メインコンテンツまでスキップ
pdf?stylesheet=default
Blackboard Help

成績管理インターフェイス

このページ全体を読むか、右上の目次アイコン (table_of_contents_icon.png ) をクリックして、興味のあるトピックを選択します。

成績管理全体

  1. 操作バー:グリッド情報の前の行で、[列の作成]、[管理]、[フィルタ]、[Eメール]、[列のソート条件]、[オーダー]など、現在のページに固有の機能およびドロップダウンリストから構成されています。
  2. 成績情報バー:成績のタイプや満点の点数など、選択した列についての情報です。成績管理列のタイトルを選択すると、グリッドの前、操作バーの後ろに詳細が表示されます。同じ列に、前回のデータ保存日時が表示されます。
  3. グリッド/スプレッドシート : 成績管理のデータの現在のビューを構成する列、行、およびセル。
  4. スクロールバー : 成績管理の列および行の移動に、水平スクロールバーおよび垂直スクロールバーを使用します。別のコース領域に移動してから[成績管理]に戻った場合、前回ページを表示したときと同じ列と行が表示されます。ビューはスクロールバーを再度使用するか、ログアウトするまで有効です。
  5. アイコンの凡例:セルに使用される記号の説明。
  6. 表示行の編集:グリッドに表示される行の数は変更できます。ボックスに5~50までの数字を入力し、[Go (変更)]をクリックします。

成績管理の操作バー

成績管理では、操作バー上の2行に表示される機能を利用して、多くのアクションを実行することができます。

操作バーの最初の列には、次の機能が表示されます。

  • 列の作成:クリックして成績列を作成します。
  • 計算対象の列の作成:計算対象列を作成するためのオプションがあるドロップダウンリストにアクセスします。
  • 管理:成績管理を管理するためのオプションがあるドロップダウンリストにアクセスします。
    • 採点期間 : 期間など、共有の特性に基づいてグループ化された、成績管理の一連の列。
    • 採点評価 : 採点スキーマは、成績項目から実際に採点される点数を取得し、パーセンテージを導き出すために、その項目の満点の合計点数と取得した点数を比較します。このパーセンテージは、A、B、C、または合格/不合格など、成績を表示するための得点範囲にマッピングされます。
    • 成績のカラーコード : 成績管理グリッドのセルに成績またはステータス別に色を適用するためのユーザ定義のルール。成績管理にカラーコードを適用すると、情報をすばやく理解できる視覚的な印となります。
    • カテゴリ:成績管理のデータの整理や表示に使用する、「テスト」や「課題」など、類似する項目が含まれている列の分類。
    • スマートビュー : インストラクタによって作成され、継続して使用するために保存された成績管理のデータのカスタムビュー。
    • 列の編成 : 列の順序および表示設定を変更する機能とともに成績管理のテーブルビューを表示するページ。このページから、採点期間およびカテゴリに列を割り当てることもできます。このページで加えた変更は成績管理のビューのみに影響し、[成績表]で学生に表示される列は変更されません。
    • 行の表示/非表示 : 行を非表示にして[成績管理]のグリッドの列を減らし、特定のデータに重きを置けるようにします。
    • Eメールの送信:[Eメールの送信]ページが表示されます。
  • レポート:成績管理のデータからレポートを作成したり、すべての学生の成績履歴にアクセスしたりします。詳細については、「成績管理レポート」を参照してください。
  • フィルタ:成績管理のデータの表示を絞り込むには、[フィルタ]をクリックしてフィールドを展開し、次のドロップダウンリストからオプションを選択します。
    • 現在のビュー:[成績管理全体]ビュー、[スマートビュー]、[採点期間]を含みます。[現在のビュー]ドロップダウンリストの横にある[現在の表示をデフォルトに設定]アイコンをクリックして、ビューの1つを選択し、デフォルトのビューにすることができます。ログアウトしてコースに戻り、[コントロールパネル]の[Grade Center]セクションの右矢印をクリックして成績管理にアクセスすると、デフォルトとして選択したビューがグリッドに表示されます。[現在のビュー]ドロップダウンリストから、いつでも他のビューを選択できます。
    • カテゴリ:デフォルトのすべてのカテゴリと作成したカテゴリを含みます。
    • ステータス

    場合によっては、別のドロップダウンリストで他の選択をし、グリッドに表示する列およびユーザをさらに絞り込むことができます。

操作バーの2番目の列には、次の機能が表示されます。

  • 先頭へ移動:ユーザの1つまたは複数のチェックボックスを選択し、[先頭へ移動]をクリックしてその行をグリッドの先頭に移動します。
  • Eメール : ユーザの1つまたは複数のチェックボックスを選択し、[Eメール]をクリックして、送信先を選択するオプション、ユーザ、オブザーバー、またはユーザとオブザーバーを表示します。オプションを選択すると、[Eメールの送信]ページが表示されます。
  • 列の並べ替え : 成績管理項目をソートできるドロップダウンリストにアクセスします。
  • オーダー:データを[昇順]または[降順]でソートします。ビューは列を再度ソートするか、ログアウトするまで有効です。

成績管理のコンテキストメニューへのアクセス

Blackboard Learnでは、ユーザが実行できる項目にコンテキストメニューが関連付けられています。コンテキストメニューには、その項目で利用可能な固有のオプションが表示されます。

成績管理では、すべてのセルおよび列のヘッダーにコンテキストメニューがあります。たとえば、テスト列のコンテキストメニューには、[列の統計]と[質問の採点]のオプションが含まれています。[氏名(名)]など、採点以外の列には、列を非表示にするオプションと、セルをソートするオプションのみがあります。コンテキストメニューにオプションが表示されない場合は、その列、行、またはセルの操作を実行できません。

列のコンテキストメニューオプション

各コンテキストメニューには、その列で利用可能で、固有のオプションが表示されます。以下は、利用できる可能性のあるオプションの一部です。

列オプション
オプション 説明
簡易列情報 ポップアップウィンドウに列についての情報が表示されます。
答案の採点 この項目の答案について、成績を入力します。詳細については、「成績の入力」を参照してください。
ユーザ名を非表示にして採点 各ユーザが誰かを知らずに、この項目の採点を入力します。詳細については、「ユーザ名を非表示にして採点」を参照してください。
項目の分析 テスト成績全体の統計やテストの質問ごとの統計を生成します。これは、学生の成績の評価基準としてふさわしくない質問を特定するのに役立ちます。この情報を使用して、将来のテスト管理で質問を改善することも、現在の答案の評価を調整することもできます。詳細については、「項目の分析」を参照してください。
試行の統計 テストおよびアンケートの[統計]ページが表示されます。テストまたはアンケートの各質問が、テストの場合は得点情報、アンケートの場合は回答率とともに表示されます。[アンケート統計]ページにはアンケートの結果を表示できます。各回答を選択した学生の割合が表示されます。アンケートの個々の結果は表示できません。
ダウンロード結果 この列の成績管理のデータは、スプレッドシートプログラムまたは統計分析プログラムなどの他のアプリケーションで使用できるように、区切り記号付きのファイルとしてダウンロードできます。詳細については、「成績管理項目のアップロードまたはダウンロード/オフラインでの作業」を参照してください。
全答案の表示 テストの[全結果の表示]ページが表示されます。このページから、答案の採点、匿名の採点、または質問別に採点できます。
質問の採点 特定の質問の回答すべてに対する成績を一度に入力します。
割り当てファイルのダウンロード 学生が課題に添付したファイルを選択してダウンロードできます。
割り当てファイルのクリーンアップ 学生が課題に添付したファイルを選択して削除できます。
列情報の編集 この列の[列の編集]ページが表示されます。
列の統計 この列の[列の統計]ページが表示されます。以下が表示されます:列の詳細、ステータス分布、成績分布、および範囲、平均、中央値、分散などの基本的統計
外部の成績として設定 [外部の成績]列の結果は、コース学生の成績として教育機関と共有されます。外部の成績として設定する列を決定します。新しいコースでは、デフォルトの[合計]列がデフォルトの[外部の成績]列となり、外部の成績列のアイコン (チェックマーク付きの円 ) が列ヘッダーに表示されます。
学生から非表示にする (オン/オフ) ユーザに対して列を非表示にします。列を非表示にした場合、その列は成績管理グリッドに残りますが、学生は[成績表]で確認できません。グリッドには、[ユーザに表示されない列]アイコン (斜線の付いた円 ) が、学生に非表示になっている列の列ヘッダーに表示されます。もう一度クリックすると、ユーザに列が表示されます。
すべてのユーザの答案をクリア すべてのユーザの答案をクリアするための別のウィンドウが表示されます。答案は条件または日付範囲に基づいてクリアできます。
昇順にソート 列に項目を昇順に表示します。
降順にソート 列に項目を降順に表示します。
インストラクタ用の表示から非表示にする 成績管理のビューから列を非表示にします。列を表示するには操作バーの[管理]を選択してドロップダウンリストにアクセスし、[列の編成]を選択します。

セルのコンテキストメニューオプション

成績管理グリッドのセルのコンテキストメニューを表示するには、マウスをセルの上に移動します。矢印アイコンをクリックして、コンテキストメニューにアクセスします。

ユーザの名前セルのコンテキストメニューに移動した場合、ユーザの行の非表示、その他の行の非表示(1つの行に集中できるようにするため)、ユーザへのEメールのオプションがあります。アクセス設定、適応リリースルール、またはユーザがレビュー済みとマークした項目に基づいて、ユーザに表示する項目を確認できます。ユーザーの成績に関連する統計情報を提供する[ユーザー統計]ページも表示できます。