メインコンテンツまでスキップ
pdf?stylesheet=default
Blackboard Help

ランダムブロック

テストを作成する際、ランダムブロックを使用して、各学生が異なるバージョンのテストを受け取れるようにします。ランダムブロックは、テストを行うたびに1つ以上の質問プールからランダムに取得される質問セットです。

始める前に

  • 質問セットとは異なり、ランダムブロックはプールからのみ質問を取得します。質問は複数のプールから使用できます。
  • 他のテストまたはアンケートの質問のランダムブロックは追加できません。
  • アンケートまたはプールにランダムブロックを含めることはできません。
  • 表示される質問数をランダムブロック内の合計質問数よりも少なくなるように選択できます。たとえば、合計50問のうちから3つの質問が表示される場合、質問はランダムに出されるので、各学生には異なる質問セットが表示されることになります。
  • 表示される質問数をランダムブロック内の合計質問数と同じ数に選択できます。その場合、すべての学生に同じ質問が表示されますが、それぞれランダムな順序で表示されます。
  • ランダムブロックの質問選択を行うときに、検索機能を使用したり、メタデータを参照することはできません。

テストに質問のランダムブロックを作成する方法

ランダムブロック機能を使用して質問をテストに追加すると、コピーではなく、各質問にリンクが作成されます。このため、元の質問を変更すると、改訂されたバージョンの質問が表示されます。

  1. テストを作成するか、またはテストにアクセスします。
  2. [テストキャンバス]で[質問の再利用]をポイントし、[ランダムブロックの作成]をクリックして質問の検索を開始します。
  3. [ランダムブロックの作成]ポップアップウィンドウで、1つ以上のプールのチェックボックスを選択します。
  4. 少なくとも1つの質問タイプをテストに含めるという内容のチェックボックスをオンにします。基準を満たすすべての質問がポップアップウィンドウの右側に表示されます。
  5. [送信]をクリックします。[テストキャンバス]に成功のメッセージが表示されます。質問のランダムブロックがテストに追加されます。
  6. [表示する質問の数]フィールドをクリックしてポップアップボックスにアクセスし、学生に対して表示される質問数を入力します。テストにアクセスするたびに必ず違う質問が提示されるよう、質問の総数より少ない数を使用してください。[送信]をクリックします。
  7. [質問ごとの得点]フィールドをクリックし、ポップアップボックスにアクセスします。各質問の点数を入力します。この点数は、ランダムブロック内の各質問に割り当てられます。同じランダムブロック内の質問に、個別に点数を割り当てることはできません。したがって、ほぼ同じ難易度の質問のみを含めることをお勧めします。
  8. [選択した基準に一致する質問のプレビュー]をクリックして、質問のリストを展開または折りたたみします。個々の質問を表示し、編集することができます。

ランダムブロック内の質問は削除できません。質問をランダムブロックに含めたくない場合は、表示されるプールからその質問を削除してください。

ランダムブロックの編集と削除

ランダムブロックを使ったテストから、ランダムブロックのコンテキストメニューにアクセスし、ランダムブロックを編集または削除します。[テストキャンバス]から、ランダムブロック内の各質問の点数や、テストで使用される質問の数を変更できます。