[すべて表示]をクリックすると、1ページにすべてのカテゴリが表示されます。ページごとに表示する項目数を変更するには、[ページングの編集]クリックします。

作成したカテゴリを編集または削除するには、そのコンテキストメニューにアクセスし、[編集]または[削除]をクリックします。または、1つまたは複数のチェックボックスをオンにするか、ヘッダー行のチェックボックスをオンにし、操作バーの[削除]をクリックします。関連付けられている列がある場合、そのカテゴリは削除できません。

カテゴリの表示方法と列の関連付け方法

成績列で、カテゴリと関連付けられている列は2通りの方法で表示できます。成績管理のビューにフィルタを適用し、カテゴリを選択できます。[列の編成]ページで、すべてのカテゴリおよび関連付けられた列を表示することもできます。

作成時に列をカテゴリに関連付けなかった場合は、[列の編成]ページで、または列の設定を編集するときに、手動で列を関連付けます。たとえば、グループプロジェクトのカテゴリを作成し、関係する列を関連付けます。

フィルタ機能

  1. 成績管理で操作バーの[フィルタ]をクリックして[フィルタ]フィールドを展開します。
  2. [カテゴリ]ドロップダウンリストでカテゴリを選択します。そのカテゴリに関連付けられている列がグリッドに表示されます。変更するか、ブラウザを閉じるまで、ビューは成績管理に保持されます。
  3. X]をクリックして[フィルタ]フィールドを折りたたみます。

[列の編成]ページ

[列の編成]ページでは、次のタスクを実行できます。

  • 1つ以上の列の1つのカテゴリへの移動、別のカテゴリ、またはカテゴリなしへの移動。
  • 成績管理グリッドでの列の表示/非表示。
  • 採点期間の表および列の順序の変更。

列をカテゴリに移動する方法については、「成績管理のデータの編成」を参照してください。

手動での列の関連付けの方法

また、成績管理グリッドから列の設定を編集し、列を1つのカテゴリ、別のカテゴリ、またはカテゴリなしに関連付けることができます。

  1. 成績管理で、適切な列ヘッダーのコンテキストメニューにアクセスします。
  2. [列情報の編集]をクリックします。
  3. [列の編集]ページで、[列情報]セクションの[カテゴリ]ドロップダウンリストから選択します。
  4. [送信]をクリックします。

    送信後、列は新しいカテゴリまたはカテゴリなしに関連付けられ、その変更が[列の編成]ページの[カテゴリ]列に表示されます。