メインコンテンツまでスキップ
pdf?stylesheet=default
Blackboard Help

成績管理のカスタマイズ

成績管理のビューはカスタマイズ可能です。

すでに授業計画や作成に多大な時間を費やして授業が学習目的に合っているかを確認し、その目的が満たされているかどうかを評価したことと思います。学習目的の評価は、試験、プロジェクト、ペーパー、グループ作業、参加など、さまざまな方法で達成されます。学生の作業への値の割り当てや、学生に成績を表示する採点スキーマの設定は、各教員や各コースで異なります。

成績管理の機能はすべて[成績管理]ページから起動します。このビューはカスタマイズ可能で、項目をソートして効率を最大化し、また最小限のスクロールで学生の情報を表示できます。さらに、ルールを作成し、成績別またはステータス別に成績管理グリッドのセルに色を適用することもできます。カラールールは情報をすばやく理解するのに役立つ視覚的なインジケータとなります。詳細については、「成績管理でのカラーコード」を参照してください。

成績期間およびカテゴリを使用し、列を成績期間およびカテゴリに移動して、ビューをカスタマイズすることができます。また、採点スキーマをカスタマイズして成績管理の得点を説明することもできます。詳細については、「採点期間」、「成績管理カテゴリ」、および「成績評価」を参照してください。

デフォルトでは、学生の姓と名の各列が最初に表示されます。採点可能な項目の列と、それらの項目の計算の列が、ページ全体に表示されます。どの列をどのような順序で表示するかを決定します。セルとヘッダーにアイコンが表示され、学生のアクセス設定、学生への項目の表示、および採点可能な項目のステータスを通知します。列および行の表示/非表示を切り替える方法については、「成績管理のデータの編成」を参照してください。

学生は、コースまたはセクションに登録した時点で成績管理に入力されます。詳細については、「ユーザ管理」を参照してください。

成績管理をアクセス可能にする方法

成績管理にできるだけ多数のユーザがアクセスできるようにするため、成績管理には[対話式]と[スクリーンリーダー]の2つのモードがあります。

  • 対話式モード : 成績管理のデフォルト設定です。列を固定してセルに成績を直接入力できます。これは、インライン編集と呼ばれています。
  • スクリーンリーダーモード : 成績管理のデータは簡略化されたグリッドに表示されます。テーブルは静的で、セルのコンテキストメニューからアクセスする[成績の詳細]ページで成績を入力します。列のフリーズやインライン編集はできません。そのことによって、キーストロークでの移動と、スクリーンリーダーの場所の確保が簡単になっています。ユーザがスクリーンリーダーで成績管理に最初にアクセスすると、処理の続行前にこの非インタラクティブビューを使用するかどうかの選択がすぐに求められます。

どちらのモードでも、次の操作を行えます。

  • タブキーを使用して、マウスポインタを列から列へと移動する。
  • 標準キーボードの上下左右の矢印キーを使用してセルを移動する。

[スクリーンリーダーモード]に変更するには、次の操作を行います。

  1. 成績管理の見出しのコンテキストメニューにアクセスします。
  2. スクリーンリーダーモードをオンにする]をクリックします。

この設定はセッション全体で保存されるわけではありません。現在のセッションの間のみ存続します。ログアウトすると、ビューはデフォルトの[インタラクティブモード]に戻ります。

オフラインでの採点

システム外で成績管理のデータをダウンロードしたり、処理したりできます。その後で、編集したデータを成績管理にアップロードできます。詳細については、「成績管理項目のアップロードまたはダウンロード/オフラインでの作業」を参照してください。